2019年、札幌・新潟・小倉開幕週の競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。先週のオヤジさんの見解イマイチでスミマセンでした。オヤジさんも申し訳ないと言ってました。今週も自信度は薄いとのことですが、一応参考までにアップします。

小倉9R

以前もコメントしたが、降級戦廃止した今期の1000万下は3歳馬の天下!必ずしも出走数が多い訳ではないも、出走関連賞金狙いの古馬よりはあてになる。ココも②から入るべきだろう。指数も既に上位の一角。⑥⑧⑨辺りが人気しそうもこの頭数でもあり、人気も多少意識したい。鞍上から積極策に出そうな④に叩き良化の③は積極的に狙ってみたい。それから気配次第では④も狙える。馬券は3連系で工夫するか、絞った馬連(馬単)で!

新潟10R

ココは血統馬の③が人気でも仕方ない。鞍上も乗れている。指数的にも少し抜けている。相手には人気でも指数上位且つ近走の勢いを買うべき。②⑥⑧が有力。④⑤⑨に関しては次点になるも、点数多くなるが故、積極的には買いたくない。⑫は指数では上位の一角も、左回りの適性には要注意。陣営コメとしては、ハミを噛んで、折り合い難になっているとの報。ならば距離短縮が吉と出る可能性から、一応抑えて様子見るべき。

新潟12R

ココはキャリア浅い人気馬⑥が有力。確かに未知の部分は多いも、既に指数は上位。他で指数上位馬は①②⑦⑩辺りになるも、正直当てにし難く、下位拮抗でもある。一応、この辺り中心になるが、減量騎手起用馬含め、直前の気配優先で!

新潟11R GⅢアイビスSD

千直専用OP馬と昔の名前が並ぶ印象。またこの面子では有力と思しき馬が真ん中よりも内に多い難解な一戦。例年なら有力馬の1,2頭が7,8枠に入るも今年は微妙。本命党は「見」するか、玉には穴を狙ってみてもという感。個人的には馬場次第と考えていたが、思いの外、悪くならなさそうでもあるし、良好で水捌けのよい馬場。積極的に狙いたいのは⑨⑩⑪辺り。他では内枠に入ったも、新味出そうな④か!?元々、④を本命と考えていたがこの枠から印上は▲の予定。馬場と天候(台風による強風)確認は必要ではあるが⑩⑪が本命対抗予定(現状迷っている)。⑪に関しては既に言われているが斤量増と相手強化は気になる。指数も抜けているという程でもなく、大手を振っての本命という訳ではない。⑨は鞍上の腕も含め☆。注には枠の利から⑱はどうか?連下には枠がイマイチも千直得意の③に高齢も馬場が悪化しなければ⑫。馬体写真から大分復調の気配のある②は枠がイマイチも鞍上からも抑え妥当。①はかなりクレバーな馬との報で、もう走りたくないのかも?スプリント能力ナンバーワンもココは様子見が妥当か!?写真からも脾腹が巻き上がっているように見えた。⑥は意外性があり、指数や鞍上からも不気味ではあるが、さすがに終わった可能性も。前進気勢があり気配良好なら、抑えるべきかも?⑦は胴が短い故、短距離馬だが、馬体自体はシャープで品がある。繋ぎのバネも良好そうで、そこそこ使われているが、まだ強くなりそう。指数的には通用しそうではあり、千直も2回目。函館で追い切っての輸送というのが気になるが気配良好なら抑えてもとは思うが、個人的にはなぜここなのか?とは思った。北海道のスプリント戦では家賃が高いとのジャッジで、相手関係からサマーSP狙いでココへが本音では?前走の敗戦に目を瞑れば⑯という手もある。連下をまとめれば、枠は微妙も③⑦⑯は気配良好なら狙いたい。①②⑥の実績馬は買ってもせいぜい抑えの予定。基本的には3連系で上位にピックした馬のフォーメーションで高配当を狙いたい。

札幌12R

人気は偏りそうも、指数的には上位拮抗。指数は順に③⑧⑫⑩①。次点に②④⑥⑦⑨とチャンスのある馬も多い。適性からもローテからも馬券的中心には③が妥当か!?ただ勝ち味に遅いのも事実。あくまでも馬券の中心にという程度。積極的に狙いたいのは好枠を引いた①。鞍上からもこの枠はおもしろい。それと適性高い⑧⑨辺り。3歳馬の⑦は砂を被りたくないらしく、また外を回すのも微妙との弁でなかなか博打的で買っても抑え。⑫は展開向きそうも、小回りHペースに戸惑った前走から前進あるかどうか?人気なら抑えまで。ならば好枠引いた②が上手く立ち回れれば。

札幌11R GⅢクイーンS

昨年のメンバーと比べたら少々地味な感。やはり降級制度廃止の影響がある可能性。またノーザンファーム生産の人気馬(有力馬)もやや少なく感じる。指数的には③がTOPで⑬⑫⑪⑩と続く。①⑤⑥は次点。③はこの父産駒らしく特徴的な馬体。管が繊細っぽく、被り気味の前肢から、コーナー4つの小回りコースは向いている印象(競馬オヤジの勝手な印象)。指数的にも昨年の秋の府中牝馬がほぼワンターンに近いコース形態ながら最上位でエリザベス女王杯では大きな期待した。ただ前走はワンターンマイルの高速馬場とはいえ、負け過ぎの感。軸と考えると意外と取捨に迷う。⑬は競馬オヤジ的言い方になるが、前後のバランスが取れた4輪駆動タイプで走法的にも、回転が小気味よい。こういった走法ではキレよりも、スピードの持続で勝負する、小回り巧者が多い感。この舞台は既に証明しているが向く!また昨年の秋華賞のパフォーマンスが素晴らしい。気性面から滞在競馬も向く。ならば軸か?と言われれば、正直迷う。というのも、指数的には昨年の方が上位で今年伸ばしてはいない。また同型も多く、ペースに巻き込まれる可能性も。!追い切り本数が足りない故、馬体重他、要確認も⑫が本格化の可能性。開幕週の平坦小回りとはいえ、このレースではペース次第でマクりもきく!前述の2頭はたった1㎏ながら斤量的にも少々気になるし、人気も背負う。対抗には差し競馬に期待して、コレも人気背負うし、現状で距離短縮はやや賭けになるがが①はどうか!?ただし馬体減には要注意。単穴には前述の⑬圧勝もあるが脆さも否めない。調教師自らつけた最終追いからデリケートながらココで一旦ピークの可能性。この後は一旦休養しGⅠエリザベス女王杯???③は前走の感じからピークを過ぎた可能性も否定できず、注まで。4番手の☆にはローテ微妙も血統的に洋芝向きの⑥。連下には先行して粘りそうな⑤と⑪。④、⑭はやや指数が足りず。ならばハンデ戦ではないが格上挑戦も追い切り良かった⑨!それと牝馬同士なら格負けない⑩の方がオッズ的にもおもしろい。

こんな感じだそう。クイーンSでは差し競馬になるとの読みですね。そうなると、オッズ的に面白いよって言ってました。確かに⑬や③のどちらかが馬券外だとそこそこ付きそうですからね!札幌は小回りとはいえ、コーナーはやや緩いのでマクりが効くとのことですから。ただ自信度はそこそこだって。アイビスSDはオヤジさん得意の重賞ですけど、今年は出走馬の質的に過渡期で力の比較がしにくいって。1番人気の⑪に関しては台風の影響と鞍上のスイッチを心配していましたが、あまり神経質にならなくても良いかもって最後に言ってました。台風の影響、少なそうですからね。また内枠の実力馬達もこのメンバーなら抑えは必要かもというコメントでした。

最後に馬体診断の動画がアップできていなくてスミマセン。ローカルでもできる時はアップしますので。ではGⅢクイーンSにGⅢアイビスSDで、高配当ゲットできますように!頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji