札幌記念2019day!競馬オヤジの独り言

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。アップが遅くなってすみません。では早速ですがいつもの行ってみましょう!

まずは長くなるが前置きが必要と考えています。先般のディープインパクトの死亡に続いて、日本競馬界の至宝の1頭、キングカメハメハもあの世に旅立ってしまいました。元々、体調不安の情報があったため、ゆっくりと余生を送って欲しいと思っていた矢先のこと。日本競馬生産界の2代巨頭の早逝は生産界のみならずファンの間でも大きなショックになりましたね。

以前はもっと多様化した血統だったが、ノーザンテースト、サンデーサイレンス、キングカメハメハの系統に席巻され、近年の競走馬のほとんどにその系統の血が含まれている状況。競馬オヤジが競馬を少し分かり始めた頃、種の飽和のような考え方はまだ結構あり、増え過ぎた同系により、タフさやメンタルの強さなどが失われやすいと唱えていた人も多かった。まぁ、あくまでも現在のような商業規模になる前ではあったのですが…。そもそもが経済動物でもある競走馬ではありますが、過去の名馬達の系統は比較的、分かれてもいた。どの系統が強いのか?というのも1つの楽しみでもあった。シンボリルドルフやその産駒のトウカイテイオー!ビワハヤヒデにナリタブライアンの兄弟や、オグリキャップにメジロマックイーンにタマモクロス。調べれば現状との違いは明らかです。今が悪いと言っている訳ではなく、増え過ぎた同系が及ぼす影響については考えるべきことでもあり、上級重賞、特にGⅠになれば馬券作戦に取り込んでいく必要性はかなりあるのではないでしょうか?またココまで偏った牡馬の系統から、名牝系(ダイナカールやウインドインハーヘア)やレイクヴィラファーム(旧メジロ牧場)に代表されるような日本に根付いた古い系統に目を向ける必要は強くなっているのかもしれません。とはいえ現役最強古馬牝馬といって誰も反論しないだろうエネイブルは強烈なインブリードが施されている。エネイブル程ではないですが、日本ではかのトウショウボーイが有名ですね。競馬オヤジ的には過去指数、馬体、キャラ、血統、データ、適性(馬場)から予想を行っているのですが、系統という考え方は強めていった方が良いのかもしれません。そもそもその血統によって底力のあるなしもありますけど。

一ファンとして、無責任なことは言えませんし、業界最大手の社台Gは相変わらず新種牡馬を購入したりして活性化も図られています。そして日本競馬の悲願である凱旋門賞を勝つために今年はいよいよ多数の馬を送り込む予定。その前哨戦として今日行われる札幌記念に2頭のGⅠ馬が出走。何が言いたいか?というと、今回の凱旋門賞の遠征で社台Gが最も勝たせたいのはどの馬か?にヒントがあるような気がするんです。また今年から廃止された降級制度ですが、例年的にもこの時期にはいよいよ影響がなくなりつつあるタイミング。よって生きのよい若い馬、特にダートでは3歳馬で、芝ではキャリアの浅い馬柱のキレイな馬には人気でも要注意でしょう。

新潟10R

舌の根が乾かないうちに前言撤回のようだが、ココは仕上がり次第も⑦から入りたいただ勝ち味に遅いタイプなので頭固定はどうか。指数的には⑦④⑤。次点に⑧⑨①②。次点にしたが、大した差はなく十分チャンスはある。馬券的には指数上位の3頭中心に組み立てたい。大穴に久々の芝になるがダートの指数は上々で芝でもそれ程引けを取らない⑪はどうか?

新潟11R

相変わらず層の厚い短距離ダートOP。とはいえ突出した馬がいないのも事実。ココも指数的には抜けた馬がいない現状で馬券的に狙い撃ちはしにくい。またペースもHが予測され、意外な軽ハンデの好位差しの一発はありそうで不気味。よってここでピックアップするか迷ったレース。少々目分量になって恐縮だが、ハンデや実績からちょうど良さそうなのが⑨。鞍上もダートで積極的に位置を取り行く。相手には人気でもコース・季節実績や勢いを重視。格下馬も含まれるが④⑦⑫⑮辺りは積極的に買いたい。⑤に関しては意外性のある馬に、意外性のある鞍上。指数は上位故、人気次第で積極的に。馬券は3連系が良さそう。

小倉11R GⅢ北九州記念

このレースのポイントは、前半のラップ。近走に前半に速いラップで好走しているか?がポイントになるが、まずは指数上位馬を。⑬⑯⑥⑱⑧。ただ⑥はその気になれば指数上位もメンタルの問題か近走冴えずで買い材料がない。次点馬が⑫⑰⑮③⑤と続き、このレースも指数的に差はない。先に述べたラップは前半の速いラップのこと。近走、これを経験しているのはアイビスSD出走馬だろう。そもそもこのメンバー構成的に常連も多く、新たな面子的には⑬⑱辺り。後は3歳馬になる。その力関係をどう見るか?このブログを以前から見てくださっている人達なら分かっていただけると思うが個人的には⑧はかなりの能力を秘めたスプリンターと見ている。じゃあ、同馬が本命か?と言われれば過去走から迷う。データ的には全く合致しない。データをあまり重んじない競馬オヤジではあるがコレはさすがに迷う。またこのコースは内枠が有利で脚質的には先行や差しがベター。馬券的には1頭軸にせず、フォーメーション的に行くのがベターと見るがどうか?候補としては一応の順にすれば⑯⑧⑱⑫⑪⑤。基本3歳馬と近走で前半のラップ他、見所ある走りをした馬をピックしたい。⑬に関しては一応抑える予定も、このレースは開催時期の問題もあり逃げは厳しい。またこの父の系統は早熟性が強く、ピークもあまり長くない。パドックの気配次第でもあるか!?

札幌10R

このクラスとしては高指数馬が多い一戦。順に④⑨⑩⑪②。次点に⑥⑫とチャンス十分の馬が半数以上。ダートは3歳馬と言いながら軸には④で行きたいがどうか?適性も展開も向く。また前走ダ千を使ったことがプラスに出そう。相手には指数上位の馬を中心にフォーメーションで狙いたい。Hになる可能性もあり特に展開利が見込めそうな②や⑩、⑫には要注意。

札幌11R GⅡ札幌記念

近走は大外ブン回しばかりも、元々、このコースへの適性が高いと思われ(有馬記念や毎日杯他)、指数もTOPの1頭の①からの予定だった。が、先に述べた面からも社台Gの想いを背負っていくのは⑨ではないか?関係者のコメントからかなり良い意味というか、先にまで期待したような慎重なコメントが散見される。もちろん①も仏の馬場は向きそうだが斤量には一抹の不安も。そもそも同馬(フィエールマン)の馬体的にはステイヤーというよりは中長距離向き(ステイヤーとは違う)の箇所が多い印象。伸びのある馬体にやや前勝ちのバランスに、深く相当な心肺機能っぽい胸。ディープインパクトの後継と見ている可能性も!成長度が①や⑫と比べると心許ない面は実はまだある。渡仏時にもまだピークを迎えていない可能性すらあるのではないか?とも思う。夏使っている馬では函館記念でそこそこの好走をした馬のみ。よってチャンスありそうなのは③。ただ今年のメンバーで馬券内に食い込めるかどうか?3連系で組み込む形にする予定。⑪は仕上がり次第。鉄砲は効かないタイプも関西の名門が今後を見据え、メイチにしている可能性も考えるべき。しかも荒れ馬場はokも降雨の緩い馬場はNGのタイプ。この天候は同馬に向いた感。⑫は現4歳世代のダービー馬。個人的にも好きな馬で強いと思う。が、キャラ的に小回りはどうなんだろう?大阪杯云々を言う人もいるだろう。ただ内伸びの馬場で内枠から位置を回っての3着を強いと見るかどうか?馬体的には大きな変化はなく、使っていない分、指数の伸びはあるも劇的な変化は感じなかった。とはいえそもそもの能力が高い。競馬オヤジが懸念しているのはキャラ。同馬の場合、やや軽めの芝の長い直線で末を伸ばすのがベターでは?TOPスピードは速いが、そのギアに入れるまでに少々時間がかかる気がする。手前を替えてからギュン!!!と伸びる。鞍上の福永祐騎手もコーナーでの加速がイマイチとのコメントも。反論もあるだろうが、競馬オヤジ的ジャッジとして、福永祐騎手の馬やレースの分析はかなり正確で秀逸と見ている。誠実な人物だと見ているが。サングレーザーは札幌巧者のGⅡ大将の印象。昨年の天皇賞秋は陣営渾身の仕上げに鞍上のモレイラ騎手の好騎乗での2着。昨年の覇者も今年の方が相手が強く、指数的にも伸ばす必要性。鞍上のイン突きがハマればという面から一応の抑え妥当とのジャッジ。まとめると気配重視したいが故、本命対抗に関しては、①or⑨の予定。単穴には仕上がり次第も⑪。☆にはココまでコメントしなかったが⑭を。牡馬のGⅠ級相手に試金石だが、指数は上々。鞍上も来週のことがあるとはいえ、同馬にも乗りに来ている。注には強いがキャラがどうか?の⑫。△1は③。このメンバー相手にどう乗るのか?乗り方次第では馬券内の可能性も。△2には⑩を!

こんな感じだそう。札幌記念について、今回は指数と陣営の思惑からとのこと。元々はクロコスミアを狙いたいって言ってたんですよね。枠も外過ぎるし陣営の本音としてもエリザベス女王杯奪還が悲願でしょうって。牡馬のGⅠ級ともあまり戦っていないですからね。そういえば、ペルシアンナイトはまた馬体が一変わりした可能性があるって。西の名門・池江寿厩舎の育成技術と血統的成長力の賜物かもしれないよって。ただ鉄砲が効かないタイプでもあるので、仕上がり注視と言ってました。パドックで躍動感がありながら入れ込みがきつくなく良好な状態だったらこの人気からも狙ってみては?って。

ボクはフィエールマンがどこまで強いのか?については何ともだなぁ?ま、ボクには分からないですけどね。オヤジさんは以前から、間違っているかもしれんけど、オグリキャップとの共通点も結構あるんだよね!って。好きな馬体でもあるんだって。2000mは短い気もしますけどね。でも凱旋門賞で勝ち負けするなら、このコースでこのメンバーでそんなこと言ってられないでしょ!って。言ってました。前哨戦前哨戦って言い過ぎるのもどうなのって。サートゥルナーリアの件もあるからね。これ以上、シラケる訳にはいかないでしょ!?って。

う~ん、ボクは迷っちゃいます。でも結局はオヤジさんの見解中心に買うんだろうなって。では札幌記念他、素晴らしいレースでキッチリ馬券取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji