阪神JF2019!について。競馬オヤジが…。

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジの壺、担当のウマンです。先週の馬券成績はいかがでしたか?オヤジさん、指数や展開予想は良かったものの、馬券は大外れでヘソが曲がってしまって(笑)今週の予想は出さないってズーっとゴネマクリ。ちなみにクリソベリルって、オヤジさんのPOG指名馬の1頭。オヤジさんダート馬も必ず入れるんですよね。で、レース自体予想通りのラップになるも、本命のオメガが一段後ろだったって。デットーリ騎手ならもう一段前で競馬するかな?って見ていたんだって。行けなかったんでしょうね!それとマイル適性の高い馬のラップになったとも。クリソベリルの指数はルヴァンスレーヴに並ぶほどだよとも。ルヴァンとクリソがTOPでそこにインティやゴールドドリームにオメガがいる力関係とのこと。ゴールドドリームに関しては、数を使わないことで馬の硬質化を上手く防いでいる。ノーザンF筆頭に平田修厩舎がさすがの仕事だねって。

オヤジさん、基本的には本命馬を負かす馬が好きなんですよね。だから人気する大本命馬が▲という印、多々ありますよね!このサイトをご覧いただいている方々ならピンッとくると思いますけど(笑)さて、今週の予想に関しては散々ゴネられましたが、一応、聞いてきました。レース数は少ないですし、香港は時間的にもパスさせてとのこと。オヤジさん海外競馬はあまり買わないですからご了承の程を。では行ってみましょう!

中山11R GⅢカペラS

指数的には2+1!ゴールドクイーンにコパノキッキング。それにヒロシゲゴールドという構図。次点馬は意外と多く、テーオージーニアス、タテヤマ、ドリュウ、レッドアネラ、シュウジと続く。展開的には読みやすく、ゴールドのHペース逃げにヒロシゲゴールドが並ぶ勢いで続く。大方の予想としてはゴールドゴールド何て言う声も。またコパノキッキング・藤田菜騎手のJRA初重賞制覇に期待する声も。ドクターコパオーナーの藤田菜騎手に重賞を勝たせたいという心意気は素晴らしいと思うし、ご自身もキッキングと藤田菜騎手とは手が合うとの弁。ただ他の騎手騎乗時の指数の方が上なのも事実。というのも、他馬の出方を見過ぎる傾向がある。迷いのない快速馬などこの相手に58㎏でどういった競馬をするかはなかなか難しいところ。コパノも絡んで行くようだと、テーオーやドリュウ辺りの差し要注意になる。展開をどう読むかがポイントになる一戦。中山実績も加味して、積極的に狙いたいのは④⑮⑫①⑬。⑦に関しては頭意外に組み込む予定。

阪神12R

GⅠや上級重賞後の一戦、特に平場戦は騎手のヤリヤラズもあるし、ムキになる若手の一発もあるが、ココは2勝クラスの特別戦ということもあり、指数を重視してみたい。順に言えば、④⑨⑯⑬⑭。次点に①⑥⑭⑫。勢いのある若い人馬⑯が人気するが、ココは調教師&騎手が名コンビ(ディープスカイ他)の④に期待。今回は指数でピックした馬が多かったも上位4頭がやや他を離してもいる。この4頭が中心になるのは間違いないが、このコースにアドバンテージがある馬は少ない。本命馬から指数上位馬中心に買うが、直前の気配良好なら次点馬でも!

阪神11R GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ

今回の出走馬のポイントとしては3つ。①指数的には上位勢と下位勢では差があること。②人気程、指数的には差がないこと。➂2歳牝馬戦ながら逃げ馬不明で展開が分かり辛いことが挙げられる。これらについては後程。まずは各馬の短評から。

①ヤマカツマーメイド 展開を握る1頭ながら、基本番手で行きたい馬。というのもソラを使うらしい。魅力ある血統でもあり、前述の気性から距離延長が大きなマイナスとも思えない。が、例年の指数にはやや足りず。鞍上は魅力も現状OP級か!?

②カワキタアジン 前走は1頭遅れた後方からイン突きで接戦に。パワーある血統で馬体的にも成長中。課題は時計と距離延長。

➂ウーマンズハート 新馬戦の指数がかなりのモノ。新潟2歳S自体はそれ程上がり目があった訳ではないも、勝ち切った事に価値がある。直線で寄れることや坂未経験など課題も多く、ファンもその辺を懸念しているオッズの感。ただバネのあるやや立ち気味の繋ぎに牝馬ながら重厚感のある胴(背)。こういったタイプはあくまでも印象にはなるが坂を苦にしないケースが多々。寄れる面あるも他馬に競りに行っている可能性を感じるのだが、競馬オヤジだけだろうか?母方はスプリントながらシルエットの伸びからマイルはプラス。そしてもう1つ。顔付が美しいというアドバンテージも!牧場サイドの育成用坂路等が完成後の世代らしい。

④レシステンシア ダイワメジャー産駒ながら垢抜けた薄い皮膚感は良好。また伸びがあるシルエットにややシャープな骨格。こういったタイプは早くから活躍し、距離の融通が利き、キレのあるタイプが多い。ここ最近ではシゲルピンクダイヤやアドマイヤマーズ。それと筋肉量は少々違ってしまうがメジャーエンブレムなどもそう。同馬もこのカテゴリで相当走りそう。肩やお尻の筋肉量や張りは相当。距離経験からネガティブに取られている面はあるが、馬体面からは引けを取らないし、距離延長が苦になるフォルムではない。

⑤ボンボヤージ ファンタジストの下。距離短縮で結果出すも馬自体は気性面から掛からない故、距離延長には対応するとの弁。後はスケールか!?

⑥クリスティ 重馬場を苦にしない堅実派。毛色は母父からだろうが、筋肉の感じは父の粘りの良さを受け継いでいそう。胸前やお尻、背の身入りなどから非力感がなく相手強化でもそれなりの走りをしそう。距離自体はもっとあっても良さそう。意外と底力タイプにも思え、課題としてはここ最近の異常に速い馬場への対応か!?

⑦ロータスランド 牝馬ながら骨量豊富で胸前やトモの身入りが素晴らしく、迫力のある馬体。シルエットの伸びはこれからっぽいも、先が楽しみな1頭。繋ぎは繊細もバネ感は薄く、肩の傾斜はやや立ち気味。前走は悪化した馬場を敗因に挙げているが、同馬も好走の部類。相手が巧者過ぎたのだろう。ロベルト系らしく、粘りのある筋肉をしていそうで一瞬のキレよりも持続勝負向きか!?自らレースを造ったら怖い1頭。

⑧オータムレッド ワールドエースの初年度産駒ですね。父の軽さを受け継いでいる印象。筋肉の質も繊細で柔らか味がありそう。手先も軽いので、時計の速いキレ勝負には向きそうも、軽さが際立ってもおり底力的には果たして!?

⑨マルターズディオサ 新馬戦は逃げて2着。相手が悪かった(ウーマンズハート)も、同馬の指数も上々。その後の2勝は順当と言える。筋肉の質は父のキズナに似ている感。粘りと収縮力が良さそう。手先は軽く繋ぎは寝気味。胸が深いので心肺機能は高そうで速力を伝え易そうな流線形はいいですね。1つ懸念を言えば、肩や胸前が詰まっており、これから体高が高くなりキ甲が抜けてくればかなり垢抜けた馬体になる可能性。血統的には仕上がり早も、さすがにこの中ではもっと早熟なタイプも多い。

⑩クラヴァシュドール 前走の指数は上々で、同厩の⑮と同等以上の評価ができる指数。首差しの力感や角度、深い胸に背のラインに盛り上がった肩やお尻など、既に上級重賞馬の馬体!上手く言えないのだが、走るハーツ産駒のフォルムの持ち主。皮膚感や筋肉の質も上々で、来年も楽しみ。今回1つ心配というか懸念として言えば、腰がやや貧弱に見える面。気の良さそうな馬だけに新馬から仕上がっていた可能性がありまた、成長途上にある傾向の感。

⑪ルーチェデラヴィタ スラッとして伸びのある四肢に、意外と底力ありそうな胴。母方は古いファンが喜びそうな血統で、こういったタイプは頑強なレースの方が向く。小顔で胸が深く意外と好バランス。距離的にはもっとあって良さそう。個体としては意外と能力高そうで底力が必要なレースでの一発がありそう。課題としては今の速い馬場では!?

⑫ヒメサマ 指数、距離延長には不安先行。せっかくのGⅠ出走故、好走時のように先行してどこまで!?という勝負で頑張れ。

⑬ジェラペッシュ ワールドエースの産駒は骨量ボチボチで筋肉の質が繊細で柔らか味があり、軽さを感じさせる馬体が多い感。また骨格の伸びは良好も配合的にはマイルを狙っているのかな?と。母方次第も割とこういった特徴の馬が散見される。時計勝負は向きそうで高水準も、特に重厚感を感じない故、成長力や底力に関しては何ともだなぁ。同馬は繊細でバネがありそうな寝気味の繋ぎに薄い皮膚で好バランス。クッションの良い今の馬場向きっぽいキレイな馬ですね。

⑭スウィートメリナ 小柄もなかなかな末脚の持ち主。東京の良馬場で差し切ったようにキレ勝負向き。今の阪神は合うが指数的に…どうか!?

⑮リアアメリア 牝馬ながらそこそこ粘りがありそうな筋肉の質で良好。胸が深く、心肺機能は相当っぽい。骨格の可動域が抜群で、走法が大きいタイプ(跳びが大きい)。とはいえエンジンの掛かりも良好で、鞍上のムチに瞬時に応える運動神経も備えています。皮膚感や繊細な筋繊維も既に一流馬の相。また成長を促しながら使われていますが、他馬よりも馬体的には完成度が高そう。掛からないように丁寧に鞍上が騎乗しているもそもそもがスピードが他馬とは違う感。

⑯エレナアヴァンティ 後躯が特徴的で仙骨の角度が深い斜尻に曲飛気味の飛節。好位達タイプは回転の速く、瞬間的な加速に優れている。手先はやや硬さを感じるかな?また馬格は中位も筋肉の量はもっとあっても良さそうな気がしますがどうでしょう?肩やトモの容量はいいですが、全体的にという意味で。軽い芝のSペースのヨーイドン向きの印象がありますね。

総評~っす!

まず今回のポイントに挙げた指数上位馬は順に➂⑩④⑮。次点に⑨⑥⑦⑪と続く。まぁオッズ通りの4強という図式。⑨⑥のキズナ産駒2騎はそれ程の差がな上位馬を脅かすには伸びしろ次第か!?⑦は指数的にはGⅠダッシュできるほどではないが、過去2走から伸びしろはかなりありそう。また厩舎も魅力。⑪は指数的には次点も適性に関しては微妙と言わざるを得ない。その他の馬は指数的には正直、厳しい。展開面からもどの馬が思い切ったレースをするのかすら分かりにくく、折り合いに難が合ったり他馬を気にする馬は減点対象にも。ただこういった時、色気を持った人気内先行馬が思い切ったレース展開に持ち込むことがあり、多数いた場合に、意外とペースが上がる面も。いずれにせよ底力は必須と見る。

⑮に関しては、過去2走とも楽勝の部類。掛かりそうな気性面からも、レースレベルが上がる方が現状良さそう。また馬体的完成度も他馬より上の感。とはいえこのオッズ。馬券の買い方には工夫が必要でしょう。

一応の印として、本命馬は➂の予定。馬体写真からも馬が成長している感。またヨレなど懸念もあるが、馬体が合うと馬がグイッと前に出ようとしているようにも見える。鞍上は世界の名手で既に日本の速い馬場も読み切っている。

対抗には⑮で仕方ないだろう。およその評価については他の人に任せたいが、個人的には昨年の勝ち馬より、現状は上と見ている。ただ積極的か?と言われれば…。

単穴には④を!この鞍上からも逃げは選ばない可能性も、番手から早め仕掛けは考えられる。距離経験の無さからやや人気しないも、1400の指数としてはかなりのモノ。馬体的には1ハロンの距離延長は問題ない。ひょっとしたらと思わせられる。ただ阪神マイル故、理想はスローからの持続勝負か!?

☆には⑩を!来年になれば逆転する可能性を感じるが、ココまで好仕上げで牡馬のGⅠ級と好勝負を演じた。あの走りができればココも好勝負も、現状での伸びしろ的に疑問があるのも事実(成長を促せば)。同厩の1番人気に対抗するため、好位から溜めに溜めて後半の持続勝負か!?

注には⑦。同馬は伸びしろがありそう。また先も述べたが厩舎が魅力。この相手では指数を伸ばす必要はあるのだが、点買うが向きそう。この人気なら積極的に狙っても。

△1には⑨を!血統的にはアレではあるが、前駆、特に肩やキ甲の辺りに伸びが足りず成長の余地。母方の血がやや頼りないも、父自体この世代が初年度産駒。この配合が合っていたりして。また➂評価なら、終わってみたらあの新馬戦が強かった可能性も。

△2には⑥。ココまでは、意外とスタミナや底力勝負に強い印象で、時計勝負になった時が課題になりそう。とはいえ馬券内は十分考えられる。

馬券的には➂を頭固定したい所。一応、2、3着付けもオッズ見ながら抑えはするが、⑮や④に⑩、⑦をどう組み込むかがテーマになるだろう。△1,2は仕上がり次第。馬券的には3連単中心も直前の気配次第では絞った買い方に変更の場合も。

こんな感じだそうです。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?ウーマンズハートとリアアメリアに関しては評価せざるを得ないとのこと。穴とは言えないけどレシステンシアは近年、走る仕上がり早いダイワメジャー産駒の良い面を多数持っているとのこと。馬体的にはかなり良いのだそう。確かに言われればボクらが見ても分かりますね。う~ん、今日は香港もあるのでどのレースで勝負するかは迷いますね。でもオヤジさん曰く、本命党は阪神JFが良いのでは?って。中穴狙いの人は並びで勝負になるけど、硬く収まる可能性は十分あるからねって。有力牧場の争いも見物ではあるよとも言ってました。ノーザンファームに下河辺牧場にダーレージャパン!果たしてどこの生産馬が勝つのか!?

ではGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ。素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji