皐月賞2020day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺のウマンです。今週は中山競馬場で牡馬クラシック第一弾・皐月賞が行われます。ちなみに桜花賞はオヤジさん、元々本命とは言っていたものの、パドック見て、

「あ~デアリングタクト勝つな!モノが違う。重馬場も関係ない」

って言ってたので、ボクは本命候補だったレシステンシアとの2本軸で勝負!ありがたかった。オヤジさんは最終Rで勝ってましたけど、桜花賞はあまり買わなかったみたいなので、大して儲からなかったって。今週の皐月賞に関しても

「基本は見だな!」

とのこと。レースをしっかり見て、この世代の牡馬の能力を見比べたいとのこと。でも一応、分析はしてもらいました。ポイントはノーザンファームの思惑と馬場だそう。またまた今回もレース数は絞らせてもらおうかと考えたのですが頑張ってみました。でも自信度はまちまちなので、ご了承ください。あ、それと今週からルール変更になっています。OP未満のレースでの遠征は不可。また騎手も土日の移動も制限ということ。傾向は来週から参考になりそうも、強い関西馬に安易に手が出せないという面はあるでしょう。では行ってみましょう!

福島11R 福島民報杯(L)

指数上位 ①③⑬⑯⑩ 次点 ④⑨②

このレースのポイントはコース・馬場適性重視ということと、実力馬の復活ではないか?生き王のある4歳の出走はわずか1頭でもある。そう考えると相手弱化&追い切り抜群の①はどうか?相手には指数上位で若い馬を上位に取りたい。具体的にはコース巧者の⑩。元々好素材の⑯。指数上位で鞍上魅力の⑬は積極的に。⑨は仕上がり次第!➂は相手なりも接戦がない。相手弱化は顕著だが投資額は抑えたい。

中山10R 京葉S(L)

指数上位 ➂⑭⑯⑨ 次点 ②⑮⑦①

土曜は大雨だったが日曜は晴天で気温も上がる。とはいえ、馬場は回復しても脚抜けは良い。重馬場実績も重要だがダートの短距離はそれ以上に位置を取りながら脚が溜まるか?だろう。ココは素直に経験豊富な➂から入る。人気で仕方ないが⑩も評価は必須。他ではスピード抜群の⑯に斤量厳しいも鞍上とは手が合いそうな⑨に鞍上魅力の②。ただ上位2頭が人気故、3連馬券で狙いたいのは前走不可解も実力はある⑦好枠から思い切った騎乗しそうな①に行き切ったら怖い⑮。指数は足りないが重馬場実績とJRAにアジャストしてきた鞍上の⑧。

阪神11R GⅢアンタレスS

指数上位 ⑧④➂⑫⑪⑥ 次点 ②⑮⑦

ダート界の名バイプレイヤーが多い印象だが、そこにダートでは良くある連勝中の上がり馬と芝から転向してきた実績馬が出走しフルゲートとやや難解な印象。また近走が交流重賞という馬も多く力の比較も微妙でもある。人気は連勝中の⑦と芝から転向の④になりそう。ココは鞍上も魅力で指数通り⑧から入る。相手にはコース適性ある➂に⑮。前述の人気2頭では④は評価せざるを得ない。他では指数上位の⑫に相手なりの⑥。前走不可解な②にはあまり食指が動かない。⑦は鞍上魅力でアッサリの可能性はらむもこの人気でこの指数では買いにくい!抑え程度。

阪神12R

指数上位 ⑨④⑫ 次点➂②①⑭

指数的には⑨④が頭1つ抜けている。内枠の勢いのある馬も魅力だが、ココも人気で申し訳ないが逆らわずに⑨④から狙ってみたい。基本的には指数上位を組み込むがうちの3頭は人気故、並びにするか迷う。⑫はコース適性・脚質から買いにくいが指数は上。仕上がり次第とする。ならば鞍上共々伸びしろのある⑭はどうか?展開利あれば!

中山11R GⅠ皐月賞

先も述べた通りノーザンファームサイドの思惑がキーになると見ている。この世代の有力馬という見方だけでなく、現行の種牡馬の勢力図も関わるのでは?そう考えるとココや次走のダービーを是非とも勝たせたいのはサリオスだろう。ハーツクライ産駒は成長力抜群だが、早い段階からキッチリ育成し、走らせると成長の天井が低くなるというか、後の伸びしろを失うことも多々。ハーツクライの孫になるが、ヴェロックスは怪しくなってきている。優等生的なタイプでもあり、そういった馬はスランプの可能性もあるが、形相的変化も少ないのも事実。

今回、ハーツクライ産駒では前述のサリオスとマイラプソディが出走する。マイラプソディに関しては母方の血が気になる。母方に連ねている種牡馬の名は底力と成長力が疑わしい。また同馬場合はキ甲の感じからもまだ成長の余地は多分にありそうも、筋肉の硬質化は早そう。フォルムや手先は芝馬ではあるんですけどね。また東京の方がという意見もありそうだが、実は小回りのパワー型というキャラだとジャッジしている。2年前に皐月賞6着だったハーツクライ産駒・グレイルと近いのでは?グレイルの場合は、伸びやかなシルエットながら緩い体幹のタイプで惰性で走るタイプ(競馬オヤジ的ジャッジ)。瞬間的な動きが苦手でギアをユックリ上げる。故に東京のように瞬時にペースを上げるのは苦手。馬体的には違いが多いも、ギヤが上がりにくくTOPスピードがそこそこというキャラは意外と近い可能性を感じている。パドックで相当な活気がない限りは頑張っても掲示板程度なのかな?鞍上の腕で1つでも上を狙いそうですけどね。

一方のサリオスは、2戦目の時、ミホノブルボン的な魅力というか強さを感じさせられたのは事実。馬個体としては栗毛の大型馬で、筋肉量豊富なマイル~中距離型で心肺機能が尋常じゃないというのは共通点だろう。ミホノブルボンといえば、ハロン12.0を淡々と刻んでダービーを逃げ切ったという、昨今では考えにくい離れ業をやってのけたスーパーホース。今となっては路盤や芝が違うので比較の仕様もないのだが、サリオスにはミホノブルボン級の活躍を期待しているのでは?その上で次代のホープスタリオンとしての期待も。ノーザンファームで最も期待している馬を入厩させる厩舎の1つ、堀宣厩舎所属というのもその期待の大きさが一目で理解できますしね。馬体的に筋肉量の多さや重心などからマイラーとのジャッジもありますが、中距離は問題ないでしょう。鞍上も新型コロナのリスク覚悟で来日し、この馬で2冠を取りに来たD・レーン騎手。馬を動かすこととハミで馬とコンタクトを取ることには優れている騎手。手は合うと見ています。この世代ではTOPと確信していたところにあの馬が現れたという感じでは?

あの馬というのは、1番人気・コントレイル。早熟だなんだとのコメントも散見されますし、距離不安を囁く声も多々。個人的には完成は早いもジワジワと成長するタイプとの見立て。気性面には問題がありそうなので、馬の調教・育成に長けた福永祐騎手を主戦に据えたのでしょう。大型馬と比べてしまえば、やや小柄で華奢にも見えるが坂路の走りを見る限り、あまり気にならない。個人的には前肢の蹄が接着装蹄になっているのは気になります。そういった面からは馬場が良くなった方が良いでしょう。筋肉の質が物凄く良く、フォルムも既に一流馬!間違いなくこの馬は強い。今後の伸びしろ次第も管理する矢作芳調教師が言うようにディープインパクト産駒の最高傑作になる可能性も!

3強の一角、サトノフラッグ。ディープインパクト産駒なのでキレを強調する声もありますが、四肢の出ている箇所が前後に広く、重心が安定している面からも下が緩いのは有利になる。能力の最大値は不明で、馬体は違うが個人的にはサトノダイヤモンドのようなタイプと考えている。

指数上位 ⑦①⑤ 次点 ⑰⑫⑪⑨⑭⑬⑯⑱➂

*3強以外も層が厚い!ただ①⑦は2歳時に掲示した指数。伸びしろと仕上がりをどう解釈するかが大きいなポイント。

①コントレイル キ甲の感じからもまだ途上の可能性。完成は早いも早熟とのジャッジは早計かも?筋肉の質と体幹の緩さ&強さが抜群で可動域も良好。もちろんココの主役!

②レクセランス 3戦全て着差なく、地味な勝ち方も無敗は価値ある。シャープに見えるも、柔らかい筋肉の持ち主で伸びのあるシルエットから距離延びてもokっぽい。経験が少頭数でのスローのみなのは少々気になる。

➂コルテジア 筋肉の張りが強く、収縮力や柔軟性は微妙も速力の持続に優れていそうなシルエット。パワーもありそうですし、繋ぎの感じからも荒れた馬場も問題なさそう。このメンツでも意外とやれる可能性を感じるが…。

④テンピン 有力馬の回避により出走可能に!大型のパワータイプで中山の荒れ馬場向きそうもさすがに1戦1勝で…。

⑤サトノフラッグ 3連勝は強かった。国枝栄調教師悲願の牡馬クラシック制覇の期待を背負えるだけの素材でもある。最大目標はダービーだろうが、素晴らしい調教で鞍上はルメール騎手。ココも本気で取りに来た!

⑥ディープボンド キレは足りないも、パワーと持続力には優れている。馬場が乾き切らなければ!

⑦サリオス 大型馬ながら機動力あり、意外と器用。パワー由来の持続力で勝負するタイプで早め先頭で押し切り狙いか?スケール感はナンバーワン?

⑧ウインカーネリアン 早めデビューで経験豊富!ただ重賞だと少々足りないが…。

⑨ブラックホール 馬場が乾いてもそこそこやれるが悪化した馬場ならば最大の惑星だった!

⑩アメリカンシード 速力あるワンラップホース。キレ味では分が悪いも、ラップが上がれば!

⑪クリスタルブラック キズナ産駒によくいる収縮力が良好な筋肉の持ち主。また前後のバランスが良好で、速力の伝え易そうな首から背のラインは母父に印象も。前走の走りから大物の可能性もあり侮れぬ。

⑫マイラプソディ やや硬そうに見える筋肉の質や底力の面からも母方の種馬の名前が少々気になる。ハーツクライ産駒によくある春はユックリで秋以降に成長曲線が急上昇するタイプの可能性もあるが、早くから仕上げ過ぎると天井が低くなる可能性も。同馬の場合、前者とは見ているが…。

⑬ダーリントンホール ゴドルフィンがクラシックに送り込む素材!近年、好ローテの共同通信杯勝ち馬。指数・馬体的スケールから上位勢とは少々差があるが、そこは完成度でカバー!洋芝を得意としていそうで荒れ馬場がハマる可能性もあり復活気配の鞍上からも一発警戒。

⑭キメラヴェリテ 前走初芝も2着好走で指数も上々。ココも単騎で行けそうだし、荒れ馬場も気にしないパワーがある!

⑮ラインベック 能力あるも、気性面なのか馬としてのクセが強そう。

⑯ガロアクリーク 前走は強かったが、調教からも馬が一皮むけた感。距離延長は微妙だが素材として今回に限らず注視!

⑰ヴェルトライゼンデ 中山のような小回りは合う。長い脚で器用なタイプで荒れ馬場もok。キレ勝負にならなければ安定している。ココの勝ち方を熟知したトリプルクラウンステーブル所属でココも好勝負必至。

⑱ビターエンダー 意外性あるタイプ。馬体的には肩の傾斜がやや立ち気味で後肢が曲飛気味。回転の速そうな走法ながら、背のラインや胴の感じからも持続性も!馬場は緩くても。

総評~っす!

今年は牡馬牝馬共に、上位3,4頭のレベルが高く、中位が拮抗という構図。桜花賞も本番までの過程で高指数を掲示していた馬が馬券内。使い分けなどの理由でトライアルが分散する傾向がある昨今の状況からも、どこかで素材として光るものを見せた馬じゃないとGⅠの好走は望めないのだろう。

3強は既に高指数を出し、素材の良好さは見せた。①⑦は3戦とも。⑤は3,4戦目。

3強には敬意を払いたいが、何があるか分からないのも競馬の魅力。とはいえ馬場が良くなればなるほど、3強で決まる可能性は高まりそう。こういったレースでは不確定要素のプラスの可能性に賭けてみるのも一興。

3強の一角を崩す!ということをテーマとして考えた場合に、その可能性を感じるのは4頭。

〇既に3強と好勝負をしている⑰は適性と器用さを活かせば!

〇完成度と荒れ馬場適性、そして勝ち馬ローテの⑬!

〇芝2戦目の伸びしろと行き切って馬券内の⑭

〇全貌が見えぬも、GⅠのペースで帰って折り合って再度豪脚を繰り出す⑪。

個人的には既に可能性を感じ人気になっているが、⑪の豪脚と⑭の逃げには期待。⑰に関しては3強プラスワンというか、4強という風に考えてもと思う。

後は気配を確認して、この辺りで絞る予定。

こんな感じだそう。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?オヤジさん、コメントしていませんでしたけど、基本2強プラス3という見立てだって、週頭には言ってたんです。2強はもちろんコントレイルとサリオス。プラス3というのはサトノフラッグ・ヴェルトライゼンデ・クリスタルブラックだと。キメラヴェリテに関しては、逃げ馬こそ穴馬だからね!って。ダーリントンホールは共同通信杯からのローテが馬の伸びしろ上、とっても良いのかも?って。前走間隔や前走のラップなど。マイラプソディに関しては、前走よりも今回の方がキャラ的には向くが、ちょっとリズムが狂った印象もあるからなぁ・・・って。

多分、キズナ産駒2頭の可能性に期待したいってことだと思いました。ヴェルトライゼンデに関しては以前から高評価していますが、オッズを意識してあまり強調しないんだと思いますよ。ダーリントンホールは先に述べた要因であって、馬体からのジャッジという感じではなさそう。

新型コロナの影響で皆さん大変な思いをされていると思います。どうかこれ以上、感染が拡大せず、収束に向かって行きますように。では第80回皐月賞!素晴らしいレースで馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji