2019夏競馬のフィナーレ!新潟記念dayの競馬オヤジの独り言。競馬オヤジ

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今週もアップが遅くなってすみません。では、オヤジさんの見解、行ってみましょう。

札幌11R 丹頂S

指数自体は中位拮抗。③がTOPも近走、相手が強いとはいえやや冴えず。また調整でもココ勝負の気配自体は薄い。相手関係から好走の可能性はあるも、軸にするにはどうか。ならば人気でも⑥中心視が妥当。そもそも指数自体も既にOPなら突破できるものがある。対抗は重賞好走の⑫に復調気配の⑬。前述の③は抑えに回して、同厩舎の⑤を上位に。他にもスタミナ相当の④には注意。実力馬⑦と⑨は気配見てからにしたい。それなら連勝中の軽ハンデ馬⑧の食い込み注。

札幌12R

これで今年の札幌開催もフィナーレ!ココは人気でも③かと考えていたが、前走の脆さがどうも気になる。1勝クラスの走りができればココでも好勝負にはなるが…。⑨⑫辺りも本命に据えようと思えばという実力(指数)があり、仕上がり次第も⑥はこのクラスの馬ではない。また今夏、ダートの2勝クラスで猛威を振るっている3歳馬の⑬も十分戦える指数があるし、①⑤は適性高い安定勢力。ピック頭数多くて申し訳ないがこの辺りの争いになると思うが、③の気配が良好でなければこのレースは投資額を減らす。一応、初志貫徹で③から相手には⑬⑨⑥辺りを中心に⑫①⑤を絡めて。

小倉11R GⅢ小倉2歳S

天候が微妙故、買いたいレースではない。良馬場なら⑦の圧勝の可能性も、重不良になれば何とも言えぬ。一応、悪化した馬場として想定する。重は鬼っぽい②に⑤に⑩。⑩に関しては乗り替わりで、やや人気しない。現時点では馬場の正確な状況が読めぬ故、買う方向の馬をあげておく。⑤は重は良さそうも指数自体は低い。ただレースを覚えさせた面もあり、馬体も優秀。とはいえ軸に据えるのは微妙。雨が降り続き、馬場が悪くなるなら経験がモノをいう。例年なら上がり目微妙で取捨に悩みそうも⑩、⑬、②辺りから狙っても良いのでは?③⑤はもちろん積極的に買うべきも、1戦馬の中で買いたいのは⑥。小柄な牝馬も、血統から叩き良化で馬場の悪化にも対応しそう。

新潟9R

指数派でも少々意見が割れそう。前走強かった安定株の⑭が人気するか!?もしくは⑤!?⑭に関しては指数的には次点候補(競馬オヤジ的に)。⑤に関してはTOPの1頭も1200m未満の2戦で2着だったことは気になる。ゴール前踏ん張れるか!?現時点では本命は近走安定の⑦の予定。相手にはコレもまだ本命と迷っている⑧。長期休養からやっと本来の姿になった可能性。単穴はコレも指数TOPの素質馬③。そもそも以前は2勝クラスどころか上のクラスの指数だった。脚元の問題で陣営も苦労しているが力は上。次いで前述の⑤。他の騎手ならもっと評価下げたいがこの騎手だと距離の融通性が高くなり切れない。後はクラス上がってそろそろ走り頃の⑩に⑫。⑨はこの鞍上から人気するが、指数的に抜けてはいない。⑭同様買っても抑え程度。

新潟11R GⅢ新潟記念

上位拮抗で馬場、展開次第で何が来てもおかしくない一戦。馬券的には工夫が必要で穴党の出番も多いにある。格下から上がってきた馬に新潟適性高い馬や、良血の社台&ノーザンF生産、ディープインパクト産駒他の馬も多い。過去、ディープインパクト産駒の好走例も多く、内枠が穴を開けるケースも多々あるが故、そういった面から内の社台&ノーザンF良血馬(ディープインパクト産駒)中心に馬券が売れるか!?また血統派ではトニービンやロベルトがあることを重視するだろう。ということは絶対スピードは必須もタフで持続性のある脚を見極めることがポイントか!?また、社台&ノーザンF生産馬でもこの時期に使う時点で、クラシックでは成長等が足りなかったやや晩成傾向の亜流馬の出走も多い故、伸びしろのジャッジは必須。ただまずは⑨に触れるべきだろう。個人的にはかなり評価している馬。兄との違いはバランス的にやや重心が低く、兄よりもTOPスピードは微妙ながら、器用さや悪化した馬場での走りは上と見ている。また血統的にもだが、新馬戦後の休養で成長度も低いと考えている。4走前は開幕週の速過ぎる馬場も不向きだったと思うが、それを想定し過ぎたポリでの最終追いが合わなかった可能性も。3走前は手探りな面もあったろうが、先に述べた成長度と冬場に問題があったのでは?競馬オヤジ的にはまた兄同様、脚の使い所が難しい馬。ディープインパクト産駒なら折り合って脚を溜め、直線でビュンッと追えば良いケース多いも、この兄弟は折り合いに難があり、且つ、追っぱなすと末を無くす。鞍上を選ぶ故、ルメール騎手なら普段通りの走りができるだろう。これは心強く、大幅プラスで馬券的中心に据えやすい。洋芝や緩い路盤向きで、硬い馬場は微妙と見ており、少々、馬場が乾き過ぎた印象も57㎏なら!同様に本命候補なのは⑦。長距離馬のローテも本質的にはスタミナ豊富な中長距離馬と見ておりステイヤーではないのでは。むしろ極端なサウスポーの可能性すらある。指数からアプローチすれば、⑧⑥③⑮⑫になるが各馬欠点も多々。⑧は馬柱上、全て高レベルのレースに出走もさすがに厳しい結果。メンタル的に堪えている可能性もあり、気配良い場合のみ抑える程度。⑥は近走好走もそもそもが小回りのマクリ競馬がツボ!3歳時の弥生賞が正にそう。前走の走りを鵜呑みには出来ない。コレも買ってもせいぜい抑え程度も人気するならバッサリも。③はムラ傾向も使い減りする体質の問題。またワンターン向きで実は自身の指数だけは2走ボケ時以外は走っている。ただ鞍上とは手が合っている故、抑えても。⑮も実は③と傾向は近い。相手が強ければアッサリも、状態そこそこなら自身の指数だけは走る。馬場が悪化すれば面白かったが果たして。ただ人気ないので投資少なくても返りはそこそこ。⑫は左回りの中距離で54㎏以下はド壺!データ的に8歳アウトも3着なら。積極的に狙いたい。ココまでで積極的に狙いたいのは⑦⑨の人気サイドに⑫にオッズ次第も⑮。ただ⑫に⑮はいずれも3着以内ということ。他ではやはり上がり馬達。④は積極的に組み込みたい。特に前走は指数的にOP超級。⑤に関しては馬場が悪ければ3番手に予定だったが、この天候だと多少下げるべき。重は鬼でパンパンだとややスピード(指数)が足りない。鞍上もこの馬主&厩舎との関係性から選んだ可能性がある。⑩に関しては連勝中なのは魅力で馬体も上々。とはいえ、サンプルは少ないがこの父の産駒は馬体の見た目より走らない産駒が多い。気性面の問題が先行するのだろう。入れ込み等、の確認は必須。⑤と⑩はソコソコの予定。ならば古豪になるが、①に②の新潟巧者に期待しても。ただ①は2000mが長い可能性もある。今回で大よそ分かるだろう。②はココ好走するには、もうワンパンチ欲しいのも事実。使っていない故、指数伸ばす可能性は否定できないが…。一応人気次第で組み込みたい2頭。後は⑯がそこそこ売れそうも、どうも陣営が小回り向きとジャッジしていそうでその方が結果が出ている。ならば状態さえ戻れば⑭の方が!クラシック(オークス)に向かう時、2400mを1走多く走った事で(斜行による妨害)、疲労から3歳秋からスランプになったと見ている。ただ名門所属でこの厩舎は立て直す技術は素晴らしい。牝馬が苦戦するレースでもあるが、気配次第では組み込む予定。

こんな感じだそう。参考になりましたでしょうか?中央場所に戻ってから、オヤジさんに余裕が出たら、また馬体や過去走からのキャラ診断や指数についての動画はUPする予定です。期待して待っていていただけると嬉しいです。では新潟記念他、夏のローカル競馬のフィナーレ!キッチリ勝ちたいですね。頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji