先週の回顧とジャパンカップ2019!についてのオヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。先週の馬券成績はいかがでしたか?オヤジさん、マイルCSに関しては、大反省もありますが、オヤジさんなりの主張もあるようです。まずはそれから行ってみましょう。

GⅠマイルチャンピオンシップ インディチャンプ号 優勝!

おめでとうございます。

音無秀厩舎 池添謙騎手

シルクレーシング ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.33.0 勝ち馬上がり 33.9

ペース判定 スロー レース上がり 34.2

12.5 11.2 11.6 11.9 11.6 11.5 11.0 11.7

ステイゴールドの産駒って、気が強いというか、気性がそこそこまともなら、レースに行って圧の強い馬群でもしっかり走る馬が多い印象。あくまでも印象ですけどね。もちろん、インディチャンプ自身が強い馬ではあるのですが、あの位置取りでキッチリ折り合っていました。また池添謙騎手の騎乗も素晴らしかった。個人的には以前より相性が凄く良くて頼りにする騎手なんですが、ブラストワンピースの菊花賞(コレは仕方ない面はありますが)や大阪杯の騎乗は微妙。ダービーに関しては菊花賞同様仕方ない面はありましたが、彼の専売特許、勝負強さがいよいよ影を潜め始めたのかな?と。ただ今回の騎乗っぷりはさすがでしたね。買いやすいタイミングとしてはむしろ他の騎手、特に先輩騎手のお手馬に代打騎乗した時。無理せず、丁寧に騎乗しているのでそういったケースの方が良いのかも?馬の仕上げも素晴らしかった。インディチャンプの母の母。トキオリアリティーは名繁殖牝馬ですね!産駒にはリアルインパクトやネオリアリズムなどがおり、産駒的(系統)には競馬オヤジにとって相性の良い系統なんです。ですが、今回は読み間違えました。しかも、馬券も痛恨のトントン。う~ん…、ショボい。このサイトを閲覧いただいている方々、スミマセン。関係者の皆さま、おめでとうございました。

さてまず基本的な部分から。今回のレースレベルとしては少々低め。勝ち馬と3,4着馬はおよそ、自身の指数では走っています。指数が高いと、紛れが少なくGⅠらしく能力通りに決まるケースが多々。今年の天皇賞秋は適性差は出ましたが、そういった面ではGⅠらしいGⅠと言って良い指数でした。さて問題はダノン2騎で、自身の指数程走れていません。ダノンプレミアムは2着なので一番人気としての役目はまぁ果たしたも、やはり天皇賞秋激走の影響が強かったのかな?ダノンキングリーの方は、輸送の影響との報。パドックではそれ程悪くは見えなかったんですけどね。競馬オヤジの目が曇って来たのかな???また3歳馬のレベルという声もあります。確かに全体的に言えば、1つ上の世代と2つ上の世代のレベルは高い!特に牝馬の。現3歳世代は例年通り程度(やや低いかも)。全体的に早熟化傾向も、秋の重賞で古馬に跳ね返されているのは、世代的に少々心配ではありますね。単純指数の場合、ダノン2騎が抜けていたんですけど、週頭にマイルCS用に補正した指数の方が正しかった。追い切り他で変え過ぎたのかもしれません。反省ですね。

今週のジャパンカップではそういったことが無いようにしたいと思います。

ちょっとしたデータ!

3~5歳優勢。特に人気で勝ち切ってきた3歳馬は軸に最適。外国人騎手騎乗馬要注意。内枠、特に1枠が好成績。単純に東京巧者が強い。

ポイント

このレースに順当に駒を進めて来た馬が今年はいない。世代交代と取るか?2番手クラスの使い分けの総決算と取るか?ノーザンファーム産が大半で、厩舎・オーナーにも偏りが。

オヤジの付けている指数(数字は順位 ↑は馬としての伸びしろや鞍上 コース他適性で補正 近走状況も考慮)

SS スパーホース 

S GⅠ級   ①レイデオロ ②シュヴァルグラン ➂ユーキャンスマイル↑ ④ラヴズオンリーユー(不出走?) ⑤ワグネリアン ⑥カレンブーケドール ↑

S下 上級重賞級 ⑦ムイトオブリガード↑ ⑦ルックトゥワイス ⑨スワーヴリチャード ⑩ダンビュライト ⑪エタリオウ

A上 重賞級 ⑫マカヒキ ⑬ジナンボー ⑭タイセイトレイル

A 重賞出走級 ⑮ダイワキャグニー ⑯ウインテンダネス 

A下 OP超級 

B OP出走級

B下 3勝クラス超級(準OP超級)

C 3勝クラス級

C下 2勝クラス超級(1000万下超級)

D 2勝クラス級

D下 1勝クラス超級(500万下超級)

E 1勝クラス級

E下

出走馬のキャラ他

ウインテンダネス 6歳牡馬 栗東杉山晴厩舎 田辺裕騎手予定

東京2500mの巧者。落馬などの不運もあるがいよいよ衰えも否定できぬ。父は超晩成のカンパニーだが、こういった血統の馬は一端勢いを失うと盛り返すのは容易ではない感。

エタリオウ 4歳牡馬 栗東友道康厩舎 横山典騎手予定

現役最強の1勝馬!?写真を見る限り馬体的には長距離というよりは、という風にシフトしてきた感も。肩の傾斜も立ち気味で繋ぎもやや短くバネ感は少々薄い。基礎能力自体は高いも、そういった面が日本の硬めの路盤でメンツが揃うGⅠなどの上級レースでは最後のひと踏ん張りに繋がらないのかな?血統面にはそれ程詳しいオヤジではないが、母方はやや淡泊な印象。現状、相手なりな所はあるが気性面等、難しさも出てきた可能性。早熟の印象は薄いので、血統通りのキャラ変の可能性を感じますね。とはいえ相変わらずのステイゴールド産駒。どこで再覚醒するか、もう少し待ちたい。

カレンブーケドール 3歳牝馬 美浦国枝栄厩舎 津村明厩舎

しなやかな首に手先の軽さ、薄い蹄に筋肉の繊細さなどディープ産駒らしさもあるが、母方の影響が強い印象。背と下腹のラインやシルエット、筋肉がややタルめな所などから瞬発力は微妙で中距離のワンラップホース。とはいえ東京のような軽い路盤での時計勝負が庭!季節的に徐々に冬毛が出始めているため見えにくいが、銭形が浮き体調は良さそう。

シュヴァルグラン 7歳牡馬 栗東友道康厩舎 C・スミヨン騎手予定

一昨年のこのレースの覇者。今年は海外なので力関係は図りにくく、同馬の基本指数もやや分かりにくい。そもそも、イギリスの馬場が合うか?は、微妙で本質的にはこのコースは合う。相変わらず、皮膚が薄く筋肉の硬質化もそれ程感じさせないのは素晴らしい。胴、四肢は伸びがありやはり距離はそこそこあった方が良い体型。以前から言っているが、四肢の回転で走るタイプで、背と下腹の感じからも長く良い脚を使う。さすがに7歳なので、上がり目は厳しいもスミヨン騎手を確保して陣営からはヤル気が感じられ仕上がりも良さそうだが…。

ジナンボー 4歳牡馬 美浦堀宣厩舎 R・ムーア騎手予定

OP入り後、ローカルとはいえいきなりの重賞挑戦で差のない2着。勝ち馬は今走でも人気する。堀厩舎所属馬らしく、品のある馬体でまだ伸びしろもありそう。東京コースを中心に使っていることから陣営は適性高いと見ているのだろう。ただ過去走の印象から瞬発力というか、キレ勝負は少々微妙で脚の使い所もクセがありそう。経験や実績的に足りない面は騎乗予定のムーア騎手の腕に託すか?

スワーヴリチャード 5歳牡馬 栗東庄野靖厩舎 O・マーフィー騎手予定

ユッタリした造りの胴に、スラッと手先の軽い四肢。胸前やお尻の身入り、張りは素晴らしく、走るハーツクライ産駒の典型の1つ。毛艶もピカピカで状態は良さそう。フォルムはとっても良く見えます。が、逞しくもあったが、しなやかさがあった3~4歳夏頃に比べ、やや筋肉が硬質化し、軽い路盤でのスピード比べよりも、周回コース(円に近い)のやや緩い路盤でのパワー勝負向きにシフトしてきた感。個人的には右回り云々より(多少内にはササるが)ラチを頼りたいタイプに思えるのですがどうでしょう?鞍上は東京なら期待大ですし、昨年よりもメンバーは落ちた印象からチャンスも。

タイセイトレイル 4歳牡馬 栗東矢作芳厩舎 M・デムーロ騎手予定

成長もあるが、長めの距離にシフトしてから頭角を現してきた同馬。勝ち味の遅さはあるが、様々なコースで好走と対応力は抜群。元々は長めの距離のスタミナ比べ(Mペース)向きだったも、前走は瞬発力勝負にも対応し、更に一皮むけた感。まだ伸びしろを感じさせる。

ダイワキャグニー 5歳牡馬 美浦菊沢隆厩舎 騎手未定

東京の中距離巧者。というよりはそれしか走らないと言って良い程の成績。指数自体は低くないが、レースの格が上がるとコロッと負ける。気性面なのか何なのか?また使い減りするタイプで、フレッシュな状態の方が良さそう。

ダンビュライト 5歳牡馬 栗東音無秀厩舎 松若風騎手予定

右回りの中距離超に良績がありますが、馬体的にはやや体の線が縦型というか硬めで、胴も短め。馬格はまずまず(490㎏台)も、筋肉量が多いタイプという訳ではないも、筋肉自体はソコソコの柔らか味を維持しており皮膚も薄くて良好。2歳時は他馬に外から寄せられると怖がる面があったんですよね。加齢と経験で大分薄れてきましたが、圧の強い上級GⅠではプレッシャーの薄い位置取りが欲しい所では?またそういった気の弱そうな面含め、コンプレックスホースの匂いも。この面子ならすんなり先手を取って思い切った競馬を!

マカヒキ 6歳牡馬 栗東友道康厩舎 武豊騎手予定

相変わらず、伸びがあってしなやかな見所のある馬体の持ち主。以前から言っている通り、指数自体は中位安定。古馬になってからは自身の指数だけは走っています。ダービー馬ではあるが、基本的には軽めの路盤で周回コース(円に近い)のマクり競馬の方が合っていそうなんですよね。馬体自体が雄大なので非力ということはないでしょうけど、パワーに偏っているとも思えない。総合点は高いも、というタイプに思えるのですがどうでしょう?前走に続きレジェンド武豊騎手が騎乗するのはプラス大も後方から何頭交わせるか?

ムイトオブリガート 5歳牡馬 栗東角田晃厩舎 C・ルメール騎手予定

筋肉量は多く皮下脂肪がかなり薄いですね。代謝が良い証拠でしょう。フォルム的には特徴的で、腰高に曲飛というルーラーシップ産駒によく見られるタイプ。また肩の傾斜も独特な寝気味。筋繊維自体はやや硬めも、骨格自体の可動域が良好なのでしょう。ただそういった面から体調や得手不得手によって結果がマチマチになるのかな?また馬群にいると伸びないという報があった記憶があり、前走は鞍上の好騎乗。このコースは得意ですし仕上がりは良さそうもスタミナタイプの同馬には1ハロン足りない可能性。鞍上は魅力だが揉まれ込むのもマイナス。

ユーキャンスマイル 4歳牡馬 栗東友道康厩舎 岩田康騎手予定

友道康厩舎所属のGⅠ級らしく、四肢、胴に伸びのある馬体。フォルムや適性は母方の印象も父産駒の特徴である、徐々に筋肉量が増え力を付けてくる典型のようなタイプ。以前からこのサイトをご覧いただいている方なら分かると思いますが、中長距離のサウスポー。写真の加減なのかもしれませんが、前肢の蹄の角度が少々違うような。繋ぎは繊細でバネがありそうで時計勝負はok。前走の走りから充実期を迎えたことは間違いないのだが、形相的にもまだ変わってくる面もありそうで、完全な本格化はこの先なのかも?

ラヴズオンリーユー 3歳牝馬 栗東矢作芳厩舎 騎手未定

前走はさすがの同馬でも休み明けということもあり1つ上、2つ上の強い馬に負けてしまったということ。一叩きすればスタミナ面が変わってくるハズ。中1週故、陣営は慎重なのでしょうが個人的には今年のメンバーで東京2400ならば!と思ってしまう。

ルックトゥワイス 6歳牡馬 栗東藤原英厩舎 L・デットーリ騎手予定

牡馬にしては小柄で、適性距離は中長距離も独特なフォルムの持ち主。立ち姿の問題もあるが首が太く、胸も深め。かなりの前勝ちの馬体で重心はやや低め。トモの張りは上々も、先に述べたように首や胸前の逞しさに目が行く。常に速い上がりを使うが、本質的にはスタミナ豊富なタイプ。また前勝ちな馬は末が安定する印象。現状、格下感はあるが鞍上はフランキーで、相変わらず勢いのあるステイゴールド産駒。名門厩舎がメイチの仕上げで一気に覚醒の可能性も視野に!

レイデオロ 5歳牡馬 美浦藤沢和厩舎 W・ビュイック騎手予定

この所、不甲斐ない結果も海外遠征は不向きで、宝塚記念自体、馬場が合わなかったとの報。前走は先を見据えた仕上げで、鞍上も初騎乗で優等生騎乗だった故、一応の敗因はある。まだ終わったと見限るのは早計。筋肉量は多めで骨量も豊富。やや肩の傾斜は立ち気味も骨格の可動域も良好故、ストライドは伸びる。またこういった肩の傾斜は坂を味方にできそう。サンデーの血が入っていないからなのかは不明も、体幹面の強さや運動神経の良さをあまり感じないんですよね。その割に掛かりやすい所があり、折り合いが難しいタイプ。ビュイック騎手はやや剛の印象が強いも、どう乗るのか非常に興味深い。

ワグネリアン 4歳牡馬 栗東友道康厩舎 川田将騎手予定

パッと見は相変わらず華奢に見えます。馬格は中位(460㎏超)も骨太ではなさそうで、割と細身。でもそれでいて460㎏台というのは良質の筋肉をしっかり纏っているかななのでしょう。皮膚が薄く、骨格の可動域も良好。本質的には軽い路盤でスローからの後半の瞬発力比べ向きも使える脚は長い。そう考えると今回はかなり同馬向きの印象。両前肢とも接着装蹄だが、同馬は以前からそう。主戦の福永祐騎手が大事に育ててきた同馬。今回、鞍上は川田将騎手になるが渾身の仕上げで!

総評~っす!

正直、今年のメンバーは見慣れ過ぎた印象で少々新鮮味には欠ける感。また大半がノーザンファームの生産馬で、厩舎、オーナー的にも偏りが強い。引退された某騎手や穴党のファン等からは、社台の運動会って言われそう。ノーザンファームサイドの意向なのか、同じ勲章はいらないのか、体調の問題なのかは不明も、名実ともに現役最強且つ、日本競馬史上最強牝馬と言っても過言ではないアーモンドアイが出走していれば、ココも普通に勝ったであろうことは想像に難しくない。

さてタラレバをもう1つ。ラヴズオンリーユーがM・デムーロ騎手でココに出走してくれば、かなり重たい印にする予定だった。以前はかのエアグルーヴですらエリザベス女王杯からの中1週で出走するなど、興味は尽きなかったJC(格も高かった?)だが、先に述べたようなことも相まって正直、騎乗する騎手の腕比べと馬券的興味意外はかなり薄くなってしまったなぁと…。

オグリキャップはマイルCSから規格外のGⅠ連闘策でホーリックスとの接戦(当時の世界レコード)を演じ惜しい2着に!余談が長くなりますが、マイルCSではバンブーメモリー・武豊騎手の完全な勝ちレースをラスト100から最内を突いて差し切った脚は圧巻。勝利騎手インタビューで南井克騎手(現調教師)がオグリキャップの頑張りに男泣き!確かに経済動物である競走馬は高額ですし、日々の運用費もかなり掛かる。当たり前ですが、大切な命ですから関係者の方々も愛情をもって接されています。が、この所の競馬ではドラマがないなぁって。オグリのGⅠ連闘を見習えって言う話ではなく、そのオグリキャップの奇跡のの引退レース勝利や、トウカイテイオーの1年ぶりの復活劇など人知を超えたと思える程のレースがあったのも事実。話せばまだまだ出て来ます。先のラグビーワールドカップよろしく、にわかだろうが何だろうが、見る人に感動と興奮をたくさん与えてくれました。競馬オヤジも何度泣かされたことか。

ま、そんなこと言ってるから馬券の精度が甘くなるんだって言われそうですね。話を戻します。

今回のメンバーから、ラヴズオンリーユーが出走すればなぁっ…でもどうせ出走しないんだろうなぁって思っていた人は結構いるのではないでしょうか?指数的にも適性も、状態が良好ならば十分勝負になるんですけどね。また海外に行っちゃってる、古馬牝馬達でもいればなとも。外国馬の出走が望めない状況なので、せめて日本のオールスターで競馬を行って欲しいですね、JCと有馬は。昔の名前が多い、今回のJC。出走がほぼ確実な中で競馬オヤジが本命視しているのは、もうお分かりかと思いますが、ユーキャンスマイルの予定。前走の天皇賞秋でも馬券、ガッツリ買っていましたから。GⅠで、いやアーモンドアイや万全の状態のダノンプレミアムにアエロリットを相手にした高指数のあのレースっぷりならば、決してコンプレックスホースということはないでしょう。

相手にも親子丼のワグネリアンを!ただ同馬の場合は枠も重要と付け加えておきます。ダービーでは福永祐騎手が外枠からの先行策と、有力馬を内に閉じ込める好騎乗もやはり前走見る限り、好枠は欲しい所でしょう。少々敏感な面があるので、外国人騎手が多数騎乗するこのレースではその辺りもポイントになりそう。また福永祐騎手からの乗り替わりが話題になっています。福永祐騎手は騎手ながら馬の育成に関してもかなり達者!というか、現役屈指と言っても過言ではないでしょう。その福永祐騎手が懇意にしている厩舎と共に大事に育てている馬ですからねぇ。特にメイチ仕上げのGⅠで後先考えないで乗る外国人騎手騎乗となると…ですからね。今回は川田将騎手ですが遜色なしです。

単穴にはレイデオロ。もう終わったと見る向きもあるでしょう。ただ今回はビュイック騎手!本質的には折り合いの難しい馬なので、当たりの柔らかい騎手が多かったも、剛の印象も強いビュイック騎手が新味を出すのではないかと。剛と言っても、折り合い他、騎乗技術は抜群ですからね。相変わらず体幹面が良くも悪くも緩そうなので、現状は東京の方が良いのかも?

☆にはカレンブーケドールを!オークスの上位2頭の指数は結構良いですよ。また今の東京は単なるキレよりも、スピードの持続力が問われます。同馬にはピッタリ。後は怖いおじさん達に囲まれて怯まなければ。

注には鞍上の腕込みで、ルックトゥワイスを!シングスピールにアルカセットにファルブラヴでの騎乗には唸らせられました。またファンの間でも未だに語り継がれているジャパンカップダートでのイーグルカフェの勝利はこの騎手の凄さの証明でしょう。もうすぐ50になりますが、その騎乗っぷりは未だ衰えなんて微塵も感じさせません。じゃあ騎手がデットーリ騎手だからこの印?と言われそうも、いやいやこの馬、指数的に今年のメンバーなら十分馬圏内の可能性は感じさせてくれますから。本質的にはMペース以上でスタミナ比べが理想でしょうけどね。

さて問題はココからでしょう。

△1にはスワーヴリチャード。フォルムは相変わらず良好。ただどうにもパワー型にシフトしてきた気がするんです。最近は少々低迷している印象もあるデムーロ騎手ですが、彼の騎乗あってのGⅠ勝利なのは間違いない(大阪杯)。競馬オヤジお気に入りのマーフィー騎手ということと、昨年程度走れればという面で一応のこの印。

△2にはシュヴァルグラン。遠征帰りの7歳馬なので、現状はこうなってしまうかな?ただ状態如何によっては鞍上からも無視はできないかな?また1枠でも引いたら迷っちゃいますね。

正直、上位勢で決まるとは見ています。オッズ的にはやや堅めで収まるのでは?とも。後はとにかく枠ですね。展開面もどう読むか?でしょう。

こんな感じだそうです。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?オヤジさん、最近のJRAのCMから若いファンが増えないのだろうねって。オールドファンからするとイマイチなCMですが、とにかくライトユーザーでも良いからファンの分母を広げたい意向が見え過ぎるって。ただ現状、コンテンツとしての魅力も果たしてどうなんだろうとも。ユーチューブにあるオグリキャップやトウカイテイオーの走りは今でも感動するって力説しています。ま、年取って涙脆くなっている面もあるんでしょうけどね(笑)でもボクも見て感動しちゃいました。競馬に携わる人達は頑張っているんですけどね!特に何と言っても命を懸けて走っている競走馬達は。今回のJCでも素晴らしいレースが見られるといいですね!そして馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji