チャンピオンズC2019!追い切り他を見て競馬オヤジの直前ヘッポコ補正。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺担当のウマンです。今日は中京競馬場でダートのGⅠチャンピオンズCが行われます。この所、補正が上手くいっていないというオヤジさんですが、今回はどうでしょう?では行ってみましょう。

中山10R

この条件(年末開催3勝クラスの中距離ダート)指数自体は上位拮抗。そうなると展開利を意識したい所だが、そこそこ緩めでペースアップ自体がどこになるかやや微妙。ならば人気でも騎手の腕に頼ってみるのも一興。指数上位は⑫⑮⑦⑬⑧⑥。次点が➂⑨⑩⑯と続き、次点という程、実は差がない。軸には先に述べた騎手の腕から⑧が本命。少々、キャリアが浅い面は心配も一応の軸。相手には➂⑥⑨⑫の好位勢を絡めて指数上位の⑦⑬⑮を無視せずに組み立てたい。

阪神12R

棘のある言い方で申し訳ないが、今日、騎手が手薄なのは阪神。こういったレースだと、指数上位の馬の能力を活かせず荒れるケースもしばしば。陣営的にも騎手に変な指示を出している可能性もあり、その辺の勝負気配を読むのは難しい。指数的には⑪⑫⑦②⑨。次点に⑤⑥。ペースはH予想で差し馬突っ込みには注意したい。軸には⑫を予定。相手にも指数上位で決まるとは見ているが、中でも②⑤⑨の差し込みには期待したい。

中京11R GⅠチャンピオンズC

まず今回は枠が大きなポイントで、終わってみればということになりそう。この枠に入った以上、インティは行くしかないだろう。陣営もそうコメントしているし、鞍上はレジェンド。日本人騎手でレジェンドが逃げる時、忖度するケースはまぁ・・・、ある。それを気にせず、突っかかる騎手は数える程。とはいえ外国人騎手が6人でいずれも名手。そうそう好きにさせてくれるかどうか?インティとしての勝ちパターンは前半ソロっと入り、1000m通過が61.0位が理想で、後半800の持続勝負に持ち込みたい。今回逃げたい馬が他に見当たらず、一見楽逃げ出来そう。ただ近走の感じ、特に気性面からは馬に並ばれるのを嫌い、キックバックも基本NG。前半のラップ自体はスローも、前掛かりで勝負所の押上げ、仕掛けは早い可能性。それでも自身のラップで行ければ、こういったピンパータイプは即元通りの強いレースを見せるケースもある。

一方の雄。ゴールドドリームは、前走時は相手を舐めたのか、状態が本物ではなかったのか正直ガッカリの競馬。とはいえ岩手が合わない可能性もあり、南部杯は3戦全敗。ただ昨年は強い競馬も、勝ち馬がそれを上回った。その時の勝ち馬、ルヴァンスレーヴは指数的にも実績的にも現役ダート最強馬と言って過言ではなく、今回のメンバーに入っても状態良好ならまず負けなかっただろう。また先般もコメントしたが、ヨーロッパの芝を走ったらどうだろう?とすら思える。話を戻すがそういった事情があったにせよ、ゴールドドリームの前走は不甲斐なく見えた。とはいえGⅠでも必ず好走し、フェブラリーSでは勝ち馬以上の指数も掲示。ファンも同馬が強いとジャッジしているのだろう、今回2番人気。う~ん、体質の弱さもさることながら筋肉の硬質化も懸念される。どう判断する???

やはり初志貫徹!今回はオメガパヒュームを馬券の軸に据える予定。前走の走りからも右回りの方が良いし距離短縮もハッキリ言ってマイナスだろう。とはいえルヴァンスレーヴ不在なら能力的には一番と見ている。また昨年は5着とはいえ、外枠も痛かったし乗り慣れた騎手ではなかった。今回は左回りの連戦でもあり、馬自体もかなりの成長の跡。鞍上のランフランコ・デットーリ騎手は今回それ程、神懸った騎乗は見せていないが、日本の馬場に対する慣れも必要だったのでは?ダートなら左程気にしなくて良さそうでもあるし、ダートの成績は目を見張るものがある。

相手にはかなり迷った。元々は安定株のチュウワウィザードを考えいた。が、前半スローの可能性からインティとする。先も述べたがピンパーのタイプで、頭なければ惨敗もあり得る。が、今回は後半の持続ラップでのギアの上げ方次第では多くの後続を振り切り2,3着での粘りの可能性も否定はできぬ。それをやってのける鞍上なのは周知の通り。

単穴には以前、能力的には不明な点が多いも、クリソベリルを!正直、印と馬券の買い方というか、投資額に関しては結構な違いが出ることを際に断っておく。というのも、インティを負かしに行くのは同馬とチュウワウィザードではないか?その上でという考え方。インティをどこで捕まえに行くか?鞍上は前走でインティの脆さを体験しているが、申し訳なかったという忖度騎乗するか、その弱点を突いてでも勝ちに行くか?ただ忖度していると後方に差される。このチャンピオンズCは差し追い込みが決まる。一瞬の脚がない同馬のキャラから早めに着か前に行くだろう。

今回のポイントはインティを捕まえられるかどうか?に限ると見ている。捕まえれば競り落とすのは容易。ただ勝負に行ってなかなか追い付けず、自身の脚がなくなり後方から差されるというケースも。

4番手にはチュウワウィザードを!評価を下げた訳ではなく、展開面から他馬の方が有利と見ただけ。ただ同馬にも決して不利な訳ではない。ただ前走、相手関係やコース形態、馬の成長度(少々遅め)から勝ちに行った気配が強く、馬も前走のように位置取って持続型のレースをしそう。そうなった時、インティとクリソベリルと真っ向勝負をし、差し切れるかどうか?前走時、状態もかなり良かっただけに上がり目も微妙。とはいえ基礎能力は相当で繰り返すが評価を下げた訳ではない。

5番手には鞍上の復活あれば、ワイドファラオが怖い。というのも同馬の前走はハッキリ言って強かった。今回1角の入り方次第。上位入線できるかどうかはそこで決まると見ている。やや博打的ではあるが…。

6番手にはゴールドドリーム。レイデオロの例もあり、強いは強いが楽観できるのか?個人的には疑問はあるが、能力値的には無視しないという所。馬券的には抑えの予定。

7番手にはモズアトラクション。ただ3連系馬券でという予定。一か八かの競馬を期待したい。末脚は引けを取らぬ。

ウェスタールンドに関しては、スミヨン騎手の腰痛が心配(笑)だが馬は7歳になるも素晴らしい馬体を維持。去年のようなことは滅多にないだろうという、穿った見方週頭にはしてもいた。が、状態絶好なら軽視も出来ぬ。

サトノティターンは輸送を懸念しているよう。それもあるだろうが、陣営も手を打ってきたし、得意の左回りに安生はムーア騎手。パドックで気配良好なら。

ヴェンジェンスはまさかの大外。前走は指数的に優秀も再度同じことが期待できるのか?個人的には印は落としたが、気配次第で買う予定。

タイムフライヤーは鞍上魅力もで枠も絶好。砂を被ることにも慣れてきた面から迷ったが、狙うなら来年の2月か!?

ミツバ、ロンドンタウンの2騎は共にカネヒキリ産駒。だがこのコースとの相性が悪い。

キングズガードは前走はラッキーな展開。8歳という衰えはさほどでもないが左回りもあまり良くない。

テーオーエナジーは果たしてどんな競馬をするのか?個人的には入着を拾いに行くと見た。

取り上げる頭数が多くなったが、馬券の買い方は2つ。インティ&クリソベリルの気配というか、入れ込み他によって、前掛かりになると見るかどうか?による。

それなりに落ち着いたペースになると見れば、本命以外は前中心で➂④⑤⑬。そこにスローの差し馬⑧⑪を絡める。本命も頭かは微妙で馬券の中心。

前掛かりになると見れば(スローでも先行殺到の場合も)、本命の頭が十分考えられ、⑨⑪➂②⑧の差し中心。⑤は抑え必要も、④はいらない。

さて、どっちと読むか?スタンダードなのは前者だろう。それで組み立てる予想家は多いとみる。個人的にも今日の印上は前者とした。現状はその可能性の方が濃いと見ている。が本音を言えば、後者になって欲しいとも。インティの入れ込みというか、気配次第という見方。とはいえ内枠が有利なコース形態。枠による明暗が出たと思う。

こんな感じだそうです。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?オヤジさん差し競馬に期待と言いながら枠がねぇって。レジェンドの不惑の逃げが見られる可能性の方が高いんじゃないのって。ボクはオヤジさんのニュアンスからインティの評価、爆上げですけどね(笑)チュウワウィザードに関しては、前走取りに行った気がしてるんだよねって。まぁ順調そうではあるけどとも。ここ2週の補正が上手くいかなかったから慎重になり過ぎだよって言ったんですけど、苦笑いしていました(笑)ただそれだけ上位拮抗の好メンバーなんだって。ではGⅠチャンピオンズC!好レースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji