マイルCS2019!競馬オヤジのショボいボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今日は京都競馬場でマイルCSが行われます。オヤジさんはどういった見解なんでしょう?追い切りや適性から印、多少変えたよって言ってました。では早速、行ってみましょう。

まず、外国人騎手の多数来日により、条件戦でもノーザンファーム中心に有力馬が多く出走。指数的には上位拮抗のレースが多い感。こうなると馬券的には本命党向きになるも、意外と騎手や展開という要因に左右されやすくなるケースが多々。騎手や陣営が意識し過ぎたことで、大荒れなんてことも。印云々よりも上位馬のBOXベターという考え方もあるんですよね。よってピックしたレースも参考までにということでよろしくです(笑)

福島11R

指数的には⑦①⑫⑨③⑤。次点馬は④も他はやや差があるが、ハンデ差はあまりなし。力差はないとの見立てか(ハンデキャッパーが)。好枠引いた①が今売り出し中の乗れる若手を背にスンナり先行っぽいも、小回り&若手騎乗で意外と周りが絡み速くなる可能性。この騎手は早々に厩舎所属からフリーになるも、本人の問題というよりはという感じとの報。その後の乗鞍見ても(乗せてもらっている)確かにその可能性。若手の中では腕も度胸もある。じゃあ本命か?と言われれば、ココは別の馬から入りたい。福島補正すれば指数的にも更に上にくる➂はおもしろい存在も⑦⑨も捨てがたい。一応➂からの予定ではあるが、ローテに若干の不安もあり、一応仕上がりは見たい。この3頭が◎〇▲で直前の気配、オッズを見て決める。他では⑫と前述の①にこの所、指数下降気味も力はある④。正直⑤にもチャンスがありそうも、穴ならば鞍上人気するが⑥か!?

東京10R

赤富士S出走馬と2勝クラス勝ち上がり馬が人気を分ける一戦。この条件は得手不得手が割と分かれるが、馬場(良か重か)や展開面に左右されることは多々。指数的には③⑪④⑨が上位形成。ただ③は鞍上の乗り替わりが懸念。次点馬は⑤⑥②⑮で十分にチャンスがある。ハンデ戦ではあるが、それ程気にしなくて良さそう。あくまでも馬券の軸というならば⑪がベターか!?相手には人気サイドにはなりそうも⑥④⑨の赤富士S組中心に。他では叩いて良化の②に指数上位の③。人気の⑮は一応の抑え。

京都11R GⅠマイルCS

京都の11月(開催後半)Cコースという補正を入れなければ、ダノン2頭が指数的には完全に頭1つ2つ抜けている。1番人気のダノンプレミアムはディープ産駒にしては母方の影響が筋肉の質に出た印象で、こういった収縮力の強いタイプは使い減りよりも、勤続疲労による硬質化の方がアウト。中2週を心配する声もあるし、正直不安は拭えないが、個人的にはこの中2週がプラスに出ると見ている。というのも、使い続けると硬くなる故、調子の良い時なら間隔が短くてもというジャッジ。一方のダノンキングリーはココメイチの仕上げ。1週前、当週の秀逸な追い切りの動きからどちらを本命にするかは迷う。皐月賞の走りから今の京都の荒れ馬場も問題ないだろう。未知数はやはり輸送とコース形態ということ。ペース自体はスロー確実もその中でどの程度流れるかによって買い目は変わるが、この2頭への影響は少ない。しいて言うなら、ダノンキングリーが内枠で出遅れなければという程度も、同馬はゲートの問題は少なく鞍上も上手い。この騎手は競馬オヤジ的には現役騎手で天才度は明らかにTOPで馬乗りとしての技術は外国人騎手と戦える数少ない日本人騎手。馬が好き過ぎて無理させないらしいが、勝負が掛かった時の手綱さばきは冴える。元々、ココはダノンキングリーで勝つ予定を立てていたと予測される馬主さんだが、1つ上のプレミアムの種牡馬としてのハクを付けるための出走なのかは不明も、万全を期してきた感。他の馬含め、一応の短評を!

①ダノンキングリー 単純指数は既に古馬GⅠ級。輸送他の懸念はあるがまともなら。

②グァンチャーレ 単騎で行けてどこまで?使う脚にクセがあり鞍上は把握もGⅠでは入着までか?

➂マイスタイル 距離云々よりも、明らかにラップが重要な同馬。ミドル以上で粘り込むのが好走パターン。ならば自らペースを造るか?

④レッドオルガ この一族は東京の申し子。指数的にはそこそこもこのコースは果たして。

⑤インディチャンプ 母方の祖母トキオリアリティーはキャラと形相的自己主張が強い気がしますがどうでしょう?基本、気性面含め1400~1600ベターとの感。前走1800は前半ユッタリさせたいが故?鞍上は勝負強さが謳われるも、大阪杯や菊花賞(ブラストワンピース)での騎乗は酷い。外国人騎手多数でもありスキがなく、馬の気性面も難しい。指数は上位ではあるが…。

⑥フィアーノロマーノ 緩い路盤の周回コース、ミドルラップ向き(中山)。荒れてきた馬場は向くが、後半勝負のキレる脚はなく、その使い所も難しい。

⑦ペルシアンナイト このレース補正をすれば十分チャンスはある。前走に復調の気配も。

⑧プリモシーン 輸送と回りに不安も。指数は高いが、牡馬GⅠ級との対戦ではメンタル含めどうか。

⑨クリノガウディー そもそものポテンシャルはかなり評価しているが、完成度的にどうか?前走も苦しい位置から善戦はしているが、逆に脚が溜まった可能性との見方も。

⑩アルアイン 鞍上はかなり魅力も前走の敗戦と今回の追い切りの動きは何とも…。

⑪カテドラル 3歳馬ながら馬体からは既に硬質化の可能性。鞍上のレジェンドが新味出しそうで怖いが、指数からは買えぬ所!馬群okで混戦向き。さて。

⑫モズアスコット 本質的というか、この所の印象からスプリント寄りの感。指数自体も近走は、中の上安定でこのメンバーだと微妙な所。鞍上がフランキーだったらどう乗ったのか?というのは思ってしまうが…。

⑬タイムトリップ 前走は好走も、レースレベル自体はGⅠで勝ち負けするかは微妙。マイルの距離も長いか。

⑭ダノンプレミアム 指数的には不利なく走れば勝ち負け。直前の気配で、入れ込みとコトコトと馬体の柔軟性がなかったら要警戒。

⑮ダイアトニック 馬体的には距離短縮の方が合いそう。ただ前走の走りから、鞍上は手の内に入れている。また京都は5戦5勝で前走も後掲ラップ。スローの瞬発力勝負ならば見直しも。

⑯エメラルファイト 指数的に少々足りないも、鞍上共に意外性も秘める。

⑰レイエンダ 大外は同馬にはプラス。というのも馬群の外を走りたいタイプ(4角)の可能性。マイルは少々忙しいも、今走からB装着で行きっぷりが変われば!身体能力は引けを取らぬとの想定。指数的には次点!

総評~っす!

調教でジャッジする競馬オヤジではないがダノンキングリーの調整過程が素晴らしく良く見えた。話は逸れるが、基本、指数からくる能力値と過去走と馬体中心に判断するキャラを軸に、血統そして調整過程に人的要因(騎手や厩舎 または思惑)、最後に一応のデータというのが判断材料。比率は特にないが、指数とキャラが中心でジャッジはしている。

ダノン2頭のどちらを上に取るか?が、ポイントも、2頭共、好走の可能性はかなり高いも頭鉄板か?と言われれば何とも…。直前の気配見ない現状では馬券の中心という考え。今回、評価したいと考えているのはやはり4歳勢。その中でも中距離適性というか、スローからの上がり800を如何に速く走る底力があるか?がポイント。

繰り返すが、そう考えるとダノン2頭評価は人気でも仕方ない。ココはご容赦願いたい。

単穴にはレイエンダを予定。ワンターンの1800ならもう少し人気になったかも?前進気勢を促し、他馬を怖がらないようにという意味でのブリンカー???この厩舎の戦略的措置でもあり、警戒したい。

☆にはダイアトニック。やはり鞍上!とにかく手綱の操り方は日本人騎手ではほとんど見ない程達者。また馬とのコンタクトが抜群でしっかり走らせる。ブエナビスタ・JCでの斜行は海外ならセーフとジャッジする人もいる。基本というか日本のルールではラフだが、馬乗りとしての腕は相当。名伯楽として長らく活躍された松田博元調教師曰く、

「あんなに馬乗りが上手い騎手は見たことがない」

とまで言ったとか、言わなかったとか。この調教師は様々な噂(良くも悪くも)があるが、騎手に対する考え方は秀逸で厳しいらしい。有力と判断し、自身に指名権がある場合に乗せてきた騎手は皆達者。現役時は武豊騎手(後半はやや絶縁気味)や安藤勝元騎手に横山典騎手に川田将騎手が中心(有力騎手ばかりと突っ込まれそう)。

話戻すが、馬自体は距離短縮の方が良さそうな馬体も整ったシルエット。スプリンターの場合は、シルエットに伸びがなくてもokで重心も低め。肩の傾斜が立ったピッチタイプも多く、筋肉量は多めで多少なら堅くても大丈夫。その中でバランスよりも大きそうなスケールというか見所がどれ位あるかもポイントになる(更に見るべき部分はあるが今回は割愛する)。指数的にはまだ伸ばす必要はあるが、前走、前々走の上がりの脚は脅威。繰り返すが、伸びはないが好バランスで整ったシルエット。3走前は負けたが、中山でのこと。京都でこの鞍上なら無視できない。

注はマイスタイル。但し条件も。同馬はミドル以上の厳しいラップでこそ、その持続力や根性が活きる。某大手牧場の生産ではない雑草魂に火が付けばというようなイメージの、肉を切らせて骨を断つ走り。鞍上が腹を括って②のドスロー逃げなどさせずに「来るならきてみろ!」という走りをすれば前走の感じからひょっとしても。

△1にはペルシアンナイト。ブリンカーは2走目こそという人は多いが、同馬にとっては効いている印象。前走はキャラ的に合わなかっただけ。競馬オヤジお気に入りの騎手、O・マーフィー騎手だが、京都で同馬ということであれば、元主戦の方がとも思えてしまうがどうか。

△2にはインディチャンプ。やはり主戦の福永祐騎手じゃないことと、本質的には1400~1600と見ている且つ、東京向き。安田記念はもちろんだが、京王杯など走らせてみたいタイプでは?気性的にも難しい所があり、福永祐騎手で上手くいっていたのは当たりが柔らかく、戦略的に仕上げ騎乗する騎手だから。今走の池添謙騎手は達者で勝負強さはあるが、感覚的に騎乗している印象も強く、後手に回ることもしばしば。先に述べたブラストワンピースの菊花賞や大阪杯は典型で、どちらも無駄なく進路取りした人馬が連対している。個人的には相性が良い騎手ではあったが、この2走は評価させてもらっていた故、レース後は正直、ガッカリ×100倍位はあった。絶対能力が高い故、無視はできぬという所。指数的は補正しなければ4番手。ただキャラと急な乗り替わりによってこの評価に。もちろん人気サイドから買うが故にオッズを意識したのは否めない。抑えの予定。

後は⑨⑩⑫が気配抜群なら(最高の仕上がりと気配)という所。馬券の種類は悩むが連系(馬単や3連単ではなく)で1点の投資額を増やすかも。先週のエリザベス女王杯の結果を受けて、京都巧者は評価すべき。ただ今回はフレッシュさを意識したという感じ。馬齢だけではなく、このカテゴリに挑戦してきた馬という面も含め。

こんな感じだそう。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?ではGⅠマイルチャンピオンシップ。素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji