エリザベス女王杯2019day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。この所、オヤジさんの馬体を見た感想動画がアップできておらず、スミマセン。オヤジさん、この所、怪我の治療や仕事などで時間が取れ難いんだそう。馬券の方も、メインレースや重賞はボチボチも本来得意のダート2、3勝クラスなどがイマイチなんだそう。ボクは天皇賞秋とJBCクラシックでオヤジさんの予想にのっかって大幅プラス。そういえばJBCレディスでの落馬について、オヤジさん

「浦和は特にだが、地方のラチ沿いは水捌けを良くする側溝があって、傾斜がある。よって馬1頭分は暗黙の了解で開けるんだよね。矢野貴騎手は好発し、内の馬には地方競馬の元TOP戸崎圭騎手。控えたって勝手に思い込んで外の馬のみ警戒していたが、半馬身程度の遅れで逃げの3歳牝馬だった戸崎圭騎手もさすがに引けなかった。あってはならないことではあるが、悪質というよりは不注意に近いのかな?この所、馬質はやや落ちたも充実した騎乗を見せていた戸崎圭騎手だけに馬券買う側としても、元大井中心に競馬に行っていた競馬オヤジ的にも、贔屓が休養になり非常に残念だし、心配。まぁしっかり治してまた素晴らしい騎乗を見せて欲しい所だね」

とのこと。また

「本命だったレッツゴードンキは落馬の影響があった故、仕方ない敗戦だったが、勝ったヤマニンアンプリメの武豊騎手の騎乗はさすがの一語。あの浦和であそこまでしっかり脚を溜められるのは騎手の腕。2着のゴールドクイーンは左回りの影響はあまり感じさせなかったも、落馬の恩恵(言い方悪いが)があったのは事実。」

JBCスプリントに関しては、

「コパノキッキングは強かったが、武豊騎手のファンタジストの先行策に、コパノもノブワイルドも大きな影響を受けた。またミスターメロディは浦和の砂が合わなかった面はあるが、JBCレディスの落馬の影響が鞍上にはあったのかな?ただノブの出っぱの速さからあそこで引くのは常道。とはいえ逆に上がって行くのは早過ぎた印象も。というか、結局は乗り慣れた御神本騎手が見事な騎乗っぷりだった。また地方特有の前傾ラップ故、前走東京杯1200mから距離延長の馬が好走したね!」

って。ついでに長くなりますが天皇賞秋については

「ダノンプレミアムとアエロリットの走りは近年の天皇賞秋でも最強クラス。それを難なく内から差し切って突き放したアーモンドアイは歴代牝馬最強で良いでしょう。あの馬を東京2000mで倒すにはトウカイテイオーにオグリキャップ、ナリタブライアンにディープインパクトにエルコンドルパサーにグラスワンダーら、歴代最強クラスが必要。テイエムオペラオーやオルフェーブルはカテゴリが少々違うと考えているので最強クラスではあるも東京2000mではないかな?」

って。ダノンプレミアムならもう少し抵抗できるかなとも考えていたようです。ちなみにサートゥルナーリアはオヤジさん曰く懸念していた手先(繋ぎ他)の面からも、もっと緩いというか重い路盤の方が良さそうだけど、回りは関係ないとは思うけどねって。また地下馬道で入れ込むタイプなのかも?とも。ただ同馬のキャラであって評価としては3歳牡馬最強というのは変わりないって。先週の回顧が長くなってしまいました。ではエリザベス女王杯dayのオヤジさんのボヤきに行ってみましょう。

福島11R GⅢ福島記念

本当は取り上げるか迷ったレース。というのも、例年よりもメンバーが揃った感。例年ならローカル専門馬中心も上級重賞でも好走する馬が数頭登録。指数的にはミッキースワロー、メートルダール、ステイフーリッシュ、デンコウアンジュが上位形成。差なく次点にカンタービレ、マイネルファンロン、クレッシェンドラヴ、レッドローゼスと続き、少々差があるも指数を上げているのにアロハリリー。ハンデ戦ではあるが基本的には指数重視で問題ない一戦とは見ている。データや適性面からクレッシェンドラヴが人気している。昨今のファンは、トラックマンの印無視で、こういった面をしっかり見ている。以前なら馬柱から他の馬が人気しそうだが。ココはそのクレッシェンドラヴが馬券の中心で良いと考える。相手にはマクりコースが庭のミッキー!同馬はコース形態は選ぶが斤量泣きはしない。あくまでも相手関係次第と見ている。他では右回りではあるも、この相手なら期待できるメートルダールが単穴。後は指数的には少々足りないも伸びしろ期待のアロハリリーが☆。最後に番号になるが、⑤⑥⑧⑨の気配良好な馬をピックする。

京都12R

良くも悪くも、やや乱立したメンバー構成。この所、このクラスの分析が甘いこと、了承願いたい。正直、鞍上が不安ではあるが、馬が自身の力を発揮すれば負けられない⑮から入る。指数的にも⑮①⑥④が上位で、次点に⑧⑦⑤⑨。⑩は近走好走から人気するも、競馬オヤジ指数的には次のクラスのTOP。鞍上は魅力ではあるが…。さて⑮の相手には人気サイドで申し訳ないが⑥だろう。新馬戦後、かのカリスマオーナーブリーダーの岡田牧雄氏が高評価をしていたし、前走の指数も上々。現状、ダートの短めがベターも能力はまだまだ上を目指せる器で、パドックの気配良ければ本命と変える可能性。他で積極的に狙いたいのは①④⑤⑧⑨辺り。もちろん指数上位の馬で気配良好なら抑え必須も、人気サイドから入るが故、ピックした馬の薄い所が来るのを期待したい。

東京12R

オマケ的にコメントする。ココは指数TOPの②から入る。ただ相手が難しい。こういったレースは気配重視にするが故、パドック次第も、現状、積極的に狙いたいのは③⑥⑨⑩辺り。人気する⑬は久々のダートという面もあり、アッサリがある可能性も抑え。⑪は1400~1600の脚抜けの良い馬場の方が良さそうで、同馬も抑えか!?ならば前走強かった④や単騎逃げ濃厚な⑭の気配次第で。

京都11R GⅠエリザベス女王杯。

まず今年からの降級制度廃止により3歳有利になったも、恩恵があったのは初秋までの下級クラス。どうやら今年の3歳馬の層はそれ程厚くなさそう。データ的には4歳馬も微妙な所ではあるが、個人的には強過ぎる馬がいた故のこと。牡馬に関しては層は厚いが体質他に問題ある馬が多い感。3歳牝馬ではラヴズオンリーユーの能力が抜けている。2戦目で既に重賞級、3戦目ではGⅠ(牝馬クラシック)好走の指数を既に出し、オークスでは1頭だけ抜けていた。というのも残り400~150の瞬発力は相当で、外を回りながら1頭だけ違う脚。先頭に立ってからは抜かせないようにしていただけで見た目以上に余裕があったと見ている。仕上がり自体も、ブラフのない厩舎(調教師)が自信のコメント。休養明けの心配は薄い。蹄の不安で秋華賞回避との報も、右前の接着装蹄がそれか?多少の割引は必要かもしれないが…。人気馬で申し訳ないが本命は同馬を!

相手にはかなり迷う。というのも、人気のクロノジェネシスは前走の秋華賞で成長の跡というようなコメントを散見。ただ個人的には春と大きな変化はあまり感じなかった。指数的にも2~3歳初頭の指数から大きくは伸びていない。前走は好騎乗はあったが、展開や仕上げ他、上手くいった感も強い。また叩き良化というよりは使い減りしそうで、2走目は掛かる気配も。相手には迷った挙句、指数上位馬から入る。ちなみに指数順は

⑯⑪⑧②が上位でGⅠ級。次点(上級重賞級)⑧⑩⑤⑰④③。

相手には枠と距離経験には目を瞑って、目下の充実度を買いスカーレットカラーを!個人的には使える脚が短いことと、母方の血から京都外回り2200mは不安先行も、調教の動きは抜群。本数は少ないも馬が仕上がっている証拠。この所、息子のJRAデビューでフェア過ぎる騎乗の岩田康騎手だが、同馬を勝たすには内が開く京都外回りのイン突きを決行の可能性。

単穴にはこの条件抜群の⑥を!決して2度あることは3度あるからではない。主戦の戸崎圭騎手が乗れないのは残念も、藤岡佑騎手はクレバーで当たりが柔らかく、この手の馬の折り合いは上々。馬も好走例の少ない6歳ながら、馬体の充実度はむしろ上がっているのでは?と思わせられる。今の少々重い路盤も同馬には向く。

☆は鞍上から無視できなくなったラッキーライラックを!ラフだなんだ言われるも、今の日本で騎乗している騎手の中で馬を操る技術は間違いなくTOP。来週以降、ムーア騎手やデットーリ騎手(来ない?)やビュイック騎手がくれば同等レベルが増えるも、現状太刀打ちできるのはルメール騎手、武豊騎手他数名のみ。ハミ受けの難しい馬をピタリと折り合わせたり、メンタルが不安定な馬でも上手く操る。同馬については以前から言っているが、ラスト400の勝負所で瞬間移動のような一瞬の瞬発力で他馬を置き去りにするのが勝ちパターン。ただ陣営の弁だと、臆病とのこと。また調教でも、ムチを打つなと言わんばかりに尾を上げて走っている。気難しいオルフェーブル産駒をどう操るのかは見物。ただ先週のサートゥル同様、同馬の繋ぎも短く立ち気味。その他の馬体が優秀故、速い時計への対応もできるが、この所勝ち切れないのは、最後のひと踏ん張りやラストのラップでのスピードが足りない可能性(残り400からの一ハロンで瞬発力を使ってしまう故)。距離延長もプラスとも思えず、この人気から元々は買うか迷っていたが、この鞍上から評価を上げたという所。

注には追い切りの動きが気になったサラキアを!もしかしたら母方の重厚な血から距離延長がプラスになるかも?また⑥とどちらが行くかは不明も、差し有利な馬場とはいえ前残りは十分考えられる。馬体もいよいよ充実気に入った印象でNFの期待馬多数入厩の同厩舎としても、人気関係なく大きな勲章という結果が欲しい所でしょう。

△1にはウラヌスチャームを!鞍上人気で旨味薄いも、長い脚を上手く引き出すのは間違いない。ただこのコースが合うかは微妙。好走も上位争いの1頭という気もする。

△2にはには③を!ココが左回りなら、もっと評価を上げた同馬。ただやや厚ぼったい皮膚感からも叩き良化タイプは明確で、距離も合っていて良い。繰り返すが課題は右回りになるだろうが、厩舎力抜群の斉藤誠厩舎が手をこまねいているハズはない。

△3にはポンデザールを!現状、洋芝の長めの距離ベターも、4連勝などはなかなかできるものではない。経験のない前半のラップに付いて行けるか?やこの斤量(6㎏増)がポイントにはなるが、良血故、終わってみればということも。

△4にはクロノジェネシス。前述の通り2~3歳初頭の指数が優秀。既にGⅠ級でもあった。早熟の可能性はまだ感じているが、だとしてもこの力を維持していれば十分勝負はなる。ただ同馬の場合は中3週の叩き2戦目というのと距離延長はどうしても気になる。使い減りするタイプで、小回りというか、周回(円にちかい)コース向きの感も。能力を評価しているがオッズからこの評価に。

フロンテアクイーンに関しては昨年、高評価も個人的には、前哨戦などでは高指数叩き出すもGⅠでは厳しいタイプと見て今回は無印予定。馬は好きなタイプで応援はしたいのですけどね。パドックで物凄い気配なら。

馬券はオッズ次第で馬連も入れる予定。ただ今年は古馬も3歳馬も勢いがある馬が少なく、本命馬の頭固定3連単は買いたい所。穴狙いの人やデータ重視の人は休み明け故、スタミナや折り合いの不安からラヴズオンリーユーを軽視するだろうが、終わってみればモノが違うという可能性(2,3戦目の時点から競馬オヤジ的には成長すれば他馬とは差があると見ていた)。買い目は多少多くなるが、ピックした人気薄い所を積極的に狙いたい。

こんな感じだそうです。いかがでした?参考になりましたでしょうか?オヤジさん、今日は人気無視して状態の良さそうなのを買った方が良さそうだよって。やっぱり牝馬は充実度なんでしょうね。ただ、連下に実績馬が多いからなぁ…。のっかるか迷っちゃう。ではGⅠエリザベス女王杯、素晴らしいレースでキッチリ馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji