2020シンザン記念day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今回もオヤジさん的には指数他、精度が甘いので参考までにしてくださいとのことでした。それとオヤジさんと話した余談を少々参考までにピックしておきます。では行ってみましょう。

まず有馬記念のアーモンドアイの敗戦について、オヤジの見解として。頭が良く強い馬に限ってゴール板を2回以上通る距離・コースで初経験の場合(2000m程度の直線スタートのコースを除く)、1回目のゴール板に向かう辺りから周りの馬を抜かそうとして、掛かりそうになるケースが多々。有名な話だとかのディープインパクトの菊花賞がありますね。中山2500mが合わなかったとの考えもあるが、1週目の直線(ゴール前)で中段の外に出してしまった時に「アレっ?」っていう感じがしましたからね。またフィエールマンのマークがきつく、3角から被され、直線では右ムチを入れていたような…。既に脚を無くしかけていた所、目の前でムチが振られた???別にフェアなことなので問題はないんだけど、初物尽くし&厳しいマーク&ローテの変更という3重苦に対して、1倍台に人気はさすがに厳しいというコトだったのかな。中山の馬場は問題ないと見てはいますので、後は陣営がどういった適性に合わせていくか?でしょう。

シンザン記念なんだけど、既に言われていることなんだがこのレースで勝った牝馬、牡馬のメンバー次第では連対でもokだが、後々名牝になっている馬が多々。ダイワスカーレット(2着)、ジェンティルドンナ、ジュエラー(2着)、アーモンドアイ等々。ちなみに牡馬もオルフェーブル(2着)、ミッキーアイル、ペルシアンナイト(3着)等もおり、年明け早々のGⅢながらクラシックの登竜門的レースになっている。同週には中山でフェアリーSがあるのだが、ノーザンFや社台Fの生産牝馬で各陣営が「強い!」と思っている馬はこちらに回らせて、次点馬をフェアリーSに出走させている感。今回も有力な牝馬が3頭出走。果たして!?!?

中山10R 初咲賞

2勝クラスの特別混合レースにしてはやや低調なメンバー構成。指数的には⑪が頭2つ抜けているが、モロさもある。また今の中山は先行内伸びの馬場。早めにマクるのか?鞍上は中山はマイスターと言って良い程、達者な田辺裕騎手。顔触れ見る限りは、同馬で仕方ないという消極的なジャッジ。人気馬からなので、相手は絞るもしくは薄めを狙わないとガミる。因みに指数的には➂⑧⑫が続く。次点は④②。中山2200は外回りなのでその辺りの経験も重視したいが、基本的には➂⑧辺りが相手になるか!?馬券的には3連単と言いたい所も、ハッキリ言って紛れる可能性も示唆。絞って買う方が賢明か???とはいえあまり食指が動かない…。

ならば12Rの方が良いかも。ちなみに狙いたい馬を順に挙げれば、まずは人気でもこの条件合う⑦。指数でもTOP。相手には好枠の➂⑤。叩き良化の⑪に伸びしろ十分の⑬も有力だが人気しそう故、上手い組み合わせで買いたい。

中山11R OPポルックスS

なかなかの好メンバーではあるが、クセが強い馬も多い。というのも世代レベルが疑われている4歳世代!指数上位の古馬(5歳以上)にはゲート難馬や脚質的(追い込みに近い差しも含む)にやや不利と思しき馬が多数。展開面もスロー予想でイマイチ読めぬ。世代間の力差的にはアメリカの3冠レースに出走したマスターフェンサーが物差しになるとのコメントもあるにはあるが…。指数的には⑭⑤①⑥次点に⑪➂④⑫。指数的には4歳馬を低く見た訳ではなく、2頭共、ココが約半年の休み明け故。じゃあ4歳世代をどう見ているか?と問われれば、世代レベルは低いと言わざるを得ない。が、一部の能力上位馬は例年通りと言うか、十分勝負にはなる。脚質云々で言えば①は昨年のこのレース2着馬も差し遅れも多い。鞍上もこの所、ペース判断がかなり甘い面が出ている。新潟での怪我が1つのターニングにはなっているとは思うが。元大井出身騎手だけに競馬オヤジ的には長く応援&注視してきてはいるが、金杯の騎乗にはガッカリした。エージェント問題はあるだろうし、怪我の後遺症もあるのかもしれない。が、他の騎乗技術についても、もう一度見直して欲しい。話を戻す。⑭に関しては年末に除外されたとのことで、陣営が太いと泣き。直前の気配の確認は必須だろう。⑤はゲート入りにも出っぱにも問題。ドスローに陥ると、差しが多い組み合わせ故、大外の外を回る可能性もあり届かないケースも。⑦はこの距離・コースだと適性的に少々微妙。⑩はこの時期は良いが、さすがにこの所の競馬から以前の迫力に陰りも。⑫は前走は強かったが、もう一丁があるかどうか?以前のレースっぷりからも前走は陣営の仕上げ&ハマった感も強い。個人的には⑪は重賞級と見ている。4,5走前の中山1800で見せた適性は高い。また3走前は結果的にやや適性外だったも、同馬のスピード能力の片鱗は見せた。3歳春時点の津村明騎手の強気だったコメントや今回の追い切りの動きも抜群故、馬券の中心に据えたい。相手にはやはり⑤⑭だろう。ただ不確定要素もあるため、馬券的には指数上位馬中心に手広く行きたい。気配確認は必須も具体的には⑤⑭①⑥の人気サイドと、展開利ある②に、初ダートも抜群の動きを見せた⑮は穴として組み入れる予定。凍結防止剤を散布していないとの情報から時計はソコソコ速くなる見立て。

京都10R 3勝クラス雅S

さすがにこのクラスは層が厚く、中位拮抗も、指数的には差がない。また今日は天候的に微妙で、馬場の悪化(軽くなる)も含めて検討すべき(朝の時点で稍重)。指数的には⑭⑪⑩⑫。次点に⑬⑥①も区切りを甘くすれば、②⑤も入れられる。展開的には先行多数でペースは上がる可能性大。既に2倍を切る人気の⑪。元々芝で期待されデビューからしばらくは芝戦も結果出ずに、地方(南関東)に移籍。そこで結果を出し、中央に再入厩し2連勝。この所、ダートでも強い馬を出す傾向になってきたハーツクライ。種牡馬の晩年(高齢)にはそういった傾向は強い。馬券的中心に据えたくはないが、仕方ないか!?競馬オヤジ的に買いたいと考えているのは人気サイドにはなるが⑩と⑭。前述の⑪を絡めつつ、3連系の馬券で勝負の予定。他では①⑫は積極的に。展開面が厳しそうも、行き切ったら強い、②や⑬も買い目には入れるべき。後はガミらないように調整して。

京都11R GⅢシンザン記念

育成上のタイミングなのか、この時期に賞金を加算し、トライアルで厳しいレースをしない方が良いとのジャッジなのか、近年このレースがクラシックの登竜門的意味合いが強い。ココにもPOGで話題になった馬や今春賑わせそうな馬が出走。中でも兄にフィエールマンがいるルーツドールは既に2倍を切る人気。確かに新馬戦は格別の強さ。当日の2勝、3勝クラスの時計と遜色なかった。馬体自体も牝馬ながら520㎏超と迫力十分。ジャスタウェイ産駒はサンプルが少ないがヴェロックスなども馬体自体は長手も形相的な遺伝であって長距離馬というジャッジとは違う気もしている。馬がめの背のラインには硬さがある産駒が多い印象で、走法如何によっては、エネルギー効率が微妙の可能性も。ただ同馬の場合は母方から良質のスタミナを補完している。新たなヒロインの出現と見るべきか?気を付けるべきは、1月生まれの同馬がかなり早い段階から育成されておりまた、入厩期間も長く、前走時はかなりの好仕上げだったとの報。新馬勝ちの指数としてはかなり高いのだが、伸びしろがどこまであるのか?サンクテュエールもNF産の良血で名牝候補。ただ阪神JFで6着に敗退したリアアメリアに負けたことをどう評価するか?ココはジャッジが分かれそうも、陣営が成長を促しながら使っている印象もあり、ココで負けたとしてもまだ伸びしろはある可能性。指数的には前走GⅠ好走の④がTOP。次いで⑥と⑨がほぼ並び、①が続く。次点と言い方をするならば、⑤と②になる。⑩はレースレベルに壁がありそう。正直、こういったレースは『見』が妥当。冷静に有力と言われる馬のレースっぷりをしっかり確認すべき。ではあるが、さすがにこういった記事を書かせてもらっている以上、一応の見解はのせるべきだろう。ルーツドールの新馬戦の破壊力は認めるが、この人気ならヘソを曲げたくなる。基本的には出来る限り確証をもって馬券を買うようにはしている競馬オヤジではあるが(そういうレースをピックしている)ココは目を瞑ってフルスイングしてみる。馬券的軸には前走驚かされた指数ナンバーワンのタガノビューティーを!相手には好枠引いたサンクテュエールを。単穴はもちろんルーツドールだが、馬券的うま味がない故、3連単で2,3付けを少しだけ。☆はもしかしたら大物はこちらかも?のオーマイダーリン。馬券的には鞍上からも狙いたい馬。最後にこういったコンビは応援したくなるプリンスリターン。ただ今回は少々人気している感も。馬券の種類は悩むが、ルーツドールを外した馬連と、先も述べた3連単か!?

こんな感じだそうです。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?最近は減ったとのことですが、各リーディングなどが締められる年末は無理使いをするケースもあるそう。また年末年始は通常と違い、先週は日月曜日の開催。そして今週は3日間と変則開催なので、陣営の調整にも狂いが出たりするケースもあるので要注意とも言ってました。それとオヤジさん、指数の補正についてはマメにやっているようですが、今回は仕事や体調の問題で追いついていないんだって言ってました。くどいようですが、参考程度にしてくださいとのことです。明日もありますしね!オヤジさんにはお願いしているので、アップ出来たらしますので良かったら覗いてみてください。ではシンザン記念dsy!素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji