NHKマイルC2020day!競馬オヤジのボヤき。

競馬オヤジの壺

こんにちは、競馬オヤジの壺、オヤジさんから引き継いだ、指数算出担当のウマンです。この所、指数の調整が凄く大変。オヤジさんの指数って、他の指数予想家の人達よりも、はるかに簡単に付けるモノなんです。それでも芝・ダートがあり距離体系に2歳戦に3歳戦に古馬戦といろいろあって。ちなみになんですが、オヤジさんがポイントとしていたのは、クラス突破指数という部分。そのクラスを突破できる馬なのか?それとも天井なのか?などの見極めなんですよ。その指数から上級クラス戦では馬体を見直して上がり目があるか?キャラと合っているか?等々、を加味して結果を出すというもの。そういえば、先週の天皇賞春ではスティッフィリオを高評価していたのは、オヤジ指数と馬体写真。オヤジさん、馬体写真見て

「おっ!?長めの距離にシフトした仕上げの可能性あるぞ!音無厩舎は意外と戦略的に仕上げを変えるケースが多々ある。元々、やや小柄で腰の強さは微妙な所がある馬だが、それでありながら背のラインが良い意味でシャープになっている気がする。いわゆる長距離向きの形。パワー由来のスピード仕上げではなく、ワンラップでもバテにくい造り。厩舎力高い上位厩舎はそういうことができるからね!ノウハウもあるだろうし。ま、狙って損はないと思うよ。」

って、脚が痛ぇ~っていいながら言ってました。ボクはお陰で大幅プラス!その調子で今週も行きたい所ですが、オヤジさん、痛風が酷くて分析はかなり甘いって!来週になれば大分良くなりそうだけど、アーモンドアイ出走だからねぇ・・・って。かなりの好メンバーですけど、アーモンドアイは別格ですものね。ま、それは来週なのでまずは今週のNHKマイルCをキッチリ行きたいですね。ボクの方で指数、頑張りましたがオヤジさんに補正してもらったレースが少ないので、今週も絞り気味になることご了承ください。各レースのコメントはオヤジさんのコメントになります。

新潟11R GⅢ新潟大賞典

指数上位 ②⑧⑤③④⑥ 次点 ⑯⑮⑦⑩

指数上位の実績馬VS指数的には少々足りないが伸びしろある上がり馬をどう対比させるか?がポイント。上位勢の中には、ここを叩いて次に!というケースもそこそこありそう。またこの時期から夏競馬前半は、秋一連の重賞戦線(GⅠ含む)に向けての賞金を稼ぐ大事な時期。特に昨年から降級制度が廃止された故、微妙な賞金の馬(陣営)がこの時期休ませて降級してから勝負仕上げをするなんてケースはない。そういった面からも、各クラス、芝の中長距離以外は、頭数も揃うだろう。万全ならこのハンデでも②が強い。以前の記憶にはなるが、馬体的には上級重賞でも勝ち負けできるもの。雨がどこまで降るかは心配だが、ココは追い切り抜群の④から入りたい。ただ馬場がかなり悪くなると疑問も。新潟競馬場なので多少湿った程度なら問題なさそうだが、量によっては本命変更もしくは「見」すべし。今回は指数の上位と次点内で決まると考える。相手には左回りが良い③。単穴には実力通りに走れば圧勝もある先に述べた②。☆には距離延長がおもしろそうな⑤。注には単騎逃げ濃厚な⑯!人気する⑥⑦はまずは気配重視。指数は少々足りないも伸びしろは上位。特に⑥の充実ぶりは上々。後は繰り返すが次点馬までで気配の良い馬を絡める。

東京10R L ブリリアントS

指数上位 ⑩②⑥⑨⑯ 次点 ④⑭①⑤

この条件はダートの長距離のスペシャリストが揃う。ダートの場合、芝よりも世代交代が遅いというか、上がり馬の飛び級のような事は少ない故、高齢馬でも十分勝負になる。また馬格逞しい馬も多く、キレを要求されるケースも少なく、斤量泣きする馬も少ない。米国でも好走した⑯が人気するだろう。ズブいタイプでスタミナも豊富。だが本命は別の馬にする。ココは②から入る。ダート長距離なら相手なり。頭固定では買いにくいが馬券の中心で!相手には本命とほぼ同等の評価の⑩。この人気2頭が馬券の中心というつまらない見解で申し訳ない。他では指数上位④⑤⑥⑨辺りを上手く組み合わせるが、一発あれば⑫か!?先の⑯は3連系(単)で抑える予定。3連複で元抑えして、3連単の点数を絞って勝負予定。

東京12R 立川特別

指数上位 ⑨⑥⑦① 次点 ②⑫⑥

ココは指数上位と次点との差が結構ある。ただ展開的にはスロー濃厚で指数上位の人気サイドの差し追い込みに一抹の不安もあり、付け入るスキはある。ココは先行勢を!とも思ったが、馬券の中心には⑨を指名したい。展開向きそうなのは⑬①②⑦だが、ダートでもスローからの瞬発力勝負になるケースはあり、今回はそれを期待してみたい。東京変わりで末に期待の⑥本線で、人気サイドになってしまうが①⑦辺り中心に!2も連下なら有力もオッズ次第で抑えに。

東京11R GⅠNHKマイルC

今年はクラシック上位のレベルが上々。特に皐月賞1,2着と桜花賞馬のレベルは相当。関係者間ではそういった噂等が広まることで早くから路線がバラけることがある。今年の3歳馬は2歳の早い段階から頭角を現した馬も多く、そういった面が強いと見ている。血統表だけならクラシックに向かっていると思われる馬が上位実績でココに何頭か出走している。そういった面では力関係の比較がなかなか難しい。

指数上位 ➂②⑭⑤⑰ 次点 ⑱⑧④⑪⑯⑥

指数的には③が抜けている。が、オヤジ指数としてはそれは阪神JFでのモノ。桜花賞の指数もそれなりに高く、馬体的にも早枯れの印象はないと思えるので(完成自体は早い)超早熟を懸念するよりは前走の馬場を力走した疲労を心配すべきだろう。状態万全ならばココまで顕在化した指数からは、その逃走劇を差し切るのは容易ではない。

各馬短評

①シャチ 12戦消化のタフネスホースも前走は重賞の壁。上がり目???

②タイセイビジョン 前走は鞍上の好騎乗もあったが、仕上がり途上でも完勝と能力上位。筋肉量豊富で完成度も高く、スピード能力は高い。ただ掛かりやすい面もあり、本質的な距離適性としてもマイルはギリギリの可能性。上手く脚が溜まれば!

➂レシステンシア 2歳時の指数・レーティングはかなりのモノ。前走も能力見せたが相手が悪かった。状態絶好ならアッサリの可能性も、あの重馬場を激走し、中3週でココ!状態注視。

④プリンスリターン そもそもの能力や完成度自体も高いが、タフで何よりメンタルが強いのだろう。以前のロベルト系に多かったタイプの印象(同馬はロベルト系)。馬体的にはやや特徴的で四肢はスラッとしているも首、背の伸びに特徴。距離的には短めが良さそうも、融通も効き、自らレースを造ることも!相手なりも勝ち負けするには指数の伸び必須。

⑤シャインガーネット 左回り巧者。鞍上と回りの面からも、フェアリーS後には桜花賞ではなく、ココ狙いのローテを示唆。前走の指数上々で、やや重心が低いフィルムも距離延長が苦にならなければ十分勝負になる。繋ぎの感じからも雨馬場になれば更に有利か!?

⑥ギルテッドミラー 首、胸前の発達が素晴らしい。胸囲もかなり大きめ。トモや腰はまずまずという感じでシルエット的には前勝ち。こういったタイプは好走するも勝ち味に遅いケースが多々。追い切りの動き上々で穴人気になるか!?後肢の繋ぎがやや立ち気味で重馬場になってもそれなりに対応しそう。

⑦メイショウチタン ココまで9勝消化し2勝。ただいずれも1400。1600の指数は微妙でココは相手が強い。

⑧サクセッション 前走は展開が不向き。サンデーサイレンスの血はないが、時計勝負はドンとこい。馬体的には奥がありそうで優良もまだまだ伸びしろ多々。

⑨ラインベック 距離適性は広そうも、気性的にワンターンの方が向きそう。前走を度外視すれば、このメンバーでも!

⑩ハーモニーマゼラン 筋肉量豊富で上体はかなり逞しい。キ甲の感じ他、まだ成長途上感満載もすんなり逃げ先行できればしぶとい。展開のカギを握る1頭。

⑪ラウダシオン 前走の敗戦で評価が落ちるも、相手なりに走る堅実派。悪化した馬場苦にしないタイプも1400ベター。この相手で1ハロンの延長が課題。

⑫ボンオムトゥック 5戦2勝で掲示板外なしの堅実派。指数的にはやや足りないが、血統的にはこの条件は合いそう。上がり目あれば!

⑬ニシノストーム 近2走で連勝もいずれも1200。陣営のレースの選び方からもマイルはどうか?

⑭ルフトシュトローム 正直、今回の馬体写真を見た中でも最上位の1頭。骨格、筋肉の付き方他、バランスは絶妙で皮膚も薄い。良血馬多数の堀宣厩舎の中でも馬体の垢抜け度ではTOPクラスでは?薄い記憶にもなるが、骨の強さ(太さ)、背腰の強さが際立ってくれば、この立ち姿の雰囲気はかのエルコンドルパサーに類似していると感じさせる程。ただ掛かりそうな危うい気性や追い切り時の発汗の多さなど課題も多々。年明けデビューでココが4戦目。この厩舎がこのローテで厩舎の1番馬(サリオス)をダービー出走に向かわせたのは自信の表れ?気配注視!

⑮ソウルトレイン 先行してしぶといマイラー!内伸び馬場になれば、思いの外、しぶとそうなタイプ故にゴール前まで沸かせるか?

⑯ストーンリッジ 馬格中位も皮膚が薄く、垢抜けた馬体!手先も軽く好感。筋繊維は繊細そうで良好もやや収縮力が微妙な感。この条件向きそうも、キレ勝負やHペースでの速力比べになると疑問。すんなりが条件か!?

⑰サトノインプレッサ 予想家の評価が分かれる1頭も、ファンの評価高い。写真の感じからディープインパクト産駒としては同じ矢作芳厩舎所属だったリアルスティールにやや近いシルエットの感。前後のバランスが抜群でオヤジ的に言うならば4輪駆動タイプ。手先のバネ感が相当良好で後肢の斜尻の直飛は父似。4輪駆動タイプは重馬場を苦にしないタイプも多い。が、馬体からは良馬場の方がと思わせられる。出っぱ課題もレーティングの評価は上々。

⑱ウイングレイテスト 成長途上でキ甲が伸びていない(この時期は他馬も同様だが)のと、繋ぎがやや短い面などから重心が少々低くも見えるが距離的にはマイル~中距離の感。上体(馬体)は流線形の良好なフォルム。筋肉の質や体がやや硬そうにも見えるのだが、それを踏まえた使い方を陣営がしっかり図っていそう。今回の写真を見る限り、前走はフロックではない。鞍上とも手が合っている。

総評~っす!

能力比較がなかなか難しく、言いたいことは山ほどある。が、今回は結論にする。あ、この所、馬体を見た感想他をアップできずにすみません。馬体的には③⑭⑰がやはり上位に見えるが、ローテからくる状態や展開、適性(キャラ)などが絡むから競馬は難しく、そしておもしろい。なんちって。

今回は印による順位というよりは馬券の買い方から入りたい。

元々、レシステンシアが出走してくれば、すんなりもあり得ると考えていたが、桜花賞はあのドロドロ馬場。有力と思われた馬達が馬場に脚を取られ疲労困憊の状況の中、同馬は人気に応え踏ん張り2着。その後の調整過程からも疲れがあったことは間違いないだろう。それをどう見るかが今回の一番のポイントになる。

個人的には馬体が気に入った⑭と⑰は高評価する予定。ただ⑭に関しては年明けデビューで今回が4戦目。1,2戦がノーステッキの楽勝も、この中間、多少ケアが必要だったとの報もある故、直前の気配は要確認。⑰に関しては未知の魅力十分で馬体的にはかなり良好。ココを勝つためにこの中間は坂路中心に速力をアップ!3戦全てが悪馬場だったことを懸念する声があるも、手先の感じから良馬場がマイナスにはならない。どちらを上に取るかは直前の気配次第も、現状は⑭の馬体に惹かれる。ただ馬体写真から腰の張りが少々貧弱に見える故、疲労の蓄積があるのかも?要確認といっておきます。

単穴には⑤を!前走は強かった。桜花賞をパス(理由は各馬の所に)しココ勝負というのは好感。前走程度走れば好勝負の可能性(多少指数を伸ばす必要はある)。ただ重馬場の1400であの脚だったが東京マイルの良馬場で同じ脚が使えるか?3走前程度では物足りぬが成長した今なら!

☆には⑱。馬体写真からも前走はフロックではない。この馬は世間的評価より強いと見ている。前走では速い時計にも対応した。東京で究極のキレ勝負になると何とも言えないが位置取りと仕掛けで。陣営はココに向けて逆算した仕上げに使い方との報。やや体が硬そうな面からも、叩き良化ながら反動も出るタイプ。調整加減にもよるが、成長途上でそれは顕著。よって計画的な出走は好感。

注には②を。1200~1600で好走も本質的にはその中でも短い方がと思わせられる。これまで騎乗してきた騎手はトップジョッキーばかりで、脚を溜めることを覚えさせた結果だろう。有力に変わりないが、他馬が成長急な状況でのGⅠ戦故、適性からこの評価に。

△1には➂。やはり前走の反動は気になるところ。またパッと見はシャープに見えるも割と大柄な同馬。輸送を考慮しての軽め調整だったが、本質的には叩き良化な面も(ダイワメジャー産駒によくいる)。反動を考慮し過ぎた故の追い不足の可能性もあるので馬体重、気配注視。現状、その辺りが何とも言えないという面の評価。

△2には⑧。正直、成長度というか完成度はこれからも、既に能力の片鱗は見せている。鞍上魅力で調整も上々。

現時点で印はココまで。④と⑥、⑫はローテ、馬体、血統、調整他、加点も多い故、気配良好なら馬券に組み込むが、気になる面もあるのは事実。長くなるので今回は割愛するが、掲示板の可能性は高いも馬券内は微妙とのジャッジ。相当な仕上げの場合は組み入れるが…。今回のNHKマイルCは陣営がココに向けて順調に使ってきた馬を上位に取った。その上で指数TOPの③が状態良ければ食い込む(圧勝も)とのジャッジ。パドックで変更の可能性はあるが、陣営が迷いなくココに駒を進めてきた馬を買う。馬券の種類は3連系中心の予定も馬連のオッズは魅力。迷う。

こんな感じだそう。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?オヤジさん、ルフトシュトロームの馬体が凄く良いんだって言ってました。またサトノインプレッサはまだ緩いトコ満載だけど、良い面も多いって。この2頭の馬体は写真の加減もありますが、目に留まったとのこと。ただ散々語らせてもらったけど、先週より自信度は低いとも。痛風のせいだって言ってました(笑)

またウイングレイテストはその将来性含め、楽しみだとも。馬体はかなり良好なんだって。繋ぎの感じが今の東京の馬場にフィットするかどうか?とのことでした。では第25回NHKマイルC。素晴らしいレースで馬券がゲットできますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji