ジャパンカップ2019!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今週は東京競馬場でジャパンカップが行われます。出走馬はやや見慣れた顔触れにはなりましたが、騎手が凄い。ムーア騎手にデットーリ騎手、ビュイック騎手にスミヨン騎手にマーフィ騎手まだ揃いました。日本からもレジェンド武豊騎手に東の天才横山典騎手等を筆頭に有力騎手も騎乗ということで、さながら騎手の祭典のよう。オヤジさんにそう言うと、

「騎手の祭典言うなら地方の腕利きも呼ばないとな!」

と言われました。さてオヤジさんは誰のことを言ったのかな?さて今日はオヤジさんの都合で、ピックレースはかなり少な目になります。ご了承ください。それと重大なお知らせも!オヤジさん、ボチボチ引退したいとのこと。理由は様々あるようなのですが、続けて欲しいと説得はしているのですけどね。詳細はまた改めて。では行ってみましょう。

京都11R

指数的には上位拮抗で、なかなかの好メンバー!指数順は⑤⑦⑪⑧②③。次点に⑩⑬⑨と続く。前走も評価した⑤はこの枠で京都なら巻き返せる。鞍上も乗り慣れた幸騎手。他も人気サイドで指数順がやはり指標も、鉄砲の効かない馬は仕上がりチェックが重要。具体的には⑦に⑩辺り。逆に⑧はフレッシュな方が良い。⑤軸で⑧⑪は評価必須も差し競馬期待で、⑪は仕方ないも③⑬⑦辺りが来てくれれば。展開的にも微妙ではあるが、⑤⑧⑨が人気しそうでもあり、差し競馬で、美味しい並びを期待したい。

京都12R

荒れるレースでなかなか難しい。別定重量ながら京都開催の最終日のGⅠ裏開催というのが理由か!?GⅠ好走馬も数頭出走でやはり⑭が人気するか!?速く強いのは分かるし、前走からの間隔からも軽視禁物。ただ軸には⑬を予定。もちろん直前の気配は要確認。相手にはスプリンターとしてまだ強くなる⑥。⑭は頭まである単穴を予定。他ではこの条件が合う⑦辺りは買いたい。問題は3歳勢。元々、高評価していた⑰は3走前程度走れば勝ち負けも、近2走の淡泊さがどう出るか?メンタルが微妙も素質上位で陣営も工夫している。⑪⑫もこの条件は向く。⑮も同様だがさすがにこの面子だと、追い込み届かずの可能性も。ココまでこう説明してきたが、3着以内という括りではかなりの馬にチャンスがあると見込まれ、しぼった馬連で人気サイドでもやむなしだが⑭がコケれば!という買い方か、⑭が2着以下になる想定で手広くが馬券的にはおもしろいのかも?

東京11R GⅠ ジャパンカップ

多少の悪化は頭にあったも、ココまで雨で馬場が悪化するとは!?!?狙いたいメンバーをそこそこ変えたこと、了承いただきたい。

まず、本命候補には3頭。多くて申し訳ない。週頭にも評価したユーキャンスマイルとルックトゥワイスとレイデオロ。理由は以下の通り。

良馬場や稍重だったら、ユーキャンスマイルで迷わなかったが、同馬は繋ぎが繊細で長め。バネは良さそうだがこの馬場は果たして。また走法的にも、前肢を中心に伸ばす、よく言えばスマートなサウスポーというイメージで、前肢を開いて踏ん張りの良い走法(リスグラシュー辺りはそう見える)ではない。コレはかなりに気なるところ。後半のレースを見てのジャッジになるが果たして。逆にレイデオロは東京なら重い馬場でも苦にしない。終わったという向きもあるが、敗戦理由は明確。急上昇はルックトゥワイス。なぜ?フランキー?それもあるが、それ以上に同馬の場合は前勝ちのバランスで、またバランス的に(バランスバランスって変な説明で申し訳ない)四肢が短く見える。馬柱だけ見ればキレる長い脚のタイプに見えるが、なかなか勝ち上がれなかったのは、こういった体型なので、バテないが、末脚の長さや使い所にクセがあり上手く引き出すのは難しいタイプの可能性。それをGⅠで乗りこなせる騎手を配し、ローテも前走を叩いてという感じ。陣営が狙いすましているのが分かる。但し、ルックトゥワイスの場合は、3着以内という馬券の買い方を推奨したい。

上記3頭の中では全出走馬の中でも実績上位のレイデオロが最も買いやすいか!?

他の馬の短評を。

カレンブーケドール。評価自体は変わらないが、パワー必須の牡馬を優先した。また少々人気過剰の印象もある。△2

ワグネリアン。同馬も評価を下げた訳ではない。ただ常に接着装蹄の同馬には、GⅠの大舞台ではやはり良馬場の方が向く。過去悪化した馬場で好走あるも2歳時のモノ。また天皇賞秋からのローテも短過ぎる印象。不安あるも1番人気というのも…。△1

ウインテンダネス。重馬場巧者だったら話は別だがこの所の成績では…。

ムイトオブリガード。前走は休み明けも好仕上がりで鞍上も好騎乗。

スワーヴリチャード。今回、鞍上のスイッチで馬に刺激になればと思ったが、チーク着用で更に最終追いも坂路に。馬体評に関しては週中のモノを参照願いたいが、陣営がココまでパターンを変えてきたことが吉と出るか凶と出るか?

ダイワキャグニー。典型的なOP大将でホームコースでしか走らないタイプ。重賞では荷が重い。

ダンビュライト。無類の重巧者!番手から抜け出すプランがありそう。コンプレックスホースと見ているがこの馬場を利して、有力馬から離れた前で競馬し粘れれば。△3

シュヴァルグラン。追い切りの動き、鞍上から7歳馬だからと舐められぬ。注

タイセイトレイル。伸び盛り!血統的には重が向く可能性も!?

エタリオウ。繋ぎがやや短く手先のバネをあまり感じない。上級重賞での惜敗はコレが理由の1つと見ている。が、今回の馬場なら評価せざるを得ない。また紙上の情報ではブリンカーをクラシック時の深いモノに戻すとの報。母方の血は気になるが、父の再覚醒の可能性も!☆

マカヒキ。指数的には中位安定。重が良いとも思えぬタイプで、むしろ一旦リセットして、マイル辺りを使ってみたらと思える程の坂路の動き。

ジナンボー。鞍上は怖いが指数他、相当伸ばさないと厳しい。不良馬場での好走があり、良血馬だが勝利経験のないこの距離への延長とプラス3㎏の斤量もどうか!?

総評~っす!

午前からの芝のレースでどういった馬場なのか?の確認が必須。保険を掛ける気はないが、馬場の状況如何によって本命馬を変える予定。気持ちの上ではユーキャンスマイルが本命というのは変わらないも、他の本命候補2頭と☆注含めた馬は馬場の重さで順番が変わってしまう。特にレイデオロに関しては、競馬オヤジ的にも見誤っていた面がある。同馬はキンカメ産駒故、これからまだ筋肉量が増え、体が加齢で硬くしっかりしてくると見ていたが、相変わらず良くも悪くも緩めの体幹。やはり助走距離が欲しいか。とはいえ前肢の出方というか肩の感じから坂がプラスになると見ている。成長度に関しては見誤ったというか、分からなくなったというのが本音もキャラ的にはここまでの感じのままなのだろう。馬場が悪ければレイデオロかルックトゥワイスに変更するかも?また軸固定をせずというパターンも頭にはある。その場合はガミらないよう、頭数を絞る。

それと戦略的に出たスワーヴリチャードとエタリオウで評価を変えた。スワーヴリチャードに関しては新味を出そうという戦略で、エタリオウに関しては良かった頃に戻してきた戦略。個人的には後者の方が良かった印象でまた、この馬場も向きそう。

シュヴァルグランに関しても昨年のような時計の出るパンパンの馬場ならさすがに7歳では厳しいと見るが、底力重視の重い馬場!データで6歳以上は厳しいという馬齢を意識し過ぎない方が良い可能性。

①②に関しては、好枠と見るかどうか?も難しい馬場になった感。またどの騎手が馬場が読めているか?も重要なので、事前のレースをしっかりチェックすべき。

こんな感じだそう。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?オヤジさん、馬場がキモだって言ってました。事前のレースをしっかり見た方が良いって。それとココまで馬場が悪いと、底力がモノをいうからGⅠ実績と血統が重要になるねって。ではディープインパクトメモリアル、第39回ジャパンカップ。素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji