小倉記念&レパードS2019dayの競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今週の競馬界ではいろいろありました。週中にオヤジさんの話をアップしているので良かったらそちらもどうぞ。では、いつも通り、日曜の見解に行ってみましょう。

札幌12R

降級制度の廃止によって、2勝クラス(1000万下)での3歳馬の成績が相変わらず良い。指数的にも昨年までより拮抗している状況。そうなると適性面での評価はある程度必要も、伸びしろを多少、過剰に評価しても良いのでは?ココは良血で安定した成績の③が人気する。実際、指数もこのメンバーでTOP。ダートでは底も見せていない。が、勝ち味に遅いのも事実。勝ち味に遅い場合、成長や体質に脚質、気性面など様々な理由があるも、単にその時点での能力(指数)の可能性も無いとは言えない。ただ同馬の場合はそれなりの能力の持ち主であるということは変に勘ぐらなくても良さそう。迷うところも本命には別の馬を!ココは使われながら力を付けてきた⑪に期待。とはいえ同馬も人気するだろう。よって相手には前述の③ではなく④はどうか?字面や成績からも平坦馬場は合う。単穴には③を!強いのは強いが馬券的には工夫したい。他では展開微妙も勢いかっての⑫。基本的にはこの辺りの馬中心で馬券を組み立てる予定。後は鉄砲微妙も気配良好であれば⑦。

新潟10R

今週は天候の心配がない故、新潟千直のセオリーで良いと見る。そこそこ位置取れる外枠の、ダッシュ力あるややダート血統馬の出番では?ココは⑰に期待。指数的にもココではTOPの一角。相手関係も極力外枠から狙いたい。千直得意な⑭に⑯。鞍上魅力の⑱に意外に適性あるかも?の⑬に、指数侮れない③、⑧、⑩。後は⑤と⑦で気配良ければ組み入れる程度というところ。手広いようだが、3着までならば候補馬は多い。馬券的には⑰は固定。他の外枠馬も入れたフォーメーションで!

新潟11R GⅢレパードS

例年よりもメンバーレベルが低いのは否めない。また今年からの降級制度廃止で2勝クラスを勝ってきた馬をどこまで信用できるか?例年なら、強い降級馬を負かした3歳馬なら十分勝負になるのだが、今年はその辺もポイントに。また例年以上に雨が多く、馬場も軽かった。新潟のダートは砂が深めではあるが、意外と時計は出るやや特殊な馬場。また今回出走するメンツにはマイル(以下)で高指数を出した馬も多い。力関係の比較は意外と難しいかも?馬券的には手広く、ボックス的フォーメーションの方が良いのでは?3歳世代ではクリソベリルが抜けているが、成長度(体質面含め)としてはまだまだでもあるし、優等生的な競馬も相まって、衝撃的な強さ(目分量にはなるが)や指数は叩き出していないのも事実。まだアレだが現3歳世代のダートではクリソベリル、デュープロセス、ワイドファラオが現状TOPクラスであろう。個人的には前走期待したが、調整的に馬体を戻すことに終始したこと(馬体減)で入れ込みが激しくなり競馬にならなかった③の巻き返しには注意が必要。中間も天栄で調整し、早めに新潟入り。最終追いの動きも上々。今年、天栄から新潟に入るというのを実施するとのことが専門紙にはあった。鞍上も乗れているし連続騎乗。本命視の予定だったが、直前の気配未確認の現状では印的には▲!とはいえ馬券的には積極的に狙いたい。本命にはつまらない予想になるが現状は⑩。勝ち切るか?は正直、微妙で指数も抜けてはいない。ただ大負けもないだろう。鞍上が固定されないのは、この調教師の考え方っぽいかどうか?騎乗について指示をしたいタイプで、納得いかなければ騎手にハッキリ言うとのこと。自身で騎乗して馬を仕上げるし、そういったプロらしい面が強いというか、やや日本人的ではない欧米的な調教師。JRAでは指示されるのを嫌がる騎手は結構多い故、合わない騎手も多いとの報も。今回の鞍上はやや地味も、今年乗れている。気にすることはないだろう。対抗には⑪はどうか?正直、前走の進路取りはベテランらしくなかった。また本質的にマイルは短いのではないか?それでもあの競馬。なんだかんだ言ってJDDvsユニコーンSという構図とは見ている。☆には距離がもった場合に⑬を!ただ本質的にはマイル以下の可能性。今年のメンバー故の評価だが、どうか。注には⑨を!⑩が本命なら前走、スタート後に躓きながら⑩とは大して差がなかった同馬は評価したい。指数は少々足りないのは気になるが相手なりという面で馬券内を期待。連下には例年なら高評価の2勝クラスの勝ち馬をの⑦を。元々、ダートの安定勢力。また馬体的には固めの筋肉を豊富に持っており、フォルム的にも速力を伝え易そう。左回り向きという面も!後は謎の一番人気(前日)だった⑭の一発は警戒。③は指数上々もマイラーの可能性大。ならば⑧の方が狙って面白い。⑮は古馬混合3勝クラスを連対とある意味格上でタフなタイプも、6月以降3戦消化とローテがどうか?

小倉11R GⅢ小倉記念

例年、このレースはレベルが高くなる。指数的にはGⅡに匹敵する場合もしばしば。そう考えると、まずハンデよりも馬としての格から入るべきだろう。簡単な結論にするつもりはないが、基本的には⑧で仕方ないと見ている。ハンデも週中にも言ったが0.5軽かったと思う。ただややズブい面がありそうで、ハンデも相まって取りこぼす可能性は無くはないかも?相手には②と考える。人気サイドで申し訳ない。距離短縮は気になるが、思いの外、ズブい馬体ではない。頭のサイズに首の角度に太さに胸の形に深さに、肩の傾斜などは葦毛という面もありエイシンヒカリっぽく、典型的な心肺機能上々馬との見立て。母方の血から、多少のズブさの可能性は否めないも、折り合いの付くタイプなのでは?外国人騎手ばかり騎乗も、この鞍上ならクレバーに作戦を立てて、ヘタは打たないと見る。単穴というか、3番手評価には⑬を!やや賭け的ではあるが、典型的な夏馬で時計勝負はもってこい。指数はTOPクラスの一角でもあるし、鞍上も乗れている。この人気なら積極的に。☆には⑥。追い切りの動きが良ければ、対抗予定も、ややズブさが見受けられてきた印象も。また今回の騎手ラインナップは栗東所属の日本人のTOPがほぼ勢揃い。前が止まり難い高速馬場でこの鞍上がどう乗れるか?は少々心配。注には⑤を。ただ消極的な評価ではある。この鞍上じゃなければ無印の可能性。というのも指数上々で強いは強い。ただ脚の使い所が難しいタイプでレジェンドじゃないと、ここ2戦も勝ち切っていたかどうか?ココも好勝負するだろうという予測も、その辺が相当上手くいかなければという懸念もある。△1には③を。展開が向きそうという面とこの鞍上故。ただ斤量と近走結果は気になる。この父の産駒は一度崩れると厳しい(早熟の可能性も)。高評価しているトラックマンも多いが疑問先行。ならば同厩舎の⑦の方が食指が動く。3着候補としてなら抑えられれる。新潟のメインよりも堅い決着の可能性を感じる。いずれにせよ、上位評価した馬達の絞った馬券で!

こんな感じだそうです。オヤジさん、今日はどのレースも混戦模様だって。その中で、多少考えやすいレースをピックしましたって。ただ好事魔多しでもありますからね!逆の見解もあり得ます。よって参考までにとのことでした。猛暑が厳しいですが高配当の馬券取ってテンションアゲアゲにしたいですね!では頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji