さて秋華賞2019だが…。競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

今日は秋華賞が行われますが、台風による被害の大きさに唖然。果たして競馬予想に精を出すべきか悩むが、一応の見解を。

GⅠ秋華賞

今年の3歳牝馬世代では、顕在化している状況という条件を付ければ2強!圧倒的なスピードを武器にしているグランアレグリアと、キレ抜群の末脚に適性広いラヴズオンリーユー!目分量でも指数でも、春の実績でも誰が見ても分かる状況。秋緒戦だとしてもラヴズオンリーユーが出走して来たら迷わなかった。グランアレグリアの場合は枠と追い切りには注視する予定だったも、早々にスプリンターズS出走を表明し、その後回避。結局、2強の出走は叶わなかった。

ならばその2頭を追う立場で春も頑張ったダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、クロノジェネシス、ビーチサンバ、カレンブーケドール、コントラチェック辺りで馬券を構築するのが常道も、どうもしっくりこない。というのも、前哨戦の評価をどう考えるか?まずはココから入りたい。

紫苑Sはレベル的にはボチボチ程度も、上位3頭の評価を軽んじるべきではない。3着のフェアリーポルカは成長力豊富。ただどうも母方、特に母の父が気になる。ココがいつも通りのパンパンの良馬場なら切っていた。というのも絶対スピードが少々足りず、格負けのメンタルもありそう。ただこの馬場は合いそうなピッチ気味の走法。気配見てからか!?!?2着のカレンブーケドールも評価が分かれる1頭。叩いて良化は明らかも、蹄が当たっているのか、何かある。個人的にはそこは厩舎力TOPの1つ国枝厩舎。ケア力も相当。個人的には薄い蹄で馬場が合うかどうか?パッシングスルーに関しては、体質の弱さが相当との報。1走毎が勝負で秋華賞後も直ぐに天栄に!これが通常の調整なのかどうなのかがイマイチ不明なのは気になる。手先は軽いもパワー相当で馬場はこなしそう。体調如何か!?

さて紫苑Sよりも問題なのがローズS!ダノンファンタジーは強い。ただ名バイプレイヤーの匂いも強い。というのも前走強かったとはいえ、2着がビーチサンバに4着がシゲルピンクダイヤ。個人的意見だが2,4着馬はワンターンのマイル前後がベターの感。ダノンファンタジーは器用な馬でコース形態的にはむしろ短い直線が合いそう。というのも使える脚にクセがあり、ジワッとしているようで、ビュッとしたのは一瞬。4角で上手く外に出せるかは大きなポイント。またそれ以上に馬場もどうか?ビーチサンバは切りの予定も抜群の追い切りで、抑え候補。

オークスからの直行組ではクロノジェネシスがそこそこ人気。ただ同馬は2~3歳春の指数は相当も桜花賞、オークスでは伸びしろが…。この血統から京都内回りは合いそうだが果たして…。シェーングランツはココから快進撃が始まるという叩きの気配。ただGⅠ級かどうかと問われれば現状、指数的には上級重賞まで。状態的にも疑問先行故、次走に期待したい。コントラチェックは動画を参照いただきたい。が、どうにもメンタルに難がありそう。話が逸れるが、D・レーン騎手は非常に上手な騎手で競馬ファンの認識は一致しているだろう。全く異論はない。ただ彼のキャラも認識すべきではあろう。オージージョッキーらしく、ハミの扱いに達者で上手くハミを掛けながら折り合わせる。日本人騎手でコレを達者にこなす現役騎手はちょっと思いつかない。ハミを掛けながらコンタクトした方が良い馬にはかのエピファネイアもそうではないかと競馬オヤジは考えている。もちろんリスグラシューも近いタイプだろう。こういったタイプは上手くハミを掛けながらだと折り合って最後の脚も強烈。JCでエピファネイアを勝利に導いたC・スミヨン騎手なども物凄く達者!アレをイメージしてもらえれば。コントラチェックに関してはある程度、ハミでコンタクトというよりは当たり柔らかくし、好きなように走らせた方がというタイプでは?前者のハミを掛けて走らせた方が良いタイプには比較的気の強い馬が多い感。同馬を買うのはかなりの賭けかな!?

話しを戻そう。それと京都の2000m内回りは個人的意見ではあるがロベルト系のタイプを少し軽くした感じが合いそう。クロノなんかは近いイメージもある。じゃあ本命か?と言われれば、早熟の可能性が払拭できないし、状態も不明。シゲルピンクダイヤのような血統イメージと形相的な件が合致しない(合致しているとこが少ない)馬は割と強い馬が多い。同馬も相当な能力があると見ている。ただ同馬もメンタルが心配。こればっかりは直前まで待っても、ゲート前でガラリと変わってしまう。脚質的にもなぁ。ただ血統から緩い馬場は合う可能性。

オッズを意識し過ぎる気はないが、ならば新興勢力や前哨戦敗退で舐められた馬に目を向けても良いのかも?今回の馬場も考慮して、高評価予定はサトノダムゼル、エスポワール、シャドウディーヴァ辺り。この3頭の中で気配良好な馬を狙う予定。ただ3頭共、心配点はある。エスポワールは馬場が乾き過ぎるとどうか?重理想で稍重なら迷うところ。また本来はデムーロ騎手の方が合いそう。サトノダムゼルはキャリアが浅すぎる。長距離輸送もあり入れ込みや馬体重には要注意。ただ指数的には一歩足りないも、伸びしろは怖い。シャドウディーヴァは右回りはややぎこちなく見えるが、今回騎乗する松山騎手なら無理に狭い所に入らない。ノビノビ走れば分からない。この3頭の他ではカレンブーケドールにパッシングスルー。それとシゲルピンクダイヤとダノンファンタジー辺りを抑えたい。

元々、馬券的中心にはカレンブーケドールを考えていたが、蹄云々以上に馬場が気になって評価を下げたも芝の時計がそこそこ速ければ評価は上がる。現状は3,4番手の予定。3頭の中ではサトノダムゼルか?エスポワールか?で、シャドウディーヴァは良化度合い次第もカレンと同等辺りで現状3,4番手。その他は名を出した馬で気配良さそうに見えたら組み入れる予定。

ただこういった時良くあることとしては、人気上位で決まるケースが多い気もする。カレン、ダノンは安定している。

今回は馬場を深読みしてもいる故、参考程度にとどめて欲しい。それと最後になったが、台風の被害にあわれた方々に何と言えば良いのか…。被害状況もまだ把握できない今、無責任な発言ではあるがお見舞い申し上げたい。

では秋華賞!素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji