2020 東京新聞杯day!競馬オヤジのショボいコメント。

競馬オヤジの壺

こんにちは。競馬オヤジです。今週はオヤジ自らの言葉でアップされることになりました。たまに中途半端な見解(仕事の都合や体調)になる場合に、ウマンに代打を依頼する場合もありますし、今回のようなケースもありますので頑張って行きたいと思います。

さて、まずは先週の見解について、このサイトをいつもご覧いただいている方々に1つお詫びを。というのも、個人的には迷いに迷ったのがモズアスコットの取捨。四肢の感じや短く硬い手先(繋ぎ他)から、浅いダートなら対応するとは見ていましたが、可動域の広い骨格(関節)や収縮の良い背などから、やや賭けだったのは事実。過去に芝もダートでも強かった、クロフネやエルコンドルパサーなどのスーパーホースは体幹面が物凄く強い故、上体がしっかりしていました。また芝でも強かったダートのレジェンド、ゴールドアリュールやヴァーミリアンは成長と共に筋肉や体幹が硬くなった印象で、それ故ダート向きに。伸びやそこそこの可動域はもちろん優良でしたが、モズアスコットのような、動きではなかった。矢作芳厩舎の抜群の仕上げや鞍上のルメール騎手の揉まれ過ぎず、砂をほとんど被らずキッチリ折り合わせた好騎乗はありましたが、カレンブラックヒル等のように、パワーや硬い面から軽い砂ならという(ジョッキーや関係者の進言他)挑戦がなかなか上手くいかなかった面もよぎったのは事実。先に名を挙げたスーパーホース達は成長途上の段階からダートに転向したケース。古馬になって芝で頭打ちになり、しばらくしての転向は気性面やキャラ変、そして抜本的ではあるが能力の維持等、なかなか難しい。馬体写真から最低でも▲を付けるべきも△に留めたのは正直ひよったと言われて仕方ないというか、自らそう反省しています。また最終追いの動きは抜群も追い切り本数も少々少なかったのも気になった面も。コパノキッキングに関しては、マイル行けるハズも昨年の一連のレース選びや走りから距離にシビアになってきた印象は強かった。とはいえワンターンの軽い砂ならば、上手く前半の1ハロン、遊ばせられるような走りができればと、考えていたんですけどね。去年の根岸S勝利後のマーフィー騎手のコメントと、藤田菜騎手のフェブラリーSの乗り方は間違っていなかったというところなのかな。個人的には横山典騎手辺りが連続騎乗してたらなぁって。ただコパさんの馬に乗ってるイメージはないですけどね。オヤジの見解に期待してくれているこのサイトをご覧いただいている皆さん、今後は迷っている場合、そうコメントして、ひよらないようにします。では今週のレース見解に行ってみましょう。

京都10R 山城S

ポイント 指数的に上位拮抗 適性、騎乗者をよく見て!

指数的には⑬①⑦。次点に➂⑤⑪⑧⑨と続く。先週までの馬場より、時計が速くなった感。ココは深読みし過ぎずに指数上位と適性のある馬を。人気で申し訳ないが⑬が馬券的には信用できそうだが、次点馬になるが⑤にも食指が動く。馬体重の極端な増減がなくパドックで落ち着いていながらも活気ある方を取りたい。が、馬券的には2本軸の3連系も!他ではコース適性高い➂に指数上位の①⑦。馬場がそこそこ軽そうと判断できれば⑧は狙いたい。後は指数次点馬で気配良好なら。

京都11R きさらぎ賞

ポイント 少頭数ながら近年堅く収まらないレース。今年は馬場の読みも重要。

大きな故障がなくスピードに溢れた天才型の馬は種牡馬になっても成功する印象が強い。古くはトウショウボーイがおり、近年はかなり顕著で、キングカメハメハとディープインパクトが該当するのではないか?種牡馬自体、輸入するケースが多く、サンプルも少ない故、一概には言えないが…。稀代の天才ディープインパクトは、闘争心も相当ながらその有り余るスピード能力が他馬と差がありまた、体幹面も強いながら柔らか味も相当。筋肉の質も優秀。ある意味、能力が有り余っていながら前進気勢も強いが故、主戦が武豊騎手じゃなかったらスピードにものを言わせるマイル辺りの逃げ馬になっていた可能性は高いと見ている。また淡泊な気質になっていた可能性も。種牡馬としてもかなり優秀だが、産駒に与える特徴も強い。今年の3歳馬は現状、レベルが高いと見ている。その中でもTOPの1頭コントレイルは父の良い面をかなり受け継いでいる。そのコントレイルに負けはしたが、前走の指数がかなり優秀だったアルジャンナがココに出走。父のディープインパクトは小柄ながらも、骨太っぽくまた、筋繊維は繊細ながら、収縮力もかなり強かった印象。そういった面と比較すると、少々骨太ではなく、骨格自体も品があり過ぎてともすれば、華奢な印象は拭えないが、薄い皮膚感やしなやかな体の線にバネの良さそうな繋ぎに斜尻に直飛気味の後躯など、体系的にも父産駒の良い特徴を多く受け継いでもいる。まだ3歳馬なので、キ甲も抜けてはおらず、筋肉量はまだまだ増えそうなので無事に成長したらかなり楽しみな1頭。坂路を駆け上がってくる姿は跳びが大きいながら、上下動の少ない感じは父にも似ていそう。父は運動神経がかなり良かった馬だと見ているが同馬も鈍重さがない面は似ている。1月生まれで母は米国の早いタイプなので完成度自体もまずまずでは?仕上がりは陣営が意図的に及第点にしていそうだが、ココは負けられないだろう。現状、新聞や雑誌などでも言われている通り、サリオスとコントレイルの2強に、マイラブソティ、アルジャンナ、ヴェルトライゼンテなどが続いているという見解で良いだろう。このレースは相手探しの一戦という見解。ストーンリッジにトゥルーヴィルという新馬勝ち後のディープインパクト産駒に札幌2歳S2着のサトノゴールドに武豊騎手がココ出走を進言したというギベルディに朝日杯FS3着のグランレイ辺りが売れている。ただ経験豊富なコルテジアや展開に恵まれれば怖いサイモンルモンドにも十分チャンスはある。簡単になるが馬番順に!

①逃げなきゃという気性ではなさそうだが、速い脚がないワンラップホースの可能性。

②過去2走はダート戦ではあるが、贔屓目に見ても指数的に厳しい。展開の助け欲しい。

➂新馬戦は直線で立て直す不利も。伸びしろがどれだけあるか?にはなるが、クラシックに向けてNF押しの北村友騎手を確保したのは好感。馬体的にはディープ産駒っぽさも所々はあるが、バランス的にやや重心が低く、手先のバネ感よりも、四肢の力感を感じる。やや小柄で、ピッチっぽい面からも距離が長くなるのは微妙。器用さが武器か!?

④先週までの京都の馬場ならという声もあるが、武豊騎手の進言から不気味な1頭。肩から胸前にトモの容量は迫力が相当でクセ者感の強い顔付き(目付き)はオルフェーブル産駒らしさ。大型馬だが手先が軽いので、時計勝負も問題ないのでは?

⑤この血統にしてはやや小柄も薄い皮膚感は上々。手先は軽いも体の線に少々クセがある。キ甲が抜けていないので、体系的変化はまだありそうなので現状早計ではあるが過去走や追い切りの動き見る限り、気性面的にも距離延長は微妙な気がする。

⑥札幌での走りはなかなかも、正直言えば脚がそれ程速いとは思えなかった。厩舎力抜群の須貝厩舎所属故、どこまで調整してきたか?また成長力もありそう。

⑦前評判十分で人気の血統に馬主厩舎。馬体的には薄い皮膚感に品のある馬体。手先も軽く、筋繊維も上々っぽい。追い切りの動きも良かったが、やや早熟気味の血統。完成度で勝負できると見るか果たして。

⑧ディープ産駒の良い面を受け継いでいる。馬場が速くなっている面は同馬向きか!?

総評~ッス!

本命は⑧。対抗➂。▲④。△1⑦。△2⑦。△3⑤ ☆・注はなし!

馬券的には馬連1点にしたいが、不確定要素が多い故、迷う。頭固定の3連単でもあまりつかないため、食指が動かないか!?④が過剰気味に感じるも、大物の可能性も。

東京10R 白嶺S

ポイント 指数拮抗のハンデ戦。4歳勢の伸びしろのジャッジがキモ。

東京の1600ダートは使いたい馬が多いというか、ある意味、適性が被る。よって2勝、3勝クラスの有力馬の登録が多い。ココはハンデ戦ではあるが、指数的には上位~中位まで拮抗となかなか難しい。①③⑤⑦⑩⑪⑫⑭がほぼ並んだ上位で(なので馬番順にしてあります)、次点に②⑥⑧⑯もほとんど差がない。明らかに適性が全くダメという馬もおらず、軸選びはなかなか困難。人気も割れるし、普通に①や⑫辺りが無難な気もする。本命党の方は鞍上からもこの2頭はお勧めする。ただ厳寒期のレース故、追い切りの動きが良好な馬を馬券の軸に据えてみたい。⑤はどうか?3歳ダート戦線時には高評価した同馬。重賞ではその時点では少々足りず、3勝クラスでもイマイチと、スランプなのか成長なのか、はたまたそもそもの能力なのかはジャッジしにくいも、このクラスやOPは突破できると見ていた。前述の①⑫は買うべきも、②③⑧⑩⑬辺りも狙ってみたい。馬券の種類は人気サイドがコケたらオイシイ、馬連中心も3連系でもキッチリ抑えたい。

東京11R 東京新聞杯

このレース自体、近年レベルが高値安定。安田記念出走狙いの若い馬を狙え!

指数順

上位①⑬⑮⑯ 次点⑥⑨②⑤⑫ 指数順になっています。

各馬について

①ココでは指数TOP。牝馬ながらなかなか骨太で収縮力の強い筋肉は魅力。左回りの軽い芝のマイル戦は同馬の最も得意カテゴリ。ただ5歳牝馬で2走続けて二桁敗戦はどうか?

②やや収縮力が強くタルめの筋肉に厚めの皮膚感の持ち主で、血統(母方)からもユックリ成長しそうなタイプ。また早期育成のNF生産馬でもない。クラシックには乗れなかったが、陣営の切り替えが早かった故、良い成長を遂げている可能性。

➂そこそこのペースで後続に脚を使わせたいマイルの逃げ馬。鞍上は穴男・江田照騎手で今回も展開のカギを握る。

④豪州遠征ではあのウインクス相手に好走も。(2着も)8歳になるもそれ程、衰えを見せていないが…。

⑤厩舎力抜群の池江寿厩舎ながら体質的に何かあるのか、今回調整過程が微妙。背腰の強さをあまり感じないタイプで、長い脚使うもTOPスピードがそれ程速くなく、TOPスピードに乗るまでも時間がかかりそう。乗り難しいタイプでは?

⑥素質十分も気性面なのか、相当クセがありそう。使える脚は相当だが、不発の可能性も!

⑦GⅠ2着後は夏負け(熱中症とも)や調子イマイチでの敗戦との報。仕切り直しの一戦。

⑧初芝。時計の早いダート(重馬場)得意故、相手次第で路盤が多少緩ければ通用しそうも、さすがにココでは…。

⑨東京1600~1800ベストの一族。指数自体はボチボチ程度も、まだ底を見せてもいない。

⑩近走苦戦傾向。OPでも少々足りない感。ココでは。

⑪元々は1600~2000で好走も、近走は1200や1600中心。休養期間も長めでさすがにどうか?

⑫正直、マイルは忙しい印象。3歳時は右回りでも期待してみたが、陣営のコメントや追い切りの動き見る限りサウスポー。もしかすると。

⑬ジワジワ成長するタイプも、2歳時から高指数を出していた。成長度の問題と気性面から、不安定だったも、能力は高い。

⑭元々、マイルベターも加齢でズブくなっていそう。

⑮取捨が難しいタイプ。骨格の可動域やそもそものフォルムはさすがと思わせられるが、筋繊維がやや粗く硬そう。手先も少々バネ感が微妙で、そういった面からも脚の使い所が難しそう。また斤量も厳しいか!?

⑯タフなマイラー。指数上々も重賞メンバー相手では、緩い路盤もしくは馬場の悪化が理想化!?

総評~ッス!

つまらない予想にはなるが、馬券の中心には⑨を据えたい。相手には指数高値安定の⑬。単穴はもう既にという可能性はあるが、まともならブチ抜けても驚けない指数の①。☆には素質高い上がり馬②。注にはマイル微妙も左回りならの⑫。△1には追い切りの動きから復活の可能性の⑦。△2には乗り替わりで人気落とすも、上手く脚を溜められれば。△3にはあくまでも3連系にはなるが自分の展開でどこまでの③。

以上。ただ今週は指数拮抗という面もあり、馬券的には確証が薄く微妙。投資額を抑えてやや穴狙いで遊んでみるのも良さそう。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji