セントライト記念2019day!競馬オヤジがブツブツと…。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、アシスタントのウマンです。今日はオヤジさんから早速コメントが入っていたので、お伝えします。

昨日の見解は指数に頼り過ぎて、馬場読み他、騎手についてが疎かになったことで頓珍漢な結果になりスミマセン。ローズSに関しては、関西で馬場等戦略面で最も優秀な騎手である、福永祐騎手と川田将騎手騎乗というだけで、もう少し評価すべきでした。また血統的にもキャラ的にもトライアルホース的で形相的にも完成度高めということで、ココはむしろ狙い目だったという、後になってからの大反省。また中山でもヤラずの読みを働かせるべき部分も。今日の中山はこの降雨で馬場読みがかなり重要。とはいえ昨日の阪神とは違い、レースが進むにつれ、芝の状況は悪化する面もある故、直前の馬場状況には注視必須。枠も重要になる可能性も。野芝オンリーとはいえ、影響は出るのは間違いないでしょう。2200mは外回りでもあるので、中段差し馬には要注意。阪神は相変わらずの先行馬場。位置取れてキレのある馬を!各レースの短評はやるが、今回は指数からポイント他、アドバイス的にします。

阪神9R

ココは指数的に2枚上なのが⑤。頭数も落ち着いており、オッズ的にはおもしろくないが確勝級の指数と言える。指数的には③が次点になるが、1,2勝クラスの場合、伸びしろある3歳馬の方が良いのかも?正直、他の3歳馬は指数的には足りないが、気配良好な馬をピック。

阪神10R

指数的には③と⑨がTOP。そうなると普通に3歳馬の③を取りたいが、⑨は鞍上がレジェンド。馬質云々はあるも、アラフィフとなっても若手に負けていないどころか今年は既に80勝超。さすがの一語だろう。十分間隔も取っており、この2頭の牙城を崩すのは容易ではない。次点馬は②④⑥⑩⑪辺り。ラップ的にそれ程速くもならなさそう故、好位で競馬できそうな馬、または位置取りに行く騎手うぃ積極的に。

阪神11R

この頭数では買い目は増やせないが、人気馬が崩れればオイシイ配当も。指数的には②が抜けているがココは約1年ぶりの骨折休養明け。追い切りの動きはまずまずでアッサリがあるかも。軸にしたいが気配確認必須。他では⑤が人気する。唯一の3歳馬で1走毎に好走するタイプで、今回は好走番。乗り替わりも元主戦故心配はない。とはいえ①④⑥⑦も指数的に差はない。一見固そうなラインナップも食い込みには要注意。特に①の逃げと⑥の鞍上には要注意。

中山10R

ダートの短距離と言えども、やはり3歳馬中心に組み立てる。①⑨は確勝とまでは言わないが有力であることは確か。指数的にも既に古馬よりも少しだが上。古馬では⑯⑤⑮⑧と続き、3歳馬の③は全体で4番手(⑯の次)になる。ココで軸にし易いのは⑨か⑯か!?という所だろう。軸候補から①③入れた3歳馬中心の組み立ても良いが、中山巧者で重馬場得意の⑤がこの鞍上!買いか!?

中山11R

オッズにも表れている通り、混戦の一戦。①は素質高い馬でやや地味な血統ながら馬主はノーザン系クラブ。厩舎は厩舎力抜群で馬のケアに非常に長けた大竹厩舎(大竹調教師は獣医師でもある)。以前に脚の手術をしたとの情報もある同馬。素質高いも脚元中心に体質の問題はありそう。距離的には折り合い付けば一世代戦ならばということだろう。クラブ馬故、次戦を見据えての出走なのは間違いなさそう。パワー十分な馬体も、ココまでの印象からはキレ優先に見える。⑫は指数的には一番。胸が深いので心肺機能は相当っぽいが、やはり折り合いはポイント。弥生賞以降、直前で併せはやらなくなってもいる。また首を上げる走法の場合、適性距離はやや短い馬が多い。重馬場に関しても意外と手先が軽いタイプ故、良馬場の方が良いだろう。野芝は向きそうだが…。⑧は出っぱが悪いというか、2の脚が遅い。ダービーでも前半400で結構脚を使い、ラップ的にもそのままの流れでHペースを演出。そのダメージと今回は他の逃げ馬にどう対処するか?鞍上は魅力も前半のラップがカギか?内の③は何が何でも行く可能性あり、隣の⑨は先行力があり位置取るのが早い。⑯に関しては見所多い垢抜けた馬体の持ち主も、まだどこか頼りないのも事実。指数的にもココではちょうど中位。陣営の期待は分かるが、かなりの覚醒が必要と見る。ならば同厩舎の⑱が指数的には2番手の一角。だが前走は古馬一線級が相手とはいえ、さすがに負け過ぎ。やや晩成気味っぽく、成長途上でどこか難しい面がある可能性。⑪も上級重賞の勝ち馬だが、馬体自体が良い意味ではなく、まだ緩く、繋ぎや手先の感じからは重馬場や緩い路盤、深い芝向き。雨で下が相当緩くなれば面白いが春のGⅠ2戦のようにある程度時計が速いと厳しい。馬場の悪化待ち!

基本的にファンの想定通り、人気しそうな馬達が一長一短で微妙な一戦。データ的には春の実績馬VS上がり馬という図式になり易い一戦も、今年は実績馬の格が低い。とはいえ上がり馬でも、強烈な指数を叩き出した馬もいない。こうなると展開や馬場を味方にできるかどうか?が大きなファクターに。また血統面も大きな手掛かりに。中山と言えばロベルト系。それと2200mの外回りではトニービンの血が有効。またコレは個人的意見ではあるが、ワンラップ型になり易い、オルフェーブルの産駒にチャンスがある馬場になりそう。

東のトライアルらしく、基本関東馬が強いレースではあるため、中心視という考え方はできないが、鞍上からも⑮は気になる。指数的には3番手。相手なりの所があり厳しいレースでもヘコたれない。馬体的にも父によく似ており、早い段階から気になっていたがさすがに父と比べるのは酷ではある。特に骨格の可動域や体幹面の俊敏さにパワーは格段の差。運動神経にも差があり、筋肉もやや硬めに感じる。とはいえ比べているのは3冠馬で凱旋門賞2着2回のスーパーホースではある。勝つか?と言われれば何ともも、追い切りの動きからも好走の確率は高そう。他でも血統面、戦績から⑦⑨は評価してみよう。先に挙げた人気・実績馬サイドでは抑え程度にするのは①②⑯⑱。⑫に関しては良馬場なら評価は断然違い中心視した可能性もあったが、現状は4,5番手。とはいえ厩舎力のある高木厩舎所属ということもあるが、馬としてはかなり評価してきたことは付け加えたい。馬場が悪化すれば⑥⑪は積極的に。⑧は昨日の件もあり、鞍上のヤル気は図れないが、馬は悪化した馬場は問題ない体型。競馬オヤジ的に言う4輪駆動タイプなので、悪化した馬場でもスイスイの可能性も。抑え含めても手広く!また軸1頭決め打ちもどうか?保険かけた買い方がお薦め。こういった天候故、気配良好でやる気に満ちた馬は買うべし。

こんな感じだそうです。参考になりましたでしょうか?オヤジさん、メインの自信度は低いって言ってました。本当かなぁ?昨日は狙い過ぎたって反省はしていましたけどね。そもそも、グランアレグリアとラヴズオンリーユーが頭2つ抜けているっていうのがオヤジさんの評価でしたから。この2頭はカテゴリが違いますけどね。こんな馬場ですが、馬券取りたいですね。では高配当ゲットできますよう、頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji