天皇賞秋2019の動画アップできなかったため…。

競馬オヤジの壺

ど~も、競馬オヤジです。ちょっと手を怪我してしまって今週もボヤき動画がアップできず、スミマセン。取り敢えず、天皇賞秋のポイントについて、口頭でつぶやきましたので、ウマンが原稿を興しました。ま、皆さんが考えている事と大差ないとは思いますけどね。あ、その前に菊花賞の見解、イマイチでスミマセン。サトノルークスの評価に関しては川田将騎手のコメントを鵜呑みにした訳ではないですが、競馬オヤジ的にもステイヤーとしては見ていません。たださすがの池江寿厩舎で、ココまで無理させなかったことと、前走時からの秀逸な仕上げも相まっての結果。もちろん、ストレスの掛からない競馬をさせた福永祐騎手の好騎乗もあったでしょう。ただ連対圏にくるとはねぇ。期待したホウオウサーベルは中段の外。京都長距離は抜群に上手いハズの蛯名正騎手ならって思ったんですけどね。あの位置はプレッシャーも強く、走破距離も長めになっちゃいましたから。その後ろのノンストレスな位置取りがビクトリーポイントだったということでしょう。馬場の向き不向きもありましたけどね。今週はあてになるよう頑張らないとですね。さて天皇賞秋に話を戻します。

何よりアーモンドアイについての評価でしょう。まぁ同馬に関していえば、間違いなくスーパーホースでしょう。レベル的にも日本競馬史上TOPクラス。その他の歴史的名馬についてもファンも多々いらっしゃると思うので、あまり比較論とかは好きではないのですが、個人的に牝馬ではウォッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ等と同様のスーパーホース。カテゴリやキャラに関しても違うし、コース他によっても差は出ますがこの中でも…という考え。個人的にはココに名前を出さなかったシンコウラブリィやヒシアマゾンやエアグルーヴにメジロドーベルなども好きだったなぁ。

仕上げ方にピークのもって行き方や、馬場に、対戦相手(牝馬同士)によっても様々差異が出るので一概に比べるのは野暮ではありますが、1つの指標として言えることとしては、フットワークの大きさと力感がどうか?という面。ココに名を連ねた馬達は皆、フットワークが大きい。ただその中でもパワフルさで言えば、アーモンドアイはTOPかと。ウォッカやダイワスカーレットのような大型のパワフルさとはまた違ったパワフルさは牝馬では他にあまり類を見ない。

牡馬の歴史的名馬である、グラスワンダーやエルコンドルパサーにナリタブライアンらもかなりパワフルでリズミカルなフットワークだった印象。ただグラスは回転の速いフットワークで、ナリタブライアンは体をリズミカルに沈める理想的なフォーム。エルコンドルパサーはともすれば小脚も使えるも、腰の強そうなフォームは圧巻。あ、そうそうキングカメハメハのフォームも素晴らしい力感で伸びも抜群でした。

個人的にはキングカメハメハのフォームは現代の日本競馬ではかなり理想的だと考えています。ここにディープインパクトやオルフェーブル、ハーツクライにテイエムオペラオーがいないことに「アレっ?」って思われた方もいらっしゃるかと。オルフェーブルは心肺機能や筋肉の粘りが異常なほど優秀と見ています。ただ走法はピッチ故、長い直線の軽い路盤よりは、円周コースで緩い路盤向き。運動神経抜群で、一瞬の加速にも相当優れていたタイプ。ハーツクライは腰に甘さがあったも、体幹面がしっかりしてからは四肢を伸ばす走法。これからという時のノド鳴り故、ジャッジは難しいですけどね。テイエムオペラオーは肩の傾斜がやや立ち気味で前肢はイマイチ伸びないのですが、腰や背が強くそうで、その他箇所に窮屈さがない。後肢の蹴っぱりが相当で、やや立ち気味の肩で手繰るように出す前肢が上手くマッチしたタイプ。よく言われることですが、5歳時のジャパンカップでの仕掛けは決して早過ぎではないと見ています。それ以上にジャングルポケットに適性があり、敵はオペラオー1頭と見て完璧に仕掛けたペリエ騎手の好騎乗。他の騎手だったらオペラオー&和田騎手は差せなかったかもしれません。また何よりメンタルの強さは群を抜いている馬。あ、そうそうキタサンブラックは大きなフットワークも体幹面が良くも悪くも緩そうで速い動きは苦手。ただパワー相当故、日本の路盤ならグチャグチャの不良馬場も苦にしなかった。そしてディープインパクト!同馬に関しては前55後45の比率で腰や体幹が強く四肢が軽やかだった印象。正直、カテゴリ分けした場合、同馬とトウカイテイオーに関しては同タイプは少ない気がします。ま、超天才型というジャッジ。そうそうドゥラメンテのコーナリング、特に皐月賞での4角の走りはエルコンドルパワーのニュージーランドトロフィーの4角を思い出しました。あの腰の強さは滅多にお目にかかれない。

長くなりましたが、競馬オヤジが出走馬比較や能力を見るうえで、フットワークってかなり重視しているんです。日本の歴史的名馬ばかりを並べたから、分かり易いような分かり難いような感じでしょうけど、アーモンドアイの場合はパワフルなフットワークながら超超超高速馬場にも対応するという面はかなりのポテンシャルの持ち主。ただ成長度の問題なのか、本質的に持ち合わせたモノなのか、体質の弱さはネック。ダイワスカーレットやトウカイテイオーなども同様ではありましたけどね。

では今回、出走するその他の馬についても簡単に!

順序が違いますが、オヤジがアーモンドアイの最大のライバルと見ているダノンプレミアム。上手い表現ができないのですが、短めの首を上げながらリズムを取り、跳びがかなり大きい走法。手先は軽いも重馬場もokではあるが、全身を使った走法的にも見え、意外と負荷も大きそう。瞬間的な動きよりも、ジワッと惰性でTOPスピードに乗り、その持続に長けており、TOPスピードも上々なタイプ。同馬も元々、体質云々は言われていましたが同じ休養明けの金鯱賞の走りができれば。アレは高指数でしたからね。馬体的には収縮力の優秀そうな筋肉が魅力の1つ。また背中の収縮が良さそう、ですね!負荷も強そうですが。フォルムの伸びがややない、特に背の長さがやや足りないので、距離は中距離ベターと見ています。ただこういったタイプって、疲労が残りやすい印象も。左前は接着装蹄ですね。追い切りの動きでチェックは必須でしょう。

キャラ的には前述のダノンを更に更に不器用にしたのが、アエロリット。東京1600~1800専用と思われがちですが、札幌1800のクイーンSでの指数はかなりのモノ。とにかく跳びが大きく、パワフル!コレが良い面でもあるが、この走法故にかなり不器用。また一旦TOPスピードに乗れば持続も優秀で相当長い脚も、加速がイマイチ。また牝馬ながら全体的にやや硬い面から距離延長への対応はカギ。

アルアイン。バランス的に四肢が短く見えるも、前後に伸びのある雄大な馬体。骨量も豊富で筋肉量も多め。ディープインパクト産駒にしては繊細さがない筋繊維故、勤続疲労を起こしにくいのかな?もちろん陣営のケアが相当優秀なのでしょう。四肢は軽く馬場はそこそこ軽くてもokだが、本質的には緩い路盤向きで、コース形態も選ぶのでは?加速はまずまずもTOPスピードの持続はそれ程ではないっぽい。胴の感じから長い脚とジャッジする人は多そうも、東京コースの長い直線は疑問先行。そのパワフルな脚をどこで使うのかがカギ。今回張りのある馬体で見映え抜群も、狙いは次走の可能性。

ウインブライト。前走の敗因は不明も仕上げ過程を新たにしたこととの報も。得意の中山だったことで陣営もショックだろうが、中山外回り2200は内回りの1800や2000とは違いますからね。骨格のフォルムは父っぽいも、筋肉の質や量は母父の影響力が強そう。故に距離含め得手不得手はハッキリのタイプでは?意外とパワフルなタイプで、短い坂のある直線で一瞬の加速で勝負するのがベターの感。5歳の牡馬ですが筋肉の柔らか味は顕在。個人的意見ですが、実際の体重ではなく、目分量的にボリューミーに感じる時、上手く言えないのですがモッチリとしている時の方が好走している気がします。照準は香港?

続いてサートゥルナーリア。キレイな跳びも、走法的には意外と本格的。ただ気になる点も。今回のメンバーのように頂上決戦になった時、実は使える脚の長さが個性的な可能性も!兄のリオンディーズも本質的には円周コースの方が良かった可能性!皐月賞の指数は相当で例年ならば十分通用。ただ今年のメンバーは過去最高クラスですからねぇ。皮膚に余裕があるのは良好も、今成長期なのかレースを走った後だからかアバラが浮きやや細身に見えるんですよね。陣営的にはココ勝負でピークの造りなのかも?またそれ位じゃないと、とのジャッジ?繋ぎの感じからは、少々緩い路盤の方が良さそうですがどうでしょう?また持続勝負よりは瞬発力勝負向きの感も。本質的には次走狙いなのかなぁ?

スティッフィリオ。前後のバランスが取れたタイプも、ステイゴールド産駒の上級馬らしい、流線形っぽいフォルムはいいですね。骨量に対し、やや筋肉量が多そうで、意外と非力感はないですが牡馬としてはやや小柄。ただ走法的には力感があるも4輪駆動っぽさもあり、TOPスピードはそこそこかなぁ?ただ持続はまぁ良さそう。そういった面からも小回り向きで、東京の長い直線はどうだろう?

スワーヴリチャード。前後に伸びのある馬体も、意外と幅もあり筋肉量も豊富。配合がマッチしたのかな?筋肉の張りは抜群も、やや硬質の印象出てきた感はありますし、繋ぎのバネ感も微妙といえば微妙。東京コース向きと言われていますね。左回りは結果が出ていますが、直線が長いのはどうなんだろう?また路盤的にもあまり時計が速くなるような軽い路盤だと他馬の方が有利になりそう。確かに不器用な面は否めないもデムーロ騎手が完全に乗りこなしていたので、ラチを頼りにできれば中山や阪神の方が良い可能性も否定できないのでは?と思ったら今回は横山典騎手。さてどう乗るのか?走法的には上手く言えないのですが、背中の収縮がポイントの気がします。5歳の今、速力よりもパワーに特化してきた気がします。

ドレッドノータス。ハービンジャー産駒らしいボリュームのある馬体。腹袋も逞しく、意外と底力がありそう。蹄がやや薄く繋ぎが繊細。こういった面からも京都の馬場は合っていそう。肩やトモのボリュームは上々も、やや箱型の胴のタイプで、割と我慢比べが向きそう。前走時は好調教だったもあの結果には驚きました。意外性を発揮できれば。

マカヒキ。相変わらずしなやかで伸びのある馬体。グッドルッキングホースですね!皮膚が薄く筋繊維が繊細ですね。この世代は3歳春の次点でのレベルが高すぎて、お互いが削りあっちゃった感(早熟という見方も無くはないですが)。また海外遠征も少なからず影響はあったハズ。それ以降は中位安定の指数で自身の指数だけは走っているケースが多々。走法的には跳びは大きいも意外と使う脚は長くないと見ています。ダービーを勝った時も、川田将騎手がギリギリまで脚を溜めていた印象。今回、レジェンド器用からも末脚をいかに引き出すか?が勝負のポイントと見ているのでしょう。

ユーキャンスマイル。以前からココでコメントしていますが、やや長めの距離適性のサウスポー!写真の感じかもしれませんが前肢の蹄の角度は少々違く見えるような…。ま、東京コースなら2000でもペースがスタミナ必須になれば。馬体的には伸びがかなりあるシルエットで典型的。シルエットにメリハリが出てきたのでいよいよ本格化気配。指数的にも好素材で、GⅢレベルなら2000でも勝ち負けできるものは持っています。昔の秋天(3200m)なら圧勝もあったかも?

ワグネリアン。写真では華奢さが強調されますが、前走時472㎏。小さく見える大型馬や大きく見える小型馬はバランスが良いからそう見えると、故・大川慶次郎氏がフジテレビの競馬中継時、パドックでコメントされていました。同馬もバランスの取れた好馬体。筋肉も繊細で皮膚は抜群に薄い。パワフルというよりは、軽くて、瞬間的な動きの速い、回転の良い走法。一瞬の脚の速さは世代屈指でしょう。そういった同馬の特徴を知った鞍上がダービーでは4角で、ジワッと進出。気性が危うい面がある故、賭けではあったんですが人馬一体となって有力馬(ダノンプレミアム&ブラストワンピース)を内に閉じ込める好騎乗。本質的には軽い芝でスローの瞬発力勝負向きの感。

総評~ッス!

今回アエロリットと、スティッフィリオがいるもスロー寄りのミドルでやはり直線の持続勝負になるという見立て。そうなるとやはりアーモンドアイで仕方ないのかな?同馬の場合、田んぼのようになったら分からないも、多少の悪化なら問題ないでしょうから。

相手も同世代の牡馬のダノンプレミアムと見ていますが、名門厩舎所属の3歳最強牡馬・サートゥルナーリアがどこまでの勝負仕上げでくるか?スロー向きと見ているので、JCの方がペース的には向きそうもまだまだ伸びしろ十分ですし、鞍上も魅力。後はこの距離でもと思わせてくれた、ユーキャンスマイルとワグネリアンの友道厩舎の2騎。特にワグネリアンはキレ味勝負になったら怖い1頭。当たり前の予想で恐縮ですが、現状は(水曜次点)こんな感じです。

こんな感じだそうです。参考になりましたでしょうか?では天皇賞秋まで予想、楽しみましょう。

Posted by KeibaOyaji