アルゼンチン共和国杯2019他!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今週はGⅠは一休み!ですが、明日、浦和でJBCが行われます。オヤジさん、JBCの見解は微妙とのこと。今日も怪我の影響で少々、精度は甘いから期待薄めでとのことでした。では行ってみましょう。

京都8R

この所、勢いに陰りが見え始めた3歳勢。ココも人気するのは3歳の③④辺り。ところが古馬で3歳馬の勢いを止めそうな馬も微妙。オッズ的にはつまらないも④から入る予定。指数的には④⑧⑥③⑩①で次点に⑤⑦⑨⑫と中位勢が豊富。馬券的には何より⑧の仕上がりがポイント。1年ぶりの骨折休養明けも、能力自体はこのクラスの馬ではない。鞍上にスミヨン騎手を配してきたことからも勝負気配プンプンで本来は本命にすべき馬。馬券は④から買うため、点数を抑えようかとも思ったが、③や⑧は買わざるを得ないが故、やはり3連系の並びで勝負か!?次点馬は直前の気配良好なら逆転の目もあるが基本、上位勢で!

京都11R GⅢみやこS

JRAダートのGⅠシーズンに向けての重要な前哨戦も、休養明け馬はやや苦戦。またトライアル的性格よりも、叩き2戦目馬や夏からの転戦馬の活躍も目立つ。今年はデータ合致馬が微妙な状況。まずは各馬の短評から。

①ヴェンジェンス。1800mは問題なさそうも基本、重馬場巧者!

②アドマイヤジュピター。指数自体はボチボチも期待されたレパードSでは9着敗退。レースレベルが上がった時に踏ん張りが効かないタイプの可能性も。

3キングズガード。元は右回り向きの短距離馬も加齢である程度万能性が出た。とはいえ好走自体は1400に偏る。

④アングライフェン。京都巧者も距離短縮がどうか?ただ逃げ先行が多いだけにペース如何で!

⑤スマハマ。好素材馬も展開面は課題になりそう。同型をどう捌くかが課題。

⑥ラビットラン。近走は交流重賞が中心も京都コースは向く。差しがハマりそうなペースになれば一発が怖い。

⑦メイショウスミトモ。タフな8歳馬でローテはココ向きも近走成績からココでは厳しそう。

⑧ワイドファラオ。天才肌のタイプ。調教の動き秀逸でスナップの効いた走り。京都の軽い砂は合いそうもコーナー4つや距離延長など課題は多い。また同型をどう捌くかも同様だが、前述の通りスピードのある天才型故に。

⑨アナザートゥルース。この一族は、タフな晩成型。休み明け故、仕上がり注視もGⅠを狙うなら負けられない?

⑩リアンヴェリテ。本質的には平坦小回り向きのスピードタイプ。京都は問題ないが夏からの連戦で…。

⑪テーオーエナジー。古馬混合重賞ではやや頭打ちになっていたもまだ見限れぬ。追い切りの動きは秀逸で調子良し!

⑫ロードアルペジオ。近2走二桁着順で上級重賞での慣れが必要か!?展開向けば上位入線の可能性はあるが…。

⑬ノーヴァレンダ。GⅠ勝ちはフロックではなく、展開次第。距離も長めが良いのかもしれないが、何より深い砂が合いそうだが。地方交流出走するには賞金の加算を!

⑭ウェスタールンド。元々芝馬故、スピードは相当。骨折休養明けは気になるも仕上がりさえ良ければ勝つ力はある。ラチを頼りたいタイプに見えるため、この枠はどうか?

⑮メイショウウタゲ。様々な距離で幅広い活躍もさすがに8歳。相手強化でどこまで。

⑯インティ。帝王賞での6着敗退理由は展開、馬場、距離と複合と見る。斤量、展開が厳しい今回、代打の鞍上がどう乗るか?キックバックを嫌がる気性からこの枠は良かった可能性。

そもそも、指数的にはインティが抜けているが、敗退でリズム崩している逃げ馬は買いにくさがある。個人的には主戦のレジェンドが緩急きかせて騎乗していたが、1400~1800ベターの感。またパワーあるも、軽い砂のスピード比べが本質の可能性もある。代打騎乗故、次走に向けて大事に乗る可能性は大。こういった面を考慮しながら馬券的には迷う1頭。印的には▲が妥当か!?

2走前、このインティに負けたスマハマは臨戦や馬柱のキレイさ、から人気も、元々人気先行馬。将来、ダートの一流馬にはなるであろうが、今回も2番人気。指数的には抜けておらず、インティ以外は割と団子状態。ただ伸びしろある4歳馬でもあり、軽視はできない。元々は☆にしようと考えていたが、追い切り他で魅力な馬が少なく〇が妥当か!?

個人的には本命候補には⑨を考えていたが、同馬も休み明け。仕上がり注視。他では⑭は陣営のコメントが弱気も、実際の仕上がりは見たい。一応、⑨◎で⑭は注か!?

⑬や⑧の3歳勢は連下の予定。後は差し展開になった時の④に⑥に追い切りの動きが秀逸だった⑪辺りか!?好枠を活かせた時の②は気配良好なら。

買い目が多く見えるがダートの場合、気配があまりにも鈍重で皮膚が厚かったりした場合は切り易い。ただ荒れる重賞故、多少手広く。

東京12R

この時期の2勝クラスダート戦は層が厚く、なかなか面白い。先も述べたが印象的に勢いに陰りが見え始めた3歳馬。ココも⑥⑪⑫⑬が人気しそう。指数的には⑨⑭⑬⑧⑥⑫。次点に⑪④。3歳馬に勢いについてコメントした途端に!ということは往々にしてあることも、ココは⑧はどうか?2、3走前が優秀で叩き2走目。距離の短縮は微妙ではあるが鞍上もこの条件なら。相手には⑥⑫⑬の3歳勢に、指数上位の⑭。狙い過ぎの可能性高いが、人気しなさそうなところでは末脚勝負になった時の④に近走芝を使っている⑦か!?馬券的には単系もよいが、複系で手広くも手か!?

東京11R GⅡアルゼンチン共和国杯。

指数的には中位拮抗。ポイントとして①GⅠからの臨戦。②目黒記念とはリンクしない。③上がり馬が強い(六社特別好走馬が好成績)。その辺りと鞍上から①が人気なんだろう。ただ指数的には上位の一角でしかない。

血統的にはトニービンやロベルトの系統が活躍(直系でなくてもok)。ということは、持続力が問われるレースになる(昨年のドスローは参考外)。

障害から平地重賞に矛先を向けている⑫は基本的に緩急を利かせられない。が、4走前のGⅠ有馬記念の指数だけ走ればココでもやれる。いろいろな意見はあるだろうが、有馬での鞍上は日本競馬界のレジェンドジョッキー!馬の個性を活かすペース配分に関しては歴代でも屈指。今回は仕上げ方も前進気勢を促すものでもあり、鞍上も勝負強い松岡正騎手。スタミナ比べに持ち込めばおもしろい。

ミドル寄りのスローで後半の持続勝負と見るのが妥当か!?

⑤は関連性の浅い目黒記念の勝ち馬。仕上がり状態も微妙とのジャッジが多い。確かに馬体写真でも皮膚感他、仕上がり途上の可能性。ただ東京2500は最も得意な条件。迷う!

⑦はメンタルが脆い面がありそう。レースレベルや環境によって、走らなくなる面もありそう。ただ仕上がりは秀逸で皮膚が薄く毛艶も抜群。今回の鞍上からそこそこの位置を取りに行く可能性。スタミナ自体は相当なので、功を奏する可能性大か!?

①は菊花賞でも期待された素質馬。気性面他で去勢されるも前走は強かった。実績以上の人気で、食指は動かないが、鞍上から無視はできない。

②は勝ち味に遅いも相手なり。意外と持続勝負になればステイヤー的資質が開花する可能性も。ただ決め手では見劣るとの弁も。鞍上のアシスト必須も、この鞍上でこの人気なら積極的に狙いたい。

③は勝負強い鞍上魅力も、キャラ的には未だ未確定。個人的にはやや長め距離の緩めの路盤向き。ココで好勝負するようならその後にも期待できる。

④は西の名門厩舎所属らしく、垢抜けた好馬体。ただフォルムは良いが、体幹というか、骨格の可動域他にクセというか個性が強そう。そういった面から得手不得手がハッキリしそう。

⑥は長期休養後、ややスランプに。ココをきっかけに再度浮上を狙う。

⑧は昨年の3着馬も1年ぶり。

⑨は中距離の持続勝負には滅法強い。言うなれば、一昔前のタイプ。ただこの東京2500は直線坂下スタートでスタミナが問われる。メンバー的にも持続勝負に持ち込みたい馬もおり、同馬向きになる可能性も!

⑩は好成績の六社特別2着馬。血統的にも向くので、後は格か!?

⑪はペースのカギを握る1頭。タフな馬だが、前半はユッタリ入りたい。

⑬は目黒記念勝ち馬でこのレースでも昨年4着に好走。軽い芝での持続型時計勝負に強いタイプも、自らペースは握りたくない。前走落馬競走中止とツキもないが、思い切った競馬で活路を。

総評~っす!

正直、真新しい馬の名前が見当たらない。あまり積極的に買いたいレースではないが②③⑦⑨は積極的に狙いたい。①④⑤は気配優先も抑えの予定。

こんな感じだそうです。参考になりましたでしょうか?オヤジさんは参考程度でって言ってました。既にC・スミヨン騎手が素晴らしい騎乗を見せていますが、来週から世界の超一流騎手が来日します。GⅠもありますし、楽しみが増えますね。そのためにも懐を温かくしておきたい。あ、明日もオヤジさんに見解はお願いしていますが、間に合ったらという回答。キッチリ催促しておきますので良かったら覗いてみてください。

ではGⅠの谷間ですが、キッチリ取れますように!頑張りましょう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji