新潟2歳S2019day!競馬オヤジのアレコレ。

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジの壺、担当のウマンです!週中の馬体を見た感想他、オヤジさんの都合が合わずにアップできずスミマセン。先週は札幌記念はチョイ浮き程度も、北九州記念はBOXだったので投資額がかかりましたが、その分万馬券ゲット!!!オヤジさんの見解バッチリでした。ただオヤジさん、条件戦で、特に2勝クラス(1000万下)のダート戦では3歳馬が圧倒的と言いながら、戦略的出走の古馬にこだわり軸のみ来ないという失態(笑)ボクはオヤジさんの軸馬は単穴に留め、3歳馬から勝負でゲット。先週の日曜のブログをご覧いただいている方なら分かると思いますよ。オヤジさんのヘタッピィさが(笑)さて今週はオヤジさん的には見解が甘い面があり、軽い遊び程度ということ。レース数もメイン中心に絞らせていただきましたこと、ご了承ください。では早速行ってみましょう。

札幌11R GⅢキーンランドC

オカルト的だが、充実一途のはずの4歳牡馬が全く振るわないレース。この10年勝ち馬どころか連対すらない。斤量が特に不利な要素もないのだが、他のレースとの兼ね合いなのか?いかなる理由か?さて1番人気の⑬は昨年の2着馬。高松宮記念でも1番人気になったが4着敗退。良く分からない馬場で、展開的にも微妙だった。指数的にはココでTOPも現状はGⅠ出走級のS下。ただ徐々にではあるが伸ばしてもいる。馬体的には背(胴)が短いも首や四肢は伸びやかで繋ぎのバネも上々。スプリント戦では四肢が短い、特に前肢が短い前傾体型で筋肉量が多く、加速が良い斜尻に曲飛という体型馬がこの所目立つ。同馬はむしろその逆を行く。胴の短さ以外はマイルっぽい所が厳しい言い方をしてしまえば、スプリント王になれていない理由か!?とはいえ今も成長中。鞍上も位置を取れる川田将騎手。データアウトの1番人気でも無視はできない。じゃあ、ココでの印は本命か?と言われれば迷う。前走の除外の影響は確認したい。馬券の中心である。⑦に関してはベストは1400mと見ているが1200mがダメとは思わない。とはいえ今回の斤量で前走の前半のラップでは、ココで追走に苦労する可能性も。人気からも馬券的には連下の上位妥当か!?競馬オヤジ的に買いたいと考えているのは前述⑬の他で言えば、やはり3歳馬。今年の3歳馬のこの路線のレベルに関しては疑問もあるが、⑥と⑩はココで高評価してみたい。⑥は首の高い走法で四肢を伸ばしながらも突っ張ったような走りなので洋芝は合う。可動域は良好で体も柔らかいので、融通性はある。ただ本質的な距離は1200の方が良いのでは?根拠はやや薄いのだが…。斤量も有利なのでゴール前の逆転不気味。⑩は一見流線形っぽい胴も、前肢がやや短く、小さめの蹄や骨格の可動域などからも絡みつく洋芝が合うハズ。また腰が強そうにも見えないので札幌の平坦は良いだろう。同馬も突っ込みに注意。他では京都牝馬Sで1,2着した②に⑯は適性や鞍上からも買いたい。指数的にもAでここでも十分戦える。⑬⑥⑩②⑯を中心に馬券は組み立てたい。後は実績馬の①④と⑦をどう組み入れるか?も、あまり気が乗らない。①は典型的な自分の指数だけは走る馬で、GⅠ級相手だと厳しい。とはいえ深い路盤向き(洋芝も)でココでの好走の可能性は高い故、買わざるを得ないが、この人気なのはファンはある程度見切っているということか!?こういったことも参考にはなる。④は馬場がもっと悪ければという所も、展開面はそれ程厳しいこともなさそう。両馬共、重い芝は向くので、天候が悪化すれば評価は変えるべき。穴人気の⑭に関しては血統面や実績からは確かに不気味。ただあくまでも格下で斤量増の別定戦に外枠。後これは失礼な言い方っぽくなってしまうも鞍上が馬優先的で戦略的な面があまりない騎手。誠実な人柄で競馬オヤジ的にも応援したい騎手ではあるも、この面子(馬も騎手も)から馬が相当頑張ればという所では?

新潟9R

ココは指数的には上位拮抗も、近走状況を考えればあてになる指数があるのは⑭!次いで⑧。後は頭打ち気味の馬が多いのも事実。指数を頼り過ぎるのもアレだが、⑥②⑫辺りが続く。ほぼこの辺りで決着するとは思うがもう1頭出さない訳にはいかないだろう。素質馬の③が約1年ぶりに復帰。昨年尾POGでもそこそこ人気になった同馬。脚部不安だったとのことも、このタイミングで復帰できたのは何より。この厩舎ならそれなりに仕上げて体勢的にはまずまずだろう。時期的に仕上げ易いので、後は実戦の勘や息。そして何より気性面の問題か?馬券的には⑭を信用して中心視。3連系ならピックした馬中心も気配良好なら足すべきも、③の取捨がポイントになるだろう。馬連系ならかなり絞らないとガミる故、馬券的狙いは3連系か!?

新潟11R GⅢ新潟2歳S

まず1番人気で指数的にもココでTOPのウーマンズハートを取り上げるべきだろう。新馬戦の上がりは抜けており更に後掲ラップ。馬体的にも四肢がスラッとし、胴もしなやかで繋ぎはやや立ち気味もバネは良さそう。直線でササる面は気になるも目分量的には抜けている感。ただ気になる面も多々。まずは近年の猛暑が関係しているのか不明も、夏の新潟他、開催期間が変更されたこと。大手有力牧場が春開催最後の中央場所に有力馬をデビューさせる(中京も含む)一旦放牧させてローテを検討する方法などから、新潟デビュー馬は少々手薄になった感。よってレース間隔は広い方が好走例が多く、同馬の中2週が微妙というのは近年のトレンド。馬体写真からは充実を感じさせるので無視はできないも人気を鵜呑みにしたくない。また牝馬限定新馬からのローテも好走例がない。この時期(8月一杯)の2歳戦は牡牝同斤という影響もあるのかもしれない。また同馬の母方は世界的スプリント血統。前走のラップはかなりのスローからの上がり勝負。字面だけならこのまま順調に行けば来春のGⅠの有力馬も、過去の素質馬との比較からまだ疑問も多い。とはいえ今年のメンバーから評価をそれ程落とせない。印的には▲という所。本命には現状2頭で迷っている。今回も人気サイドで申し訳ないが、⑪と⑬。⑪は⑥同様牝馬限定新馬戦出走馬。しかも7頭立てと少頭数で過去の好走例はない。ただ馬体的には母のアイムユアーズ似というコメントは散見するも、実は父のオルフェーブルにも似ている面がある。やや全体がコンパクトなフォルムながら、窮屈さがなく、可動域や必要な箇所への筋肉量は上々。四肢の力感があり、ややピッチ的な4輪駆動っぽさや、リズムの良い首の使い方も父を彷彿とさせました。新馬戦の上がりも、⑥同様後掲ラップで、それ後方からを差し切った味のある競馬。指数的には⑥が上も、ローテ的上がり目含め、こちらを上位と取りたい。もう1頭の⑬は新馬戦のラップが優秀。後掲ラップを楽に差し切っての勝利。また最終追いの動きも折り合い抜群で後掲ラップでの登坂。キレよりも速力の持続で勝負するタイプで、クレバーっぽい面からも、今後もおもしろい存在になりそう。過去500㎏超の馬の好走例は少ないも、馬体的には走るダイワメジャー産駒らしさがあり、仕上がりも良さそう。鞍上もスランプを抜けそうな気配もあり、あまり神経質にならなくても良さそう。どちらを本命にするか?は直前の気配次第も馬券的にはこの2頭からの3連系は魅力。因みに前走右回りだった馬の好走例も少ない。⑩⑫が該当する。新馬戦(未勝利OP含む)の指数が優秀だったのは順に⑥⑬⑨①⑪⑤③⑦⑫。次点云々とかは入れていないのですが、ココでピックした馬までは例年の指数では勝ち負け。どこまで指数を上げてくるかという面。まとめると本命対抗は⑪or⑬。元々は⑪だったが、⑬が気になり出したという次第。後は気配良好な方を上位に取りたい。単穴は⑥。他で積極的に買いたいのは先行してしぶとい⑦に前走鮮やかだった⑨。迷うのは⑫。争覇圏の1頭もローテは微妙。また馬体的にもまだ少々重たさを感じさせる面は懸念。だが前走の勝ち方考えると無視は怖い。基本的には現状、⑪⑬⑥の上位勢が優勢と見てはいるが急な成長力を見せる2歳馬。他でも、素質の片鱗を見せた⑦⑨⑫は組み込んで買いたい。

こんな感じだそうです。新潟2歳Sは元々⑪って言ってたんですけど、⑬が気になり出したって。追い切りの動きが秀逸で、掛からなそうな面も良かったとのこと。こういったタイプは戦略上手な鞍上の意のままに動く可能性もあるからって。⑥の新馬戦は素晴らしい指数を掲示も、前半の緩過ぎるラップながら直線のヨレは判断を迷わせるんだって。アレで真っ直ぐ余裕のある走りだったらマイルokのジャッジも、血統面含め疑問が先行したのも事実。また先約があったとはいえ乗り替わりもどう出るか?って。オヤジさんの藤岡康騎手への評価は高いんですが、乗り易い馬かどうかはあの1戦では判断付かないよね?とも。

札幌に関しては、WASJもあるし、何より天候が微妙で馬場がどこまで悪化するかが微妙。それによっては買う馬がガラリと変わるから直前まで判断は難しいって。ただこれ以上(朝の時点)悪くはならない可能性が高いのでは?とも。なる程ですね。参考になりましたでしょうか?では新潟2歳Sday!馬券が取れますように。頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji