桜花賞2020day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、担当のウマンです。先週、お伝えした通り、今週もボクがオヤジさんの見解をまとめました。ピックするレース数が少ないことはしばらくの間、ご了承ください。ではオヤジさんの見解、行ってみましょう。

中山11R 春雷S

指数上位 ④➂⑦⑨ 次点⑯⑥⑫⑩

とにもかくにも今日は馬場状況がポイントになるだろう。コース適性や展開も重要だが、そこに重馬場実績もプラスすべき。また、スプリントGⅠから間もないリステッドスプリント戦。GⅠでは少々足りないがOPならという実績馬と3勝クラスを勝ち上がってきた馬達の力関係も気になる。展開的にはHペースは必至ではあるが馬場状況によっては前が残るケースも、止まるケースも考えられる故、午後のレース傾向には注視。力関係的にはOP大将有利とは見ているが、ココは重巧者の⑦を中心視したい。相手には指数上位中心で、叩き良化の④に、前走で右回り克服の可能性大の⑨に勝ち味に遅かったが勢いある⑥の人気サイド。他では実績上位の④に⑫辺り。⑯は仕上がり次第も、過剰人気になるケースも。①は直線以外は買いにくい。

阪神12R 梅田S

指数上位 ⑦⑧⑮⑫③ 次点①④⑤

登録馬多数で除外された有力馬も多かった。そう考えると、今年中にOPで好勝負し、地方交流レースへの出走を睨む伸びしろが期待できる馬中心に検討したい。また悪化した馬場の得手不得手も重視すべき。ココも人気になるが、⑮から入りたい。GⅠ後ではあるが、3勝クラスの特別戦。ヤラずはないと見る。他では重馬場慣れた指数上位の⑦⑧③に好枠引いた①は積極的に。④⑫は必ずしも悪化した馬場がダメではない。間隔開いた故、仕上がり次第では厚く行きたい。

阪神11R GⅠ桜花賞

指数上位 ⑰⑨ 次点 ⑤⑪⑭④➂ 次々点 ⑥⑬⑮

各馬短評

①ナイントゥファイブ 指数微妙も相手なりタイプ。好位からどこまで粘れるか?

②チェーンオブラブ 前走大敗も2走前の指数は上々。血統的に重馬場になれば多少は有利になるか?

➂スマイルカナ 2,3走前の指数は上々。小柄なタイプだけに単騎で揉まれずに行ければ。ただゲート後の1ハロンのラップは速くないが…。

④サンクテュエール 器用で馬群okの同馬にはこの枠はプラスか?小気味よい回転の走法から、多少の馬場の悪化であれば有利な可能性も。

⑤マルターズディオサ サンプルはまだ少ないが、キズナ産駒には粘りのある強い筋力の馬が結構いる印象。同馬もその典型で生産牧場&血統面から人気しないが、勝負根性に優れ馬体自体も優秀で指数も相当。相手なりに自信の指数も伸ばす傾向は優秀だが、栗東入厩後の馬体重(減)と単走の追い切りは少々気になる。

⑥ウーマンズハート 血統的には成長力があるというか、やや晩成傾向も早い段階から仕上げたからか、育成や調整に狂いが出た印象。ポテンシャル自体は相当で軌道に乗れれば。立ち気味でややバネ感が微妙になってきた印象の繋ぎに身の詰まった体幹面から、重が向く可能性!

⑦ヒルノマリブ 速力豊富なスプリンターという印象で距離延長に課題か!?

⑧リアアメリア 新馬、アルテミスSと強さを見せ、阪神JFでは圧倒的人気も6着敗退。スロー専の可能性大で急がせると末を無くす。また早くから馬体の完成度も高そうでもあり伸びしろがどの程度あるかも課題か?

⑨デアリングタクト 前走を評価する予想家は多いが、競馬オヤジもその一人。やや外が伸びる馬場傾向ではあったが、この所、重い馬場に変貌した京都での後掲ラップは優秀。時計自体は当日の2勝クラスでも速いモノがあるが、上がりと着差から結構な大物の可能性も。ただ父の産駒は他頭数競馬に弱い。

⑩フィオリキアリ 経験豊富な同馬。管理する厩舎も使いつつ馬を強くすることに定評がある。ただこの相手でどこまでやれるか?

⑪クラヴァシュドール 3歳春にやや成長が足踏みする傾向のあるハーツクライ産駒(夏から秋以降に本格化が多い印象)。ただ同馬はデビュー直後からフォルムや皮膚感は垢抜けてもいた。3走前は確かに負けて強し(1着はサリオス)だったが、以降、指数自体の大幅な伸びはない。母方はパワーあるタイプで重は向く可能性も!ただ座石で木曜追いに変更などの報も。

⑫インターミッション キャリアは浅いが素質は十分。馬体自体は小柄も、バランスの取れた好馬体。

⑬マジックキャッスル ココまで強敵相手にいつも好勝負は能力の証。ただ指数自体は1400以下の方が高値安定。

⑭ミヤマザクラ 重厚な走法でディープインパクト産駒ながらキレないタイプで、パワー由来の長い脚のタイプ。掛かる気性故、距離短縮してきたが本質的スタミナもありそう。血統的にも母方から重馬場は有利になる可能性大で、短くバネ感の少なそうな繋ぎからも有利になるだろう。

⑮ヤマカツマーメイド 大きなトモと曲飛気味の後肢が特徴。短めの繋ぎで重馬場自体、他馬が苦戦するなら有利になりそう。また時計も掛かる方が良いか。

⑯ケープコッド 距離延長に大きな課題。デビュー当初は逃げ先行で好走。今回、まさかのラップで逃げ先行策もしくは、追い込み競馬???なんてことも…。

⑰レシステンシア 阪神JFのレーティングと指数は歴史的名牝レベルだった。前走の敗戦により、鞍上がスイッチも、レジェンドなら問題ないか!?皮膚が薄くややスラッとしたフォルムも、ダイワメジャー産駒らしく実は叩き良化の可能性も。馬ね感ある繋ぎもやや立ち気味故、それ程苦にしない可能性も否定できぬ。内の馬を見ながらどの位置で競馬するか?ただ個人的には逃げないと掛かる気がするが…。

⑱エーポス 前走は混戦を断つ上々の走り。ただココに出走するためにメイチの仕上げだった感。伸びしろ???

総評~っす!

今回、まずは馬場。日曜日の阪神競馬場は一日中雨との報。メインレースの時間帯にはどんなに良くても稍重。大方の予想では重になるとの報。ぐちゃぐちゃの不良にまでなれば、あまり得手不得手が出ない可能性があるも、今回はある程度の巧者で勝負したい。

馬場傾向に関しては、土曜日は時計が速く、やや内有利程度。ただどこまで悪化するかにもよるので当日の芝レースの傾向をしっかりと見て買うべき。

オヤジの見立てにはなるも、重馬場がマイナスにならなさそうな馬に関しては各馬の所にて。それと少々余談っぽいがノーザンファームの生産馬が今年は5頭とやや少な目。出走馬は有力馬がほとんどだがこれがどう出るか?

指数的にはレシステンシアの阪神JFが抜けているも、デアリングハートの前走もかなりのモノ。前者が阪神JF程度走ってしまえば、他の馬はかなり厳しいと言える。世代レベルとしては、高レベル馬が多いと見ていたが、トライアルの状況からは例年程度とのジャッジに落ち着いた感。

馬場の悪化度合いにもよるが本命候補は3頭。まずは1番人気になってしまったが、前走の走りに驚かされた⑨デアリングハート。ただエピファネイア産駒は他頭数競馬になると脆さが露見するケースもしばしば。後はサンクテュエール。コース改修後、外枠有利な桜花賞ではあるが、同馬は器用で馬群ok。回転の速い走法で多少の悪化なら問題なさそう。後は⑭ミヤマザクラ。馬場の悪化が不利にならないと見ている。また時計勝負よりは掛かった方が良さそう。掛かり癖が怖いが重馬場になれば!

現時点では馬場が読めない故、多少悪化した程度で一応、結論付ける。

◎デアリングタクト 桜花賞・オークス共、エピファネイア産駒が話題になる可能性。同馬の前走の走りは超上級重賞級。問題は他頭数と馬場の悪化度合い。

〇ミヤマザクラ 掛かり癖が怖いが、元々陣営がダービー出走を示唆していた逸材。馬場が悪化したら更に前進。

▲レシステンシア 個人的になるが、悪化した馬場もこなしそう。ただ阪神JFはハマり過ぎの印象もあり、ここで本質が見える。ポテンシャル自体はかなりのモノと見ているが、気性的に逃げてナンボの可能性も。

☆サンクテュエール ゲートに課題も一戦ごとの成長力は魅力。起用で小脚が効き、混戦に強そう。

注ヤマカツマーメイド 個人的には重の鬼の可能性を感じている。距離延長は課題になるも怖い1頭。

△1マルターズディオサ 本来はもっと重い印の予定だった。栗東入厩後、馬体維持の可能性がある。前走からの上がり目というか、状態がどうか?気配確認必須。

△2リアアメリア 2走目までの走りならというジャッジの予想家が多い印象も、個人的には伸びしろないと厳しい。ただ馬場が悪化して追走に脚を使わされない展開になれば末は確実。

△3ウーマンズハート デビュー直後の好仕上がりが響いている感も持ちえる素質は相当とみている。馬場は向く可能性。

△4クラヴァシュドール 前走、ココ出走が微妙故、ピーク手前の仕上げだった感。調整過程の狂いもあり、評価を落とした。

馬券的には上位の印の馬中心で△は押さえの予定。ただ馬場状況と気配次第で印の入れ替えはするかもしれません。あしからず!

こんな感じだそう。いかがですか?参考になりましたでしょうか?ボクは指数派なので、レシステンシアも本命候補。オヤジさんが迷っている3頭含め、レース時の馬場状況によって軸は変える予定です。どこまで悪化するのでしょう馬場。それと新型コロナウイルスの影響で、来週から競馬の施行ルールが変わります。人命第一なので仕方ないですね。本当に早く収まって欲しい。

では第80回桜花賞。素晴らしいレースで、馬券が取れますように!

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji