大阪杯2020day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。今日は阪神競馬場でGⅠ大阪杯が行われます。ボチボチ引退を表明したオヤジさんですが、ボクが指数の付け方他を引き継いだことで、しばらくは一緒にこのサイトでボヤいてくれるそう。ではいつもの行ってみたいと思いますが、今回も当方の都合によりレース数は絞らせていただきます。

中山11R 春風S

指数上位 ②⑫⑮➂⑦ 次点 ⑭④⑩

土曜は中山も阪神もダートはかなり前が残っていた。ココまでのレースによって、騎手心理がどうなるかは微妙も、ココは行きたい馬が多い。ペース自体はソコソコ流れそう。ココは前走の走りが上でもやれる指数だった②と⑫のどちらを取るかだろう。現時点では展開に左右されなさそうな⑫を軸としたい。相手には1番人気必至も②で仕方ない。ただ同馬の場合、ズブさも目立つ故、出して行っても好位が取れず脚が溜まらないなんてことも。もしくは差し込んで届かずも想定したい。他では指数上位の馬を絡めて並びで勝負したい。 (競馬オヤジ)

阪神12R 鳴門S

指数上位 ⑬⑫⑥⑧⑩ 次点 ①④⑦⑭⑤

1ハロン違えど、中山メインとほぼ同条件。3用クラスのダートの短距離は層が厚い故、分散したがそこそこのメンツが揃った。が、やや展開面も微妙でGⅠ後の一戦。指数も拮抗し何やら荒れそうな気配も。ココは指数を信頼し、⑬から入りたい。鞍上の福永祐騎手は昨日5勝と絶好調。またGⅠ後だろうと最終レースでもキチンと乗る。ただ相手は指数通りという訳でもなさそう。中山の所でも述べたが、前残りが目立つが、ペースや圧の掛かる位置如何によってゴール前、ガラリと変わる可能性。印の順というよりは買いたい馬としては、阪神巧者の④に好枠引いた①、勢いのある⑩。この鞍上は始め、日本の競馬に多少戸惑いイマイチに感じさせたも、さすがの南アフリカリーディングで、アジャストしてきた。追えるタイプで短期免許取得外国人騎手の中ではやや異色もダートでの信頼性が高い。堅実な⑥は人気する故、並びで狙う。⑫に関しても鞍上魅力も勝ち味に遅い故、同馬も並びで。後は指数上位(次点含む)で気配良好な馬を買い目に入れる。

阪神11R GⅠ大阪杯

ポイント

今週からBコースになる。土曜の競馬を見る限り、時計は速く、やや内の先行勢有利。今回は馬場と展開がポイントと見るケースが多い。また展開のカギを握る、逃げ馬が不在なのもどう影響するか?

指数上位 ➂⑧⑤⑫④ 次点 ⑦②

各馬短評

①ロードマイウェイ 5連勝は十分価値あるモノも、上級重賞で勝ち負けする程の指数は叩き出してはいない。ココも試金石だが、軽めの調整がどう出るか?ゲートに課題も、先行できれば。鞍上は魅力。

②サトノソルタス 前走をどう評価するか?はポイント。個人的にはあの流れを好位からキッチリ折り合って、2着したことは評価できると見る。勝った馬はココに出てくれば、1番人気必至だっただろう。まだ伸びしろも見込めるし、唸るい勢いの追い切りは上々。

➂ブラストワンピース 凱旋門賞帰りだった前走が上々の結果。ハービンジャー産駒の上級馬はタフで能力の維持力が高い。同馬の場合、やや時計が掛かる方が良いとの意見多数は納得も、3歳時とはいえ毎日杯での走りはインパクト十分だった。以前から追い切りの動き秀逸な時は好走が多いが、今回は躍動感十分の走りでさすがと思わせられる。馬体的にも良い意味での伸びというか、形相的変化(メリハリ)を感じさせ、再覚醒の可能性も!

④ワグネリアン 体質の問題(使い減り)もあって使い込めないが、それ故にまだ枯れてもいない。一定水準の指数を出すタイプで、レースレベルが超GⅠ級(昨年の天皇賞秋)にならなければ、必ず上位争い。追い切りはやや物足りないも、パドックでの活気十分なら。

⑤ラッキーライラック 前走は1本足りない(追い切り)との報も、さすがの走り。加齢でズブさが出てきて、適性距離がやや長めになってきた印象(1800~2400)。時計勝負も牡馬混合も問題なく、ココは上位争い。

⑥レッドジェニアル 期待された前走が案外だった。馬体的には伸びのあるシルエットで筋肉量も上々で非常に見映えがするが…。

⑦ステイフーリッシュ 前走は勝負に出た競馬も3着。やや善戦マン的になっており、相手次第の感は否めない。元々あまり動かないとはいえ追い切りがイマイチに見えたが併せた相手がクラシック最有力馬のコントレイルなので、仕方ないか。

⑧ダノンキングリー 指数的には既にGⅠを勝っていてもおかしくない。また完成度が高く、形相的変化は乏しいものの、計算された使われ方で能力の維持ができれば早枯れはしなさそう。追い切りも以前は軽いポリだったが、前走からW。体質も強化されたか。課題は関西圏への輸送!?

⑨マカヒキ 同馬が出走する場合、いつも同じことをコメントしている。古馬以降の指数ではGⅡ超位(GⅠだと少々足りない)の指数を毎回安定して出している。よって相手次第。今回、起用した鞍上はスプリングSでの騎乗が印象に残っている。どう乗るのか興味深い。

⑩ジナンボー 素質馬故、慎重に成長を促しながら使われており、まだまだ伸びしろ十分。気性面に課題はあるタイプも、上手く有利な展開に持ち込めれば。

⑪カデナ しばらくスランプだったも、復活させた陣営の手腕は素晴らしい。ただキャラもハッキリした感。平坦小回りなら相当おもしろい存在だが、阪神には急坂も。

⑫クロノジェネシス 2歳時から高指数を出していたため、早熟の文字がちらついていたが昨秋以降でも伸びしろがあった。勝ったレースが稍重と重故、そちらの適性との見方をされてもいるが、軽い芝でも問題はない。むしろ血統的にも小回りは合いそう。枠は外過ぎの印象も、前走のように好位からノンストレスの位置取りなら!

総評~っす!

先も述べたが、展開だろう。逃げ馬候補が①、⑦、⑩と言われているが果たして。現状、阪神の馬場が良好でスローの瞬発力勝負で、1分58秒台が濃厚ということで、⑧④⑤辺りに展開が向くとの見立てが多い。個人的には鞍上からも➂は番手に付け、早めの競馬をすると見ている。それがどう出るか?は、あるが、出っぱさえ悪くなければ、この鞍上は迷いなくレースを支配しに行く。また大型馬ではあるが、実は斤量に敏感で(背腰が弱かったとの報)意外と器用な面もある。今回の追い切りの動きと馬体写真から、再覚醒の印象(個人的にはココで覚醒したとのジャッジも既にGⅠ勝ちがある故再覚醒にした)。じゃあ本命か?と言われればやはり適性的に少々迷う。適性重視ならば⑧④⑤を評価し、馬券自体もその馬達中心になるはず。ただブラストワンピースの追い切りの動き他からも、覚醒したような印象を受けた。

◎候補としては同馬と⑤とで迷っているが、今の所➂の予定。ただ馬体重には注視!またパドックの気配次第や異様に軽い芝になったら変えるかも。

〇には一応現時点ではラッキーライラックを!ラッキーライラックは3歳秋に一旦状態を崩したが、今は完全復活。鞍上も2回目で同馬のクセを大分掴んだハズ。ズブくはなっているが、昨年のエリザベス女王杯の時もだったが、ラスト400からの1ハロンまでの勝負所での脚が秀逸で、瞬間移動のような速い脚を使う。また内を突く器用さもある。好位中段からの競馬で。

▲にはダノンキングリー。指数的には既にGⅠを勝っていて不思議ない。ココでもすんなり初GⅠなんてことがあっても、「だよね」で済ませられる実力の持ち主。ただ陣営が輸送に相当神経質になっているとの報も。また前走をどう見るか?や、そこからの伸びしろに関しても意見が分かれそう。個人的には確証は持てないが、少々疑問があるのも事実。

☆はワグネリアン。ココまで堅い予想で申し訳ないが、同馬も使われていないが故に衰えはない。どこまで伸びしろがあるか?がポイントで、自身の指数的には相手次第の面。このメンバーなら実績自体は上位。

注にはサトノソルタス。前走の走りは同馬も前哨戦としてのモノ。調整過程的には順調で賞金加算しに行ったとの見方もあるが、まだ伸びしろは十分と言わしめられる調教の動き。右回りが初にはなるが、杞憂に終わるかも。前走同様好位からの競馬で!

△1にはクロノジェネシスを。決して評価が低い訳ではないし、投資額もそれなりの予定。今回、正直☆注△1は僅差との見立てで、気配次第で順位を変える予定。同馬の場合、阪神2000内回りは合いそう。追い切りの動きも上々。ただ牡馬の一流どころとどこまで戦えるのかについてはココで証明することになる。展開自体はスローの可能性高いも、好位に馬が殺到する前掛なスローの可能性が強く、距離ロスが厳しくなると…。思い切って逃げ馬の直後からなんてことができれば頭もあると思うが…。

いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?基本的には馬場と展開面から瞬発力のある馬の争いと見ているよう。ただブラストワンピースの馬体写真と追い切りの動きがどにも気になったと言っていました。もちろん良い意味で!ボクはどうしようかなぁ?オヤジさんに乗っかろうかな?個人的には現時点では⑤に期待している所です。

ではGⅠ大阪杯!素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji